« 『乖離』という成熟のしかた | トップページ | クリスティ生誕120年 »

2010年8月25日 (水)

拾いものの日

先月腫れて治療した歯茎がまた腫れた。
最初に治療してくれた我が家のすぐ裏の歯医者さんは
「体調を崩しているから」と言っていたが、
こちらから頼んで痛み止めをもらうくらい
薬をつけるときが猛烈に痛かった。
あの痛さには耐えられないと思ったので、今回は
「痛くない治療」を標榜している京橋の歯医者さんに行くことにする。
ここは、先代の先生のときから通っていたところで
今は2代目が跡を継いでいる。
先代はアメリカで学位をとった、
自由闊達で腕のいい先生だった。
2代目は真面目なところが先代とはちょっと違うが、腕は父親譲りである。

通うのなら、ほんとは玄関から歩いて1分の歯医者なのだが
痛さを避けて、わざわざ交通費をかけて行くわけだ。
で、京橋まで行くのなら、その前に飯田橋で映画を見てから行こうと
ギンレイの映画をチェック。
『ナイン 9番目の奇妙な人形』と『第9地区』っていうのは9つながりか。
『ナイン・・』は私の苦手なアニメみたいだけど
ティム・バートンが絶賛したってってアニメが、どんなのか
一応は見とくべき、という心の声に従う。

ところがこれがなかなかだったのである。
『ナイン・・』はCGアニメらしいが、雰囲気はクレイアニメに似ている。
身体はチャックつきのジュート袋だし、大きさは鉄兜の中に9体が
入ってしまうほどの人形が主人公で、人間とは随分風貌が違うのだけど、
何となく懐かしい感じがするのは、昔愛読した
「床下の小人たち」を感じさせるからだろうか。
人間が作った「人間の脳を持つ機械」が、人間社会を制覇した後に
わずか9体だけ残った「人間の心を吹き込まれた人形」が
遺言のような、その心を受け継ぐ、という話なのだけど、
動き回るのが人形と機械という、生身のイキモノじゃないおかげで
残虐さや悲惨さはカモフラージュされており、だから
こちらは安全地帯で見ているにもかかわらず、
勇気だとか、恐怖というところには、充分に感情移入してしまう。

機械はどれも絶対的に大きくて、人形は象を前にしたネズミくらいの
大きさでしかなく、力ではとても太刀打ちできそうもない。
で、9体のうち5体は犠牲になるのだけど、
最後に残るのは、機械ではなくて人形である。
人間の社会は、あたかも巨大な頭(脳)に
心が踏み潰される寸前にあるけれど、
かろうじて踏みとどまれるに違いない、と言いたげである。

こんなに面白い映画なのに、映画館はめずらしくわりと空いている。
こういう映画こそ、夏休み中のこどもが観たらいいのに、
とおせっかいなことを考える。

『第9地区』もCG満載の映画だが、ドキュメンタリータッチで堪能させる。
場所は南アフリカ、しかもやってきたエイリアンは
栄養失調で難民そのもの、というあたりはひどく象徴的である。
これは、地球上における「貧困」そのものがテーマではないのか。
きっと私たちは、今や「貧困」を、まるで異物(エイリアン)のように
感じ、扱っているに違いないと思わされる。
主人公である能天気なヴィカスは、エイリアンに遺伝子統合されていくのだが、
そこから抜け出すには宇宙規模の戦略が必要なのかもしれない。

すこぶる満足してギンレイを後にし、京橋まで来たら
飯田橋にはなくなってしまった「上島珈琲」があったので
予約時刻になるまで時間をつぶすことにする。
飯田橋店にあった、一人用のソファはなかったが
似たようなソファに身を沈めることができてジンジャーミルクティーが美味。

いいことが重なる日というのはあるものである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『乖離』という成熟のしかた | トップページ | クリスティ生誕120年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/49248449

この記事へのトラックバック一覧です: 拾いものの日:

« 『乖離』という成熟のしかた | トップページ | クリスティ生誕120年 »