« 薄い関係 | トップページ | 「地域医療貢献加算」で侃々諤々 »

2010年3月29日 (月)

エイフマンの『アンナ・カレーニナ』

S先生が東京新聞主催のバレエコンクールの
審査があるので、日曜日は2代目のF先生による代稽古。
2代目と目される先生クラスの人は何人かいるが、F先生は、
身体的にもメンタル的にも、一番S先生に近いかもしれない。
でも若いだけあって、ウォーミングアップのバーレッスンも、
指摘は非常に論理的で分かりやすい。
それは教わったことを、自分の身体で経験し直し、
それを言語化して伝えようとしているからだろう。

バーレッスンの後は、ターンの練習。
私は大人になってから始めているし、めまい症もあるので
ターンは苦手なのだが、コツをつかむと
だんだんできるようになってくるのは楽しい。
その後は5月の現代舞踊協会の舞台の練習。
ふだんS先生が厳しくチェックを入れている部分について
それが何を要求しており、どうすればそれが達成できるかを
F先生に見てもらいながら、みんなで細かく修正していく。

踊りでも絵でもそうだが、何かを表現するためには、
その根拠となる心情理解が不可欠で、もちろん理解しても
技術がなければ表現には至らないのだけれど、
技術が不充分でも、表現しようとする気持ちがあると
観客には伝わるというところは、どうやらさまざまな芸術に共通する。
逆に、心情に対する理解が不足していたり、
身体表現に対する抵抗があると(これが意外と厄介だが)、
踊りが形だけの薄っぺらいものになるだけでなく、
まったく違ったものになりかねない。
ところが、こういう踊りでも映像で観ると
それなりに美しく映ってしまうことがある。
ここが、生と映像との大きな違いでもある。

今回の踊りで表現しようとしているのは、
不本意に佐渡に流された政治犯たちの心情だが、
彼らの寂しさや悲しさ、怒りといった内面の葛藤を表現するには
自分の中にある似たような体験を引っ張り出してくる必要がある。
そして、それらが過不足なく観客に伝わるためには、
個々の身体表現だけでなく、どうやってそれらを、
同期させるかも考えなきゃ、という結論に
みんなでたどり着いたのは収穫だった。

「モダン」の身体表現は、「クラシック」とちがって抽象的である。
だから観客の側に、感じとる力が要求される。
誰もが感じるレベルにまで抽象度を高めているがゆえに
誰もが同じように感じるとは限らない、ということが起こるのだ。
そこを補うのが、集団の同期のしかただという考え方は面白い。

新国立劇場で上演されたボリス・エイフマンの
 『アンナ・カレーニナ』にでも、おなじことを感じさせられた。
彼の振り付けは非常に現代的で、幾何学的でアクロバティックな
動きが多いのだが、それが実に的確に心情を表現するのだ。
人間の心理を抽象化すると、まさしくこんな身体表現に
なるに違いないというような振り付けが随所に見られる。
特に群舞は素晴らしく、10数年前に初めて観た
『チャイコフスキーの光と影』でも圧倒されたが、今回も同様だった。
上流社会の、うわべだけの社交や中身のない空虚さが
個々のダンサーの身体表現が同期することでまざまざと見えてくる。
その時代の、そうした雰囲気というのが表現されてこそ、
主役の3人(アンナ、カレーニン、ヴロンスキー)の心情も
鮮明に浮き彫りになるということなのだ。

今回の演目は、日本での初演であり、
日本人のバレリーナが初めてエイフマンバレエを踊る
という意味でも注目すべき舞台だった。
実は、チケットを予約した時点では、
主演のキャストが発表されておらず
チケットが来た時点で主演が日本人だと分かった。
本音を言えば、ロシアキャストで観たかったのだが
変更ができなかったので、それなら日本人が
エイフマンのバレエを、どう踊りこなすか、
というところに焦点を当てて観ることにした。
結果として、技術的には相当なレベルまで達していて、
その意味ではエイフマンバレエを堪能できたが、
表現されるべき心情や、人間が情念に翻弄されるさま
といった点では、やや物足りなさが残った。

慣習の墨守が生み出す安寧と調和
という幻想に対する破壊的な激情

を表現するには、現代日本人はあまりに華奢であり
禁欲的すぎるのか、はたまた恵まれすぎている
ということかもしれないし、やはり越えられない壁があるのかもしれない。
ロシアキャストだったら、どうだったのだろうと思うと
返す返すも残念だが、いつかは本場ロシアへ観にいきたい、
と思わせてくれたのは、さすがエイフマンだったと言っておこう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 薄い関係 | トップページ | 「地域医療貢献加算」で侃々諤々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイフマンの『アンナ・カレーニナ』:

« 薄い関係 | トップページ | 「地域医療貢献加算」で侃々諤々 »