« 『許されざる者』 | トップページ | 5月のトンネルを抜ける »

2010年5月30日 (日)

回帰現象

やっと現代舞踊協会の「五月の祭典」が終わる。
自分が求めるレベルと、現実に達成できるレベルが違う
というのは毎度のことだけど、まずは宿題をひとつ終えた気分。
腰に異変を起こしませんようにーと祈りながら
リハーサル、本番へと流れる時間を過ごす。
本番までの待ち時間に、どうやって万全な準備をするか
その方法を見つけることが自分の課題だ
と分かったのは、今回の収穫だった。
終わった翌日、髷のために伸ばしていた髪の毛を切りに
外苑前のヘアメイクまで。ようやくさっぱりする。
年をとるほど、切り替えが早くなるのは死に近づいているってことか。

週末は、退職後14年ぶりの元いた会社の同窓会。
場所はいつものヘアメイクのすぐ近くのチーズの店だった。
こんなところに、こんなオシャレな店があったなんて。
集まったのはOG、現役合わせて総勢30人余り。
在籍1年足らずから30年以上と多彩なメンバーが揃う。
それぞれの所属部署も、電話秘書サービスから
電話相談事業部、テレマーケティング、生活科学研究所など
さまざまで、もちろんみんな女性、それもすこぶる元気な女性ばかりだ。

世話人のグループ分けにしたがって
グループごとに前へ出て、みんなに近況報告をする。
基礎体温を測る器具販売の会社経営に転じた人、
民俗学者の秘書、マーケティング会社の経営者、
電話相談サービスごとスポンサーに買い取られた人など
みんなさまざまなキャリアを積んでいる。
もちろんサラリーマンを続けている人もいるし、
今年、会社との契約を更新できなかった人もいる。
老いてなお元気な人もいれば、
乳がん、甲状腺など病気を克服した人もいる。

現役が参加しているのは、自分の仕事へのプラスを
狙ってだろうが、会社の現況はなかなか厳しそうである。
女性の発想だけで勝負できる時代は終わった、ということだろうが、
社内は黒い背広姿ばかり、という話を聞くと、
社員の99%が女性だった会社が、
ほとんど男性に置き換わるというところに、極端な揺れを感じる。
「女性を売り物にする時代じゃないんじゃないか」という議論は
私がいた15年前に、すでにおこなわれていたが、
その頃、そういう意見にまともに耳を貸す姿勢はなく、
さまざまな試行錯誤は、どれも中途半端だった。
まあ、読みが悪かったのである。

私はこの会社で、積極的であることと図々しいこと、
恥知らずとしたたかさは表裏一体だということを学ばせもらった。
そういう意味では、得難い経験をさせてもらったのだけど、
でも、そういう過去を懐かしむ感覚は、あまりない。
世話人は、次回は社長にも声をかけよう、とか言っているが
やっと抜け出した場所に、もう一度戻るなんてゴメンだ。
帰りがけ、電話秘書サービスを持って独立した人に
若干のカンパを置いて行く。
そのための同窓会だった?と思うと少し違和感。

帰宅すると、メディアはさかんに福島大臣罷免のニュースを流している。
まったく普天間の問題は分からないことだらけだ。
どのメディアも鳩山さんがアホだから、という論調である。
たしかに「勉強不足だった」という首相の言い方は、
単純に考えると「今頃そんなことを言うなんて、なんてアホなんだ」
ということになるが、じゃあ、もし鳩山さんがアホじゃないとしたら
どういう理解の仕方があるか、ということを
どうしてメディアは考えないのだろうか。
ふつうに考えたら、一国の首相が、わざわざ自分をバカだと
思わせるようなことを言うはずはない。
どんなに誠実な人だって、自分をバカだと思われるよりは
「結構優秀」と思われる方がいいに決まっているからだ。

でも、そういう風に複眼的にものごとを考えないから、
大手メディアはアメリカに情報管理されている、と思われるのだ。
松田武阪大大学院教授は
『戦後日本におけるアメリカのソフトパワー』-半永久的依存の起源-で
アメリカが日本のメディアの情報管理をシステム化していた事実を
明らかにしているが、たぶん日本のメディアは
そういう過去から抜け出せていないのだろう。

しかしそれにしても理解できないのは、
通常パフォーマンスの効果を最大化したいときは、
事前期待をできるだけ下げておいて、相対的に達成度合いを上げる
というのが常套手段のはずなのに、
鳩山さんがやっていることは、それとは正反対なことだ。
事前期待を高めるだけ高めておいて、結果をはずすというのは
最悪だと思うけれど、どうしてそんな初歩的なミスが起きるのだろう。

それに加えてもうひとつ解せないのは、鳩山さんは物言いは丁寧だし
腰も低い(低く見える)のに、やっていることはそれとは反対なことである。
そもそも日米が先に移設の合意をし、それに沖縄(国民)を従わせる
というのは、あの物腰とまるでマッチしない。
今までの自民党の首相は、物言いも振る舞いもエラソーだったが
鳩山さんは、新しいタイプなのだろうか。

こんなに分からないことだらけなのに、大手メディアは
「首相がアホ」ですべてが片づくと思っているらしい。
そんな簡単な話じゃないんじゃないかって考える方が、
よほど普通なんじゃないかと、ミステリー好きの私は考えるのだけど。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『許されざる者』 | トップページ | 5月のトンネルを抜ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回帰現象:

« 『許されざる者』 | トップページ | 5月のトンネルを抜ける »