« 『通り過ぎた風景』 | トップページ | おわりとはじまり »

2011年2月20日 (日)

『ヒアアフター』

楽しみにしていたイーストウッド監督、マット・デイモン主演の
『ヒアアフター』をロードショー初日の朝一番の回で見る。
今回はいつになく宣伝が充実していて、公開前日の金曜日には
タイミングよく新聞の映画評でも取り上げられていた。
ハッピーエンドが予感されたからでもないだろうが、いい入りである。
チケット販売開始日に予約したので、劇場のど真ん中の席が取れていたが
両サイドもきっちり埋まっていた。
観客の関心の高さが分かる。

ヒアアフターとは来世の意味である。
旅先で洪水に巻き込まれて臨死体験をする女性ジャーナリスト、マリーと
双子の兄を事故で失った弟マーカス、霊能力を持つジョージ(マット・デイモン)
の3人の話が同時進行の形で進む。
ジョージは霊能力をギフトではなく呪いだと思っている。
死者の世界を忌み嫌っているわけではないのだろうが
死者の世界が見えることで不幸に触れてしまうのが耐えられない。
それを避けようとすると孤独にならざるを得ないのだ。

マリーは生と死の境界を経験して内的な変化を起こす。
しかし周りにそれを理解してくれる人はいない。
恋人だった同僚にしても、だ。
マーカスは、2人でひとりだった双子の兄を忘れられず
なんとかもう一度会いたいと思っている。
この辺のこどもの感覚は大人よりはるかに柔軟で、
彼にとっては生も死も境がない。

3人の孤独は厳密に見ると少しずつ違う感じはする。
マリーのは自分の変化を理解されない孤独だが
マーカスのは自分の半分が死んでしまうことによる喪失感だ。
ジョージのは他者(の不幸)を避けようとすることによる孤独だろう。
これらの孤独が常にノーマルライフ(現実の生活)に縄のように
編みこまれながら語られていくところがイーストウッドの巧みなところである。
そしてジョージは、マリーとマーカスという死に癒される者に
出会うことができて、ようやく孤独から抜け出す。

ジョージを通じてマーカスが兄からのメッセージを聴くクライマックスでの
言葉が印象に残る。
「こっちの世界はいいよ。何にでもなれるんだ」
そう、現実の世界は何かにつけて変化を嫌い人を決めつけてしまう。
もっと自在に生きてもいいいのに、それを許さないのが現実の生活だ。
「ぼくらはいつも一緒」という言葉は生と死は表裏一体ということでもある。
地下鉄の爆破事故は、兄がマーカスを、つまり死者が生きている者を
守ってくれるエピソードとして描かれるが、生きるということは
常に死と隣り合わせだと解釈することもできるだろう。

死者の世界を抱えた者同士が出会い、
平安が訪れる結末はほんのりと暖かい。
スピルバーグがイーストウッドに監督を指名したのは慧眼だった。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『通り過ぎた風景』 | トップページ | おわりとはじまり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/50915379

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒアアフター』:

« 『通り過ぎた風景』 | トップページ | おわりとはじまり »