« 相手の思いをうけとる強さを | トップページ | 事実にたどりつくバロメーター »

2011年3月19日 (土)

学ぶチャンス

今回の東北関東大地震では、地震と津波だけでなく
原子力発電所の事故も重なって
被災地の救援と原発事故への対処という
2つの難題を抱えた状態が続いている。

被災地にいなかった者としてできることは、今回の地震から
いかに多くのことを学ぶかということだろう。
その最たるものは、地震と原子力発電所についてである。

地震については石橋克彦先生がすでに15年以上前に
予見されていらしたことを今回初めて知った。
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/2011touhoku.html

6年前には衆議院予算委員会の公聴会でも
日本列島が地震の活動期に入っており、それに応じた国土政策と
社会経済システムへと根本的な変革が必要だと述べておられる。
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/050223koujyutsu.pdf
このことについては自分が聞き逃したのか、それとも政治家は知っていたけど
一般国民には知らされなかったのかよく分からないが、
ここまでたいした関心を払わないまま来てしまった自分自身に怒りを感じる。

原子力発電所については、平井憲夫さんという人の手記が衝撃的だった。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/index.html

これについては本人が書いたものではない、とか
聞き書きした人が扇動的に書いているという批判もあるようだが
発電所の勤務実態を垣間見ることができる、という意味で価値があると思う。
原子力発電所がどのようなリスクと隣り合わせで運営されてきたか、
その恩恵を享受する側は、「それも仕事」という括りで
実態を見ようとしてこなかったのではないか。
そのようなリスクを負って(負わせて)まで利便性を享受するのか
ということを考えるのには、いいきっかけだろう。

福島原発の事故が最悪の経過をたどったとしても
空気中に飛散する放射性物質の量は、過去に比して
心配するほどではないという説明にも一理はあるだろう。

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/dekigoto.html#03
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01010221.html

私の年代は放射性物質が含まれた雨をさんざんかぶってきた世代だが、
とりあえず今のところ無事に過ごせている。
だから、いたずらに慌てる必要はないと思うが、
(というより腹を括ることの方が大事だと思うが)
もちろんそのことは原発の安全性を保証するものではない。
私たちは危険と隣り合わせの生活をしているのに、
その恩恵の大きさに目を眩まされて、危険性の評価については
すこぶる甘くなっているのだと思う。
今回の福島原発事故を、何とかやり過ごせた後の安堵が怖い。

私たち日本人は順応性が高い(単におとなしくて権威に弱いだけかもしれないが)
ために、計画停電だってなんだって、うまく乗り越えてしまう。
それが無批判な原発建設などの実態から目を背けることになっていなかったか、
なんでも政治にお任せで、政治家をきちんと監視しない
という依存性につながっていなかったか
せめてこの大地震を貴重な学習機会にしたい。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 相手の思いをうけとる強さを | トップページ | 事実にたどりつくバロメーター »

コメント

放射線に関して現在最も信頼できそうな情報の一つとしてkikulogを上げておきます。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php

大阪大学サイバーメディアセンター教授の菊池誠さんのブログですけど、科学者が相当数参加して議論されています。
情報の精査はここが一番詳しいかと。

脱原発に世論は動いていますけど、きちんとした議論が透明性をもってなされないとどうにもなりません。
「政治主導」が「利益誘導」と同義で無いことを心配しております。

庶民が忍耐強く従順なのは江戸時代(もっと前から?)で「お上がなんとかしてくれる」と思っているからだと思うんですが、今のお上は頼りないですね。

なんだか最近民主党の議員が偉そうなのが気になります。

投稿: nucky | 2011年3月22日 (火) 12時03分

nuckyさん

菊池誠さんのブログのご紹介
ありがとうございます。
あちこちにいろいろな情報が散在していて
どこかで読んだ覚えのある資料に遭遇
することも多くなってきました(笑)。

>「政治主導」が「利益誘導」と同義で無い
ことを心配しております。

ここですよね。
はたして民主党に脱自民が可能か。
ナイーブすぎて政治=権力って方向に
行くようだったらレッドカードですよね。
一般ピープルの自立には頼りないくらいが
ちょうどいいかな、と思ったりします。

投稿: | 2011年3月22日 (火) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51159001

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶチャンス:

« 相手の思いをうけとる強さを | トップページ | 事実にたどりつくバロメーター »