« 学ぶチャンス | トップページ | ぬるま湯から飛び出したいカエル »

2011年3月28日 (月)

事実にたどりつくバロメーター

被災地ではない地域は少しずつ日常に戻りつつある。
スーパーの棚は少しずつ埋まり始めていて、
慌てなくても物資は十分に供給されていることが実感できる。
一時期は、なかなか手に入らなかった牛乳は
1店1本ずつなら苦労なく購入できるようになった。
お豆腐も、いくらか並び始めた。
一番寒いときにまったく手に入らなかったカイロも
ちょっと暖かくなったら楽に買えるようになった。
我が家のように郊外の畑が点在するような地域には
野菜はいつもどおり、いやいつも以上に豊富にある。
ほうれん草なんかバカ安でかわいそうみたいだ。
でも今日は無洗米はどこの店にもなく、これはきっと
被災地に優先して送られているのだろうと、ふつうのお米を購入。
何でも無ければ無くても済ませられるような生活をすれば
いいだけのことだし、そこでこそ生活者の腕が試されるというものだ。
中越地震の時から新潟県産品を愛用するようになったが
これからは、それに青森とか岩手とか宮城とか福島の物産も加わるのだろう。
ちなみに今日買ったお米は岩手産だ。
ただ、ものが少しずつ高値安定になっていきそうな兆しは懸念する。

地震後の1週間は、さすがに表に出る気になれなくて
バレエのレッスンも2回続けてお休みした。
読書も集中できなくて図書館の本も延滞気味だ。
でも、テレビで地震のニュースを見ながらお菓子をつまむという
もっとも不健康なカウチポテト生活も、さすがに1週間続けると
体が警戒信号を発し始めたので、日曜からレッスン開始。
やっぱり体は動かし続けるに限ると実感する。
少し気分が上向いてきたのを機にお気に入りの古着屋へ足を延ばす。
だんだんわかってきたのは、後で後悔するような買い物は
往々にして自分の精神状態がいまいちのときにしている、ということだが
掘り出し物をうまく見つけられたところを見ると、
肉体だけでなく精神も普通に戻りつつあるみたいだ。
今や買い物は自分を判断するバロメーターなのだ。

今回のいろいろな事象について、ネットを通じて情報交換することが多くなり
既存のメディアには流れない(流れてこなかった)情報も
手に入るようになって、ずいぶん勉強になった。
福島の原発事故では、原発について不勉強だった自分を痛感させられたが、
同時に、既存メディアがいかに肝心なことを伏せてきたかということも見えてきた。
どの人が何と言ったか、どのメディアがどんな情報を流したか、ということは
極力記憶しておき、後々の判断に役立てたいと思うが、
流された情報の内容は、そのメディアが権力とどのように結びついていたか
を表す指標と考えておいた方がいいのだろう。

たとえば地震が起きた当日、菅さんがまっさきに福島の原発を視察した
というニュースを聞いて、何か重大な事象が起きているのかもと予感した。
今(3月28日現在)になってみると、すでに当日の時点で今の状況は
相当程度予想できていたのだろうと思われる。
つまり、あの時点で放射性物質が流れ出るような事故が起きそうなこと
は分かっていたのであり、その収拾方法が、なかなか見つからない、
ということもあらかた見えていたのだろう。
しかし、この視察が対応を遅らせた、と報じるメディアもあったのである。
何か重大事件が起きたとき、現場を見るのは責任者にとっての鉄則だと思うが
そういう鉄則を不要と断じたメディアがあったということは忘れてはいけない。
そういうメディアは、まず信用できないと思ってよいだろう。

「撤退なんかできない!」と菅さんが東電を怒鳴りつけた、というニュースも
あたかもトップにあるまじき振る舞いとでもいうような口調で報じられた。
私は菅さんのいつものスタンドプレーかと思った口だが、
「撤退」という言葉に、ちょっと引っかかった。
東電が撤退できないのは当たり前なのに
なんでわざわざそんなことを言うのだろうと訝しく思った。
そしたら今になって、東電の側が「撤退したい」と申し入れており
それに対して菅さんが怒ったことが分かった。
でも、少なくとも私が購読している2紙は、どちらもそういう事実
つまり東電がそのように申し入れた、ということは報じていなかった。
故意からか、怠慢からか、一部分だけを報じることで、
一国の総理に対する信頼を損ねようとした裏には何があるのだろうか。
とても興味深い。
東電が事態の収拾に責任を取るのは当たり前のことだが
事実を正確に報じないメディアは、どのように責任を取るつもりだろうか。
自分が感じた違和感を突き詰めていくと、案外事実が見えてくる
ということが分かったのも、今回の地震の副産物として挙げておこう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« 学ぶチャンス | トップページ | ぬるま湯から飛び出したいカエル »

コメント

昨今の報道を見ると何が事実なんだか判別が難しいですね。

元々マスコミは何らかのバイアスがかかっていて、また風見鶏の用に風向きが変わる度都合のよい正義を振りかざすのはいつものことですが。

ツイッターやブログでデマが拡散していたりしますが、マスコミが報じない疑惑を暴いたりする力にもなっていたり、一国の政治体制をひっくり返す力にもなったりしますからネットの情報も無視できません。

結局情報の受け手である側が賢くなるしか方法が無さそうです。
受信した情報が拡散していく様は核分裂反応に似ていて減速剤や制御棒が効かなくなったらすぐにメルトダウンに直結しそうで怖いですね。

投稿: nucky | 2011年3月29日 (火) 11時54分

上記の菅さんに関する事実は、週刊誌情報
だそうですが、教えてくれた知人(群馬大の
教授)は官房機密費が関連しているのだろう
と言っていました。
ありそうなことですよね。
ツイッターには結構デマ情報も流れている
みたいですが、そこから使えるものだけを
選び取るには、相当目利きにならないと
いけないのかもしれませんね。
でもまあ、バーゲンで上手な買い物をする
のもそうだし、考えてみれば
そんなに難しくもないのかも(笑)

投稿: | 2011年3月29日 (火) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51238952

この記事へのトラックバック一覧です: 事実にたどりつくバロメーター:

« 学ぶチャンス | トップページ | ぬるま湯から飛び出したいカエル »