« 『Rose』 | トップページ | 『暴力装置』の活用法 »

2010年11月28日 (日)

ゴダールと『もしドラ』

『ゴダール・ソシアリスム』公開に先駆けて、
『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』が上映されるという話を聞き、
初日の『勝手にしやがれ』のチケットを購入する。
上映前に日経に映画評論を書いている中条さんのトークもあるらしい。
『勝手にしやがれ』の初上映は今から50年前で、
だからというわけではないが、ゴダール映画はちゃんと見ていない。
なんとなくフランス映画は敷居が高かったのである。
そのゴダールも80歳、イーストウッドと同い年だそうである。
ブルータスの「映画監督論」によれば、
ゴダールは結構イーストウッドを意識しているらしい。
と聞くと、俄然ゴダールに興味がわいてくる。
イーストウッドの何がゴダールに意識させるのだろう。

ヌーベル・バーグという言葉が、新しい波という意味だとは
知ってはいたものの、実は何を指しているのかは知らなかった。
中条さんの解説で、それが映画の撮り方の革命的な変化のことだったと知る。
それまでの映画は、カメラを固定し、室内で、いわゆるスターが
リハーサルを踏まえて、きちんとしたセリフを喋るというやり方で撮られていた。
それをゴダールは『勝手にしやがれ』で、まったく変えて見せた。
カメラを屋外に持ち出し、街中でリハーサルもほとんどなしに撮影し、
ブツッ、ブツッとまるで脈絡なくぶった切るような編集のし方で作ったのである。
以後、映画はそのように作られるようになった。
今われわれが見ている映画は、ほとんどがゴダールを踏襲しているという。
そういう意味で、ゴダールは後世の映画制作者に非常な影響を与えたそうだが
誰もやらなかったことをやるという意味では、孤独でもあっただろう。

『ゴダール・ソシアリスム』は予告編で見ても、
どういう話なのかまったく分からないが、中条さんの解説によれば
「行き着く先には希望がない」ということを言っているらしい。
もっとも最近はどこを向いても「希望なし」だらけだが。

そういうわけで『勝手にしやがれ』は、映画的には今観ても
まったく違和感なく、若い頃のジャン・ポール・ベルモンドは
いかにもゴダール好みのアウトローという感じだ。
それにしてもフランス語が乾いているのか
フランス人が乾いているのか、よく分からないが
べルモンドとジーン・セバーグのやりとりに情緒的なものは全く感じられない。
自動車泥棒や殺人は、あたかも小道具のように淡々と描かれて問題にされず、
ベルモンドがセバーグを口説くセリフだけが延々と続く。
でも、ベルモンドもセバーグも、自分というものがつかめていない。
そういうもどかしさを抱えたまま結末を迎えるところは、
なんだか50年前に、すでに現代を先取りしていたとしか思えないほどだ。
今になってみれば、男と女がほとんど分かり合えない、というのは
ごく当たり前の事実で、だからなに?という感じだが、
この時代はふつうには、おそらくそんな風には思われていなくて
ゴダールの鋭敏な感性だけが、それを描き得たのだろう、と想像する。

と、こんなことを考えたのも、実はその前にやっと娘から借りた
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
を読み終わったからなのだ。
この通称「もしドラ」はベストセラーになっただけあって、なかなか面白かった。
これだけ売れた原因のひとつは、ドラッカーの威力もさることながら
野球がテーマだったということも大きいだろう。
なんだかんだと言ったって、野球はまだ充分に
日本人のノスタルジーをかき立てるスポーツだし、
野球だからドラッカーが通用した、ということもあるかもしれない。
そして何よりも「高校野球版プロジェクトX」になっているところが
多くの読者をひきつけた所以だろう。
努力、献身、希望、そして人間同士の情緒的なつながりがもたらす成功物語
というのを、くりかえしみんなが読みたがっている現実があるに違いない。
そこには、ベルモンドやセバーグがもがいていたような
分かりあえなさというのは微塵もなく(ひとりを除いてみんな高校生だし)、
「やればできる」という前向きな希望をかき立ててくれる。

50年前にすでに描かれていたもどかしさを、
希望という形で乗り越えようとする文化に対して
ゴダールはどんな回答を与えてくれるのだろう。
そう考えると『ゴダール・ソシアリスム』はちょっと楽しみな映画になってくる。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『Rose』 | トップページ | 『暴力装置』の活用法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/50154793

この記事へのトラックバック一覧です: ゴダールと『もしドラ』:

« 『Rose』 | トップページ | 『暴力装置』の活用法 »