« 縁は異なもの | トップページ | 『SP』-フィクションを支えるもの »

2010年10月25日 (月)

ブラックボックスを開けてみよう

昨日は東日本外来小児科学研究会があったのだが
急遽ディペックスのミーティングが入り、メンバーの日程を
合わせることが難しいのでこちらを優先することにした。
インタビュアーの人たちと一緒にサンプルDVDを見ながら、
昨年度作成したインタビューの質についての評価項目を、
具体的に理解してもらわなくてはならないのだ。

外来小児科学研究会のテーマは「常識を見直してみよう」で
ここでの主体は医師である。
仄聞するところによれば、医師は、実感と医学的常識が異なると、
医学的常識に従ってしまうらしいが、むしろ実感を大事にしよう
というのが今回のテーマである。とても結構なことである。

http://hoshikawa.or.tv/eagp/info/26th/26th-program.pdf

ここで大事なことは、実感をどれだけ感覚として感じとれるか、だろう。
「診断」というものが、感覚も含めたどのようなプロセスでおこなわれるのか
医師自らが解析して明示してみるといいのではないかという気がする。

実感を感じとれるかという点は、
ディペックスのインタビューの課題でもあるように思われた。
昨日のミーティングで分かったことは、
インタビューガイドに忠実に従おうとすればするほど
患者の生の声が取りにくくなるのではないか、ということだった。
真面目な(というか権威主義的な)インタビュアーほど、
イギリスの先達から教わった、という事実にこだわっているように見える。
彼らが伝えようとしたことは
「インタビューに際して、患者の意向を損なうような介入のしかたをしてはいけない」
ということであり、そのための基本的な心構えとしてガイドがあるはずなのだが、
それを”正しい結果が得られる方法”という風に理解してしまうと、
目の前の患者の個別性は無視してしまう、ということが起きる。
インタビューや診断の難しさは、相手の個別性に合わせて
目的達成のための方法を、どのようにその場で生み出せるか
ということだと思うが、往々にして、方法さえ学べば
結果が得られると考えてしまっているようである。

個別性をどう重視するかという議論は医療者全般に必要みたいだ。

医療者とジャーナリストたちが作っているSNSでも
最近似たような議論があった。
コトの発端は尖閣諸島の領有問題に関して、
ある右翼系団体のデモを報じなかったことについての
ジャーナリスト側からの説明だった。
ある事象を報道するかしないかは、メディアに選択権があってよいと思うが
だとしたら、どのように選択しているのか明らかにして欲しい。
視聴者や読者は、ニュースがどのように作られているのか知りたいはずだし
それがメディアリテラシーを育む基本条件でもあるのではないか。
そんな風な問いかけに対し、ジャーナリストの人たちから、
個別の事象を報道するかは、そのつど個別の価値判断によっている、
という説明はあったものの、ではそれを支える大元の判断基準は何か、
というkとについては、最後まで明言されなかった。
倫理として下記に拠っているという提示はあったが、
これのどこを見れば、一般人でも「ああニュースってそういう風に作るのか」
と分かるのだろう。

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~matumoto/ethics/houdou-siryou.html

さいわい、ウィキには「報道倫理」として比較的分かりやすい解説が出ている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E9%81%93%E5%80%AB%E7%90%86

ここで興味深いのは、「メディア責任システム」という項目で、
それは下記のように解説されている

フランスのクロード・ジャン・ベルトランは、社会的責任理論を発展させた
「メディア責任システム(メディア・アカウンタビリティ制度、MAS)」を提唱している。
メディア責任システム論は、国家の規制にも、ジャーナリストの道徳心にも依存せず、
メディアの倫理を維持する方法として、メディアの倫理的意志決定過程の一部を
外部に開放する、という考え方である。メディア責任システム論には、
公開で議論し、判断を蓄積することで、倫理的基準が示される利点があり、
1990年代後半以降に、日本でメディア倫理の審査を行う第三者機関が
設置された際の基礎理論となっている[10]。


報道するのかしないのか、どんな風に報道するのか、ということを
どうやって決定したのかという部分は、これまでブラックボックスだったのだろうか。
だとしたら、まずブラックボックスを開けることが、
送り手と受け手が対等な関係を結ぶはじめの一歩になるんじゃないだろうか。
メディアリテラシーとは、そこから始まる気がする。
お題目に依存せずに、自分の感覚も含めた個別の判断を検証する
作業が、どこの分野でも必要になってきているってことかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« 縁は異なもの | トップページ | 『SP』-フィクションを支えるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラックボックスを開けてみよう:

« 縁は異なもの | トップページ | 『SP』-フィクションを支えるもの »