« CHANGEのきっかけ | トップページ | 飼いならす前に »

2009年1月22日 (木)

約束された場所で

思うところがあって、村上春樹さんの
「アンダーグラウンド2 約束された場所で」を読む。
「アンダーグラウンド」はサリン事件の被害者の聞き書きだが
「約束された場所で」はサリン事件を引き起こしたオウム真理教の
信者からの聞き書きをまとめたものである。

「アンダーグラウンド」を読んだのは本が出たばかりの頃だったから
その細かい内容については、もうほとんど忘れてしまったが、
読みながら、誰もが何かおかしいと思いながらも
何とか会社へ行こう行こうとしていたのが強く印象に残った。
これは何なんだろう、というのが正直な感想だった。
そんなに何が何でも会社へ行こうとする気持ちがどうも理解できなかった。

一方「約束された場所で」には、だれもが一様に自分の生活に違和感を感じ
なんとかその違和感から逃れようとして、オウムに入っていく様子が語られている。
そういえば、この団体の教祖が選挙運動をしているのを、
原宿のオフィスの一室から、仕事の手を休めて眺めていたっけ。
それは何とも異様な光景で、後になって、あのとき出馬したあの人の指示で
地下鉄にサリンを撒いたというのが、これまたどうしても理解できなかった。
この本の中の語り手たちは、サリンを撒いた当人たちとは異なるが
それぞれが「自分の違和感に非常にクリアな答えを得られた」のが、
この組織に参加するきっかけになった、と述べている。
しかし、いくら論理的でクリアな答えを得られたとしても、
あの教祖に、うさんくささを感じなかった感性というのが分からない。
実際に会うと違う魅力があるのかもしれないが、
そもそも近寄るのに抵抗を覚えるというのが、
普通の感覚なんじゃないかと思うのだ。

つまりこの2冊の本には、端的にいって
社会に適応した人たちと、適応できなかった人たちの両方が描かれているのだが、
両方に共通しているのは、生の感覚の欠落のようなものだ。
そのことを、村上春樹さんと河合隼雄さんは巻末の対談で
「悪を抱え込む力」というような表現で述べている。
つまり生命力には善も悪も内在しているのに、
ここに出てくる人たちは、みんな善(だけ)を志向していて、
それがゆえに、その行動はなんだかわけが分からない感じなのだ。

悪を排除しようとする誘惑には警戒が必要かもしれない。
それは自分自身の悪から目をそむけたいからかもしれないからだ。
そういえば、オウムの信者たちは、しきりに自分たちに
サリンが撒かれていると言い募っていたのだった。
善人ぶってばかりいるといずれ滅びる、というのは
なにもテレビ業界のことではないってことだ。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« CHANGEのきっかけ | トップページ | 飼いならす前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/43820681

この記事へのトラックバック一覧です: 約束された場所で:

» 来年三十路だーーー!! [メタボリック親爺!]
『30歳以上で未経験で、一生そのままの確立は78%』って聞いて焦ってたけど、やっと卒業できました♪ まぁ、最後は裏技 使ったからだけど、風俗行って病気移されるよりはマシでしょww... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 22時00分

« CHANGEのきっかけ | トップページ | 飼いならす前に »