« ホントというウソ | トップページ | エイフマンの『アンナ・カレーニナ』 »

2010年3月26日 (金)

薄い関係

久しぶりにギンレイへ。
いろいろ雑用が多くて2ヶ月くらい行かなかったのだが
久しぶりに邦画がかかっているので、ちょっと見てみようと。
今日の2本は『剣岳』と『さまよう刃』。
すぐ近くのスタバでコーヒーを買って入ると
朝一番なのに結構混んでいる。

『剣岳』は新田次郎の原作で、
明治の末期に陸軍の指示で地図を作成するために
剣岳へ登った測量士と案内人たちの物語である。
どっちが先に頂上を極めるかと、山岳隊と競争する話とか、
剣岳の天候の難しさとか、ストイックな山の案内人とか、
エピソードは満載なのだけど、いかんせん2時間半は長い。
まあ、登るのが難しい山の話だから、意気込んでしまうのも
分からなくはないが、香川照之とか浅野忠信とか
仲村トオルとかいい俳優が揃っているのに
やたら音楽は仰々しく、作りも古めかしくていささか白ける。
人はなぜ地図を作るのか。
自分の居場所を知る必要があるからって、
当時の陸軍にこそ教えてやりたかったよな、と思う。

『さまよう刃』は娘を殺された父親が
殺した未成年の相手2人に復讐する話である。
親の気持ちとしては納得できるが、
こういう話は『重力ピエロ』のように、
極力重さを削り取っていく方が、むしろ深刻さを感じさせるんじゃ
ないかと思うが、あまりにストレートでかえって現実味が乏しい。
竹野内豊のアップはいいなあとは思うが
美形はたぶんこれからが勝負に違いない。

最近よく、薄い人間関係について考える。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで
見も知らない人たちと、いろいろなテーマについて
ああでもないこうでもない、と意見を言い合い、
時には腹立たしく、時にはほんわかと暖かい気持ちになる
という関係が、意外と心地よくなっている。
文字だけのやりとりは、感情が分かりにくいという欠点はあるが、
真意が測りにくいのは案外利点でもある。
相手だってこっちの真意なんか分かるはずはない
と思えば、独白みたいに自分の考えを書くこともできる。
気を使わなくても済むことほど快適なものはない。

テーマがよく分からない場合はひたすら他人の意見を
拝読するのだが、これが結構勉強になるし、
世の中にはそういう考え方もあるのねー、と感心することも多い。
面と向かって、「そういう風に言われるのは不快です」
とはなかなか言えないものだが、ネットなら言えるのも、
精神健康上すこぶるよい。
もちろん相手だって、文字だけだからこちらを忖度せず
言いたいことを言っているのだろうが
溜め込まないで、吐き出してしまうことができるのは
利害関係のない、つかず離れずの微妙な距離感だからだろう。

でも、こういう薄い関係というのは裏返せば
それなりに孤独でいるということでもある。
それに耐えられないと、ちょっと辛いものがあるのだろう。
「秋葉原で無差別殺人を犯した青年は、ネットの中では
孤独だってことが分からなかったのだろうか」と息子に言ったら
「どこに居場所を定めるかって問題で、自分に適した居場所を
持てなかったのが最大の原因じゃ?」と言っていた。

清水博さんは、「場所」と「場」を結構厳密に区別しているが、
この場合の青年にとっての居場所は「場」と同義だろう。

「場とは何か」について、彼は「場の思想」
(2003年7月、東京大学出版会)のなかで次のように言っている、
という記述を見つけた。 

『場とは何かと聞かれたときに、私は次のように答えることが多い。
「あなたの体をつくっている細胞の一つを想像してください。
その細胞があなたの生命(あなたの体全体に宿っている生命)を
どのように感じるでしょうか。あなたがその細胞になったつもりで
考えてください。そのときにあなたが感じるもの、それが場なのです。」
分かりやすく言えば、場とはこの場合は自分を包んでいる
全体的な生命の活き(はたらき)のことである』

どこにいても自分が活かされている、と思えるようになるためには
剣岳を登るように苦労を重ねるしかないのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« ホントというウソ | トップページ | エイフマンの『アンナ・カレーニナ』 »

コメント

「薄い関係」という言葉から「弱い紐帯 (The strength of weak ties)」を連想しました。グラノヴェッターという社会学者が理論化した概念なのですが、シンクロしていますよ !(^^)!

投稿: ハタ | 2010年3月26日 (金) 20時05分

ハタさま

「ゆるいネットワーク」がいいんじゃないかってある集まりで言ったのは、もう20年以上前だったと思いますが、その頃は全然取り合ってもらえませんでした。でも、これって多分誰もが感じていることですよね。若い連中が「ウザイ」っていうのとも、共通しているんだろうと思います。

投稿: pinoko | 2010年3月26日 (金) 21時51分

たしかに、体育会系のような濃くて強い関係は、たしかに「ウザイ」かもしれませんね。納得!

投稿: ハタ | 2010年3月27日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄い関係:

« ホントというウソ | トップページ | エイフマンの『アンナ・カレーニナ』 »