« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月23日 (水)

たったひとりの闘い

犯行当時18歳と30日の青年には厳しい判決だったと思う。
人間が人間に「死」を宣告することについては、
自分の中でもクエスチョンマークがついているのは確かだ。
でも、もし自分が被害者の家族だったら、と自問すると、
やはり原告と同じ結果を望んだだろうという確信もある。
彼のように、粘り強く、揺るぎなく進んで行けたかどうかは心もとないが。

判決が出るという当日、某テレビ局の番組で、ある弁護士は
「過去の判例から考えると、予想されている量刑は厳しすぎる」
というようなコメントを述べていた。
それをまるで予期していたかのように、原告の彼は、
「判例にとらわれない、個別の判断をしてもらえた」と評価していた。
ああ、そうなのだと思った。
私たちは、いつでも物事をできるだけ冷静に正しく考えようと努力するが、
往々にしてそれは、過去の習慣や、前例に倣っているだけということが多い。
それを、改めて私はこの人から教えてもらったと思う。
相談という業務では、すべてが個別の事例だと分かっているのに、
日常すべてがそうなのだということは、時々抜けてしまう。

個別の事例であることをすっ飛ばすというのは、
たとえば「予防接種の接種被害」などの場合についても、よく見られる。
接種をする医療者の側は、「接種被害は○○法で救済してもらって」
などと簡単に言うけれど、どんなに救済されたとしても
取り返しがつかない場合があるのだということは、
案外、接種する彼らの頭からは抜けている。
接種を受ける側は、取り返しがつかないこともあるかもしれない、
ということも含めて決断しなければならないのだということを
制度があることによって生業を得ている側は、つい忘れてしまうのだ。

差し戻し審では被告の弁護団が戦術を誤ったのではないか、という指摘もあった。
差し戻し審になるまで、私は被告の青年の過酷な過去を知らなかった。
酌むべき情状があるということが、どうしてもう少し早く表に出なかったのだろう
と考えると、この21人の弁護団の業績は大きいと思う。
もちろん、過酷な過去があっても同じような生き方をしない青年はたくさんいる。
だから、これが情状酌量の要件になるかどうかは微妙ではある。
しかし、「真に反省を促すためには、本当の心情を振り返る必要があった」としても
それを法廷に出すことが、被告にとって有利になると考えたのはなぜなのだろう。
人の真情は、ときには反感を買うことがあるほど危険なものだ、
ということが分からなかったとしたら、弁護士なんて失格なんじゃないだろうか。
個人的な印象では、この弁護団は、被告個人の「死刑回避」より
「死刑廃止」という大義名分の方をアピールすることに
頭がいってしまったのではないかという気がしてしかたがない。
目の前の事例より価値のある大きな目標がある、と思っていたのではないか。

おとなの世界では、あたかも相手の利益になるように装って
実は自分の利益を追求する、ということが普通に行われている。
それをいかに上手にカモフラージュしながらおこなうかが、
世渡りの手腕みたいなものなのだ。
被告の青年が不運だったのは、そういうおとなの世界を見抜けずに
それに頼るしかなかったことなんじゃないかという気がする。
これはただ単に自分の心のざわつきの原因を
弁護団に求めているだけのことかもしれないが。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

健康願望の根っこ

国立公文書館へ「病と医療」展の講演会「身体の近代史」を聞きに行く。
国立公文書館は国立近代美術館の隣にあって、中に入るのは今回が初めて。
美術館までは来たことがあるが、こんな施設は存在すら知らなかった。
まったく世の中知らないことだらけだ。
講演会の聴衆は、老若男女取り混ぜて400人くらいはいただろうか。
こんなタイトルに惹かれて来るなんて、結構物好きがいるんだなあと感心する。
開場時刻になると、その大勢の聴衆を定員6人くらいの
小さなエレベーター一機で運ぶというのが、いかにも国立の施設っぽい。
エレベーターのドアの前で、スタッフの男性が招待のはがきをチェックしながら
携帯に向かって何か文句を言っているので、何だろうと思ったら
「1時20分からは、エレベーターを使わないでって言ったでしょ!」。
でも、エレベーターの真向かいに階段があるのに、
どうしてそっちも使わせてくれないのか、
こちらにとってはその方がよっぽど不思議だけど。

講師は筑波大名誉教授の大濱徹也さん。
近代(明治)は、日本人の身体(と動かし方)を、
訓練によってどう変えたかという話で、これは予想通りの展開。
三浦雅士さんの「身体の零度」と、ほぼ重なる。
北海道の入植はアメリカ人の宣教師たちによってサポートされていたため
本州の日本人とは振舞い方がまったく違っており、ヤンキーみたいだ
というフランス人神父の観察記録があったというのは初耳だった。
なるほどねー。北海道の開拓って日本人が独自におこなった
とばかり思っていたが、実は西部開拓史だったってことか。
身体の改造は、当然健康や衛生といった観念の改造にも及び
明治は文明と野蛮の闘争として幕を開け、その後は、
異質なものを排除しながら均質な国民を養成しつつ現在に至っている。
ここでいう文明とは、真理はひとつというキリスト教の論理である。
国として国民を作り、歴史を作るために、
地域共同体が持っていた独自で多様な文化や習慣は、
統合にとっての邪魔ものとして排除されていったとすると、
しきりに言われる「地域共同体が壊れた」原因というのは、
近年の50年程度ではなく、もっと遡って考えるべきかもしれない。
そうやって改造された身体はまず軍隊に利用され、
ついで戦後は労働者として産業界で利用されて国家に貢献している。

聴衆にはリタイヤした年配の男性も多かったが、こういう話を、
果たしてどこまで自分に重ねて聞いているだろうかと、ちょっと気になる。
講演後は、もう一度展示を見直してみることに。
天下泰平の江戸時代に、庶民はこの状態が長く続いて欲しいと願い
健康に留意するようになった、という記述がある。
現代は、過剰な健康願望がむしろ精神的な不健康さを感じさせるが
健康願望には、不健康からの脱出というだけでなく
現状の肯定と、その維持という背景もあるとすれば、
ちょっとしたことで、すぐ医療機関にかかる習慣というのは
案外根が深いかもしれず、そう簡単には解決できないかもしれないなあ。
救急医療も老人医療も、そういう観点から考えてみると
また違った様相が見えてくるのだろうか。

本草学の資料としては、本草図譜と並んで華鳥譜というのがあり、
江戸時代には、植物や魚のほかに、さまざまな鳥も
効能があると考えられ、食されていたみたいだ。
スズメなんて何で食べるんだろうと、不思議だったが、
そのルーツは案外こんなところにあるのかもしれない。
カラスが増えて困るなら、食べちゃえばいいんじゃ?
と考えたことがあったけれど、カラスも効能ありとして
ちゃんと食べていたみたいだし、ヒトの胆嚢や頭蓋骨なども
薬種として、処刑後の死体から採取されて売買されていたというから、
江戸時代の健康願望も筋金入りといったらいいいだろうか。
現代の健康ブームは、天下泰平の証しなんでしょうね。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

チーム医療への足どり

6月に福岡で開かれる小児科医会セミナーのテーマは
『小児医療の10年先をデザインする』。
面白そうなので行ってみたいけど、小児科医の団体が開催しているものだし、
小児科医会員じゃないとダメなんだろうなあ、
こういう先見的な取り組みは、受講者を限定しないで、
もっと広く周知すればいいのにーと思っていたら、突然世話役の先生から
「コメディカルも参加してほしいと思っている」とMLへアナウンスが。
HPを見たらオープン参加(誰でも可)と書いてあった。
早く言ってくれればいいのにーというのは、もちろんこっちの言い分だが
ことほどさように、必要なところへ必要な情報を届かせるのは難しい。
こちらから当の先生に「会員じゃないけど参加したい」って
アプローチすればいいようなものだが、つつましい(?)私としては
顔は知っていても口をきいたことのない先生に、
いきなりメールは送りにくかったのだ。

でもまあ参加できるとわかったので気を取り直し、
早速事前登録をして、チケットを手配する。
去年熊本へ行く時に利用した旅行会社を失念してしまい、
インターネット上で見つからないので、別の会社をあたる。
宿泊つきの適当なチケットを見つけて申し込むと、
ほどなく「宿泊ホテルが満室なのでチケットのみでよいか」との返事。
ええ!?っと思いつつ、ためしに当のホテルに予約の電話をしてみると、
これがOKで、難なく予約が取れる。
う~ん、こういうのってありかなあと思いながらもチケットは必要だしと頼むことに。
ところが営業時間は18時まで、土日は休みだから今日の17時までに返事しろ
と言っておきながら、1時間以上経つのに17時まで待っても何の連絡もない。
電話をしてみると「航空会社からの返事待ちです」。
さらに18時まで待っても何の音沙汰もなく、オフィスはすでに留守電に。
それから約1時間後に、「チケットが取れた。先に料金を振り込め」とのメール。
「ここは国際会議場に近いホテルですか?」と聞いても
「ボク福岡へ行ったことがないので分かりません」という受付の男の子、
インターネットの時代に空きが即答できない女の子、前払いのシステムと、
嫌な感じが3拍子揃ってしまったので、キャンセルすることにした。
代わりのチケットを取らなきゃと領収書を引っ掻き回し、
やっと昨年の旅行会社を探し出して、同じホテルの宿泊つきチケットを
ほぼ同額で(正確には若干安く)ゲットできた。
最初からこうやればよかったのだと、頭のめぐり具合の遅さをちょっと反省。
ここは去年初めて利用したのだが、電話の応対が実によかった。
今回の会社と比較すると、その差の大きさが分かる。
こうやって片方はリピーターを獲得し、片方は新規顧客を失うのだと
今さらながらサービス業の難しさを確認することになった。

他者が何を望んでいるかを知るというのは、本当に難しい。
セミナーの世話役の先生が、「コメディカルにも参加してもらって」と
MLで呼びかけたのは、参加したいというコメディカルもいるかもしれない
と思ったからではなく(そうなら、もっと早くから『誰でも参加可』と呼びかけただろう)
医師としてのグローバルな視野に立ってのことだろう。
オープン参加になっているのは、みんなに聞いてもらいたい
と思っているからだが、聞いてもらいたいというのと、
聞きたい人もいるかもしれない、というのとでは
アクションの起こし方は180度近く違うはずだ。
ここの違いが分からないと、医療はなかなかサービス業になれない気がする。
片方は自分の欲望。もう一方は相手の欲望(の推測)。
で、これの区別はつくようでいて、実はなかなかつかない。
そもそも区別がつかないということ自体が分からない。
指導的な立場にいると、なかなか他者に出会うことができないってことだ。

小さなクリニックでも、時間外まで情報が伝わっていなかったために、
患者に充分な対応ができなかったり、クリニック側の損になったりすることがある。
「窓口で処理していたので、患者さんが時間外に電話をかけると思わなかった」
からなのだけど、そういうことをひとつひとつ経験しながら、
やっと他者を意識し、情報を共有できるようになるのかもしれない。
旅行会社の男の子は、いっぱしの営業マンになるまでに
どれほどの顧客を失うだろうか。
それを思うと、チーム医療への道のりはずいぶん遠そうな感じだが
失うものが少ないだけ、医療は恵まれているようにも見える。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

世界の縮み方

甥の結婚式があった。
最後に会ったのは20年以上も前で、その後彼はアメリカの大学、大学院へと進み、
同じ大学で台湾の人と出会い、結婚までこぎつけた。
最初に結婚式(婚姻届?)を挙げたのが2006年アメリカ。
台湾での2回目が2007年、3回目の日本が今年という3年がかりのイベントに
本人曰く「これが最後。もう2度としません」。
式は神式でお嫁さんは白無垢が似合って、とても美しかった。
私たちのウン10年前の結婚式は、多少粋がっていたのと
安かったこともあって教会でおこなったが、
若い彼らは、もちろん国際結婚という意味合いもあるけど
神式で、というところが時代を感じさせる。
まあ、われわれも(日曜に教会へ行くことはあったし、事前の勉強会にも通ったが)
クリスチャンではなく、彼らも神道の信徒ではないというところは共通しているが。
友達をたくさん集めた披露宴はカジュアルで形式ばったところは全然なく、
2人の紹介ビデオは英語、中国語、日本語で説明が書かれて、
われわれにとっては2組目の中国人の親戚ということになり、
世界がますます狭くなり、平和を志向しているのを感じた。

こういう時代に映画「靖国」の上映中止というのは、いかにも反時代的だ。
多くのコメンテーターが「言論の自由」という観点から、
映画館のふがいなさを論じているので、
どうして誰も国会議員が事前に試写をおこなわせたことを、
おかしいと言わないのだろうと不思議に思っていたら、
サンデープロジェクトがタイミングよく
上映中止に至るまでの経緯を詳しく報じていた。
新聞では何となく事実だけの列挙で、事態の関連がよく読めなかったが
やはり稲田某という国会議員が、文化庁の補助金の使い方に
クレームをつけたことに端を発していたのだと分かった。

会社勤めをしていた頃、社長から補助金をもらうビジネスを企画しろ
と言われて目が点になったことはあるが、だからといって補助金ビジネスの
すべてを否定しようとは思わない。
特に芸術系の分野では補助金なしに活動するというのは、すごく難しいだろう。
しかし、補助金の使われ方がおかしい、「金を出す以上は口も出す」というのなら、
どこがおかしいと思うのかを、まず当のご本人が明らかにして
わたしたちにオープンにするのが筋じゃないだろうか。
だって、補助金と言えどもわたしたちの税金なんだからね。
それがわたしたちの代理人である国会議員の仕事だろう。
国会議員のお仕事は、議員であることを利用して、
特権的に国民の価値観を規制することじゃなくて、
わたしたちのお金が、こんな風に使われているのは変じゃないですか
って明らかにすることなんじゃないのかしらね。
そうしたら、わたしたちは変かどうかの判断ができる。
どうもこの議員さんは勘違いしているような気がする。

補助金を使って、わたしたちとは異なる価値観を提示してもらうことは、
わたしたちの世界を広げてくれるというプラスがあるが、
どうでもいい建物や、昼間何もしていない人の高額の給料に使われるのは、
わたしたちにとっては単なる無駄遣いでしかない。
(まあ、雇用を生み出すというプラスはあるかもしれないが)
そこのところが、この国会議員の先生には理解できていないのだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

時とつきあう

昨日は、いつものように6時ごろ起きてラジオのスイッチを入れたら
突然、FM東京「スカイ」のパーソナリティ石川實さんが
今日で終わりというアナウンスが入る。
そんなインフォメーションあったかなあ、先週も何も言っていなかったはずだけど。
せっかく早口にも馴染んで、仕事をしながらBGMのように聞いていたのに、
あまりに突然なので「えっ?」と、ちょっと動揺。
始まってから1年6ヶ月経ったそうだから、交代には妥当な時期なのだろうが
馴染んだ習慣を断ち切られるのは、リスナーとしては不服だ。
片方で暫定と言いながら35年も税金を取り続けるケースがあるかと思えば
たった1年6ヶ月で終わるケース。この国はなんか極端だ。
そういえば、某社の洗濯用洗剤も目下リニューアル中のようで、
我が家で愛用中の洗剤は、だんだん店頭から姿を消しつつある。
別に洗剤なんてどれでもいいといえばいいのだけど、
「酵素が」とか「泡が」とか一見目新しいことを謳いながら
勝手に製品を変えられるのは消費者としては実に面白くない。
いいチャンスだからこれを機に他社への乗り換えを検討しよう。

こんな風に何かにじっくり付き合う習慣を、日常的に減らしておいて
「切れる」人間が多くなったも何もないもんだと思うけどね。

日曜は午前中の会合に出席するために、
定番の「ボクらの時代」だけ見て家を出る。
今回は藤原正彦、鳥越俊太郎、岸恵子というメンバー。
日本国が発展するためにはエリート教育が必要、
という話はホンマカイナと思いながら聞くが、
日本とイギリスという島国に住んでいる国民が、
どちらも「自慢」をよしとしないというのは面白く聞く。
イギリスにも、出る杭を打つような習性があるとは思えないが、
これは島国で生きていくための普遍的な知恵なのだろうか。
それとも歴史の長さは人を慎み深くさせるということだろうか。

会合が開かれる京橋のビルには日曜の9時だというのに、
結構な人数の小児科の先生が顔を揃えていらっしゃる。
関西や北海道、九州から参加の先生方もいらして、
いやあ、お医者さんって本当に勉強が好きなんだなあと敬服。
この会合は学会メンバーの研究をブラッシュアップするためのもので、
今回は、目下進行中の私たちの研究も演題として提出してある。
午前中の3時間で4題をディスカッションするという贅沢なスケジュールだ。

お母さんを支援するという名目なんだけど、
一歩誤ると指導のための根拠になりそうな研究だとか
レコーダーを使う方が夜中に母親にデータを取らせるより、
よっぽど正確なデータが取れそうと思えるような研究もあるが、
今回は初めての参加だし、こちらは提出側でもあるので、
他人の研究については、おとなしく拝聴するだけにしておく。
でも、その種の意見はちゃんと出されて、お医者さんといえども
普通人の感覚とはそんなに乖離していないことに少し安心。
私たちのプレゼンを担当する先生が、なかなか現れないので
やきもきしていたら滑り込みで間に合った。

彼女が長老先生の意向を汲んで、結構大掛かりに話を展開させたので
早速、「話がデカすぎる」と横槍が入る。
「時代とともに親たちはどんどん変化しているから、
期間があまり長いと捉えきれなくなる」と何だかわけの分からないコメント。
この方法は文献から察するに不適当な部分が多いと言うので、
「実施した実感としては充分に使える」とやんわりと反論しておく。
この種の意見のメタ・メッセージは、
「正しいことを知っているのは自分」ということだから、プライドを傷つけないように、
「事件は会議室(文献の中)じゃない、現場で起きているのよね」と。
「こういう条件でやりました、って一文を入れればOKでしょ」
という他の先生からの意見で、これはちゃんちゃん。
時間目一杯使って討議を終了した後、担当の先生方はすぐ次の委員会へ。
何はあってもメシの時間だけは省略できない私としては、
「お昼も食べないでやるんだ!」と驚愕する。
新しい出会いは、なかなか面白く終了したのでありました。

FM東京の朝は「スカイ」から「クロノス」へ。
う~ん、空間から時間か。
時間感覚はキーなんだが、実はこれって空間感覚と同じなのだよね。
その辺を新しいパーソナリティの八代英輝さんは、どんな風に料理していくのだろう。
声はやわらかくて、とてもラジオ向きだけど・・・
弁護士さんのメディアへの露出も増えているのは、
いずれは政界へっていう布石なのでしょうか?

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »