« 『わたしはじめ』 | トップページ | 気晴らしチャンネル »

2011年1月27日 (木)

『ソーシャル・ネットワーク』

ジェシー・アイゼンバーグという俳優が気になっていたので
平日の朝一で丸の内ピカデリーへ。

今までマイ衝撃的デビューを果たした俳優は2人いる。
ひとりはジェイク・ジレンホールで、
彼に初めて『ドニーー・ダーコ』で出会ったときは、
物語の筋書きもさることながら、何より容貌が衝撃的だった。
こういう容貌でも俳優になる得るのか!と思ったのである。
もちろん別にイケメンが俳優の最低条件だと思っているわけではなく、
ジャック・ニコルソンとかトミー・リー・ジョーンズとかジョン・マルコヴィッチとか
そうじゃなくても好きな俳優はたくさんいる。
でも、ジェイク・ジレンホールはどう考えてもその範疇には入らないし
かといって、いわゆるブラピとかジョニデとも違ったために
自分の中でどう位置づけたらいいのか面食らったのである。
しかし今や彼は「世界でもっともセクシーな男優」に選ばれるまでになっており
基準が変わるとはこういうことだったのか、と今になると分かる。

で、もうひとりがジェシー・アイゼンバーグである。
彼を初めて見たのは『イカとクジラ』。
4人家族の中でひとりだけ異質な、もさっとした雰囲気なのに
どこか繊細な部分を秘めており、現実世界では決して自分を
曲げない役どころを実にリアルに演じていた。
もちろん彼もブラピやジョニデにはグループ化できず、
かといってジャックやトミーやジョンでもない。

そのジェシーが『ソーシャル・ネットワーク』で
マーク・ザッカーバーグというフェイスブックの創設者を
どんな風に演じるのか、これは楽しみだった。
前評判によれば、この映画の中でザッカーバーグは結構嫌味な
人間として描かれており、決して賞賛一辺倒ではないという。
そこも興味深かった。

映画の中のザッカーバーグはたしかにあの年齢(ハーバードの学生)に
ありがちな生意気さに満ちているが、しかしず抜けて傲慢というわけでもない。
あの程度の生意気な学生は、私の学生時代にも当たり前のようにいて
当時接触が多かった名門といわれるT大の学生たちにも同じように辟易したものだ。
多くのオトコは(もちろんオンナにもいるけど)世界は自分の思うように回る(したい)
と思っており、他者はそのための素材という程度にしか思っていないように見える。
というか、他者はほとんど目に入っていない、と言ったほうがいいかもしれない。
この映画(というか、この成功物語)の面白いところは
この生意気な学生が、図抜けた情報技術の才能を持っており、
しかも、周りにそれを評価できる人間がちゃんといて、
それがフェイスブックというワールドワイドなSNSの設立を後押ししたところだろう。
ハーバードにも階級があり、フェイスブックが、
ある意味エリート集団によって排他的に始まったことを指摘する人もいるが、
まさにブランドとはそういう風に成立する。
そしてフェイスブックは、今や全世界で5億人ものメンバーを抱えるSNSとなり
SONYやルイ・ヴィトンと同じように大衆に受け入れられて
ザッカーバーグは巨万の富を得るまでになった。
それなのに、まだ彼はたったひとりのガールフレンドを
振り向かせることができていない、というところで映画は終わる。

そのやるせなさがジェシーの演技からにじみ出ているために、
この映画のザッカーバーグはただの嫌味な人間で終わっていない。
実在の登場人物によれば、この映画は立派な「フィクション」だそうだが
ジェシー・アイゼンバーグがそれに一役買っていることは、たぶん間違いないだろう。
それにしてもオトコにこれだけの仕事をさせる
オンナの力のなんと偉大なこと!

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『わたしはじめ』 | トップページ | 気晴らしチャンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/50698864

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソーシャル・ネットワーク』:

« 『わたしはじめ』 | トップページ | 気晴らしチャンネル »