« 『SP』-フィクションを支えるもの | トップページ | 『Rose』 »

2010年11月20日 (土)

マッサージの効用

ようやく#8000の相談評価報告書を書き終わる。
大変な作業だったが、いろいろと興味深い事実も分かって面白かった。
最も基本的なところでは、電話相談の個別性についての理解不足が目立つ。
一般論や確率で話をしない(できない)ところが電話相談の難しさでもあるが
そこはほとんど理解されていないので、いきおい症状の話ばかりになる。
個別性とは環境との関係性でもあるから、これが現在の専門家教育から
抜け落ちている部分でもあると考えると分かりやすい。
ろくな研修もなく電話相談に従事している看護師さんには同情するが、
自分たちの日頃のあり方に何の疑問も持たずに、
できるつもりで関わってしまう、というところに、
専門家が持っている危うさのようなものも感じる。
必要なのは電話相談員としての研修というより、
医療の専門家としてのあり方についての見直しなのだろう。

バレエで痛めた筋肉のケアにマッサージに通っていると
結局のところマッサージというのも、
自分の身体と環境との関係を理解する機会なのだと思い至る。
痛いはずの箇所をマッサージしてもらっているうちに
そうじゃないところも痛いことが分かってくる、というのも不思議だ。
まるで「黙ってちゃ分かんないでしょ。言いたいことがあったらちゃんと言いなさい」
と言われて、おとなしかった子が、おずおずと話し出すみたいな感じだ。

どうして天気のいい日に頭痛が出るのか、
どうして雨が近いと腰の調子が微妙にアブナクなるのか
ということを知りたいなあと思って調べていたら
「日本生気象学会」というのがあると分かり、初めて参加してみた。
新宿の文化女子大で開催されるのだという。
この大学がこの通りにあることは知っていたが
(新宿にあるのに住所が渋谷区とは知らなかった)
足を踏み入れるのは初めて。

15階の教室の一室を使ったこじんまりとした学会だったが
発表者は若手が多いらしく、それに対して年長者から質問や指摘が飛ぶ。
本来学会というのはこういうものなのだろう。
内容は日常に関わることが多い。
たとえば
「乳児における1日の水分出納」
「末梢性発汗機構の反応性の性差と季節変動」
「適用方法の異なる2種類の蒸気温熱シートによる月経痛の症状緩和効果の差異」
「人工炭酸泉全身浴がからだの柔軟性を促進させる可能性」
などなど。

どれも環境と生体との関係を探る研究で、領域を限定していないから
「アスファルトと熱中症の関係」などというのもあれば、
「寒冷ストレスによるラットの血中ノルアドレナリン量の変化」
なんていうのもあって、虫の目と鳥の目と両方が必要みたいだ。
関係性を測る手法は確立されていないだろうから(と思う)
さまざまな手法を、いろいろ組み合わせて試行している感じだが
それでもかなりのところまで明らかになってきている。
日常に立脚しているという点で、なかなか親しみやすい研究もある。
「やっぱり炭酸泉はいいのか」とか
「温熱シートは痛みに効くのね」とか
ふだんの生活に即役立つのも嬉しい。

いつだったか外来小児科学会の調査検討委員会で
予防接種後の発熱割合を調べるのに
接種後の発熱の訴え件数から統計的に割り出す
というアイデアが披露されたことがあって、思わず
「予防接種と感染症の発熱は区別できるのか」
と質問してしまったことがあった。
副反応としての発熱割合がいかに少ないかということより、
何による発熱か、が分かる方が日常的には
ずっと役立つような気がするが、日常から離れれば離れるほど学問的、
というような偏見がまだあるのかもしれない。
医療者の意識もこの辺から変えていかなくてはならないのだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『SP』-フィクションを支えるもの | トップページ | 『Rose』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マッサージの効用:

« 『SP』-フィクションを支えるもの | トップページ | 『Rose』 »