« 地震が起きた日 | トップページ | 学ぶチャンス »

2011年3月15日 (火)

相手の思いをうけとる強さを

被災地の状況が刻々と入ってくる中で気持ちを落ち着かせて
おくことはなかなか難しいかもしれない。

地震直後に出回ったデマメールは、ある意味私たちの動揺を
表していると考えればいいのだろう。
化学薬品を含んだ雨が降るから気をつけろ、とか
電力が足りないから節電しよう、など、
どれも善意を装った内容だけに信じられやすく拡散しやすい。
身近な人からのメールほど伝わりやすいのは、
公的情報より口コミ情報に信頼が置かれがちな現代に
典型な現象と言ってもよいだろう。

経験のない事態に遭遇して、いろいろな意見が飛び交う。すると、
「今はそんなことを言うべきではない」とか
「他人事だと思っているから、そんなことを言うんだ」などと言って
言論を封じようとする動きも出てくる。
ある意見が受け取る側の何かを刺激すると、
自分が耳を塞ぐのではなく相手を黙らせようとしてしまう。
聞くことに耐えられない自分、というのがあるのだろうが
なぜ耐えられないかを考える余裕がないので
勢い、発した相手を責めて黙らせようとする。

でも私はこういう未曽有の状況だから
そういうことを言い合える場では、感じたことを
もっともっと言い合えばいいと思う。
もちろんどこかの掲示板みたいに感情的に罵詈雑言を尽くす
というのは生産的ではないから避けたいが
少なくとも、感じたこと、問題と思うこと、今考えたいことを
できるだけさらけ出してみんなで議論することが、むしろ被災地ではない
所にいる人たちにとっては必要なんじゃないか、と思うのだ。
混乱状態は、自分たち、つまり日本人である私たちの弱点や苦手部分を
直視するいい機会だし、それをじっくり考えることは次につながる。
私たちは知らず知らずのうちに混乱しており、実は無意識にそうやって
精神の安定を保とうとしているんじゃないかと思うのだ。
言論の自由を徹底的に守ること、それが私たちを真に強くするように思う。


世界中の人たちが救援に来てくれている中で、下記のニュースは心を打った。

「アフガニスタンが「400万円」支援表明」

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/yucasee-201...

アフガニスタンのカンダハル州のグラム・ハイダル・ハミディ市長は12日、
東日本大震災の被災者に義援金5万ドル(約400万円)を送ることを表明した。

AFP通信によると、カンダハル州は反政府勢力タリバンとの内戦が
最も激しい地域の一つ。それにも関わらず、これまでに日本がアフガン復興を
熱心に支援してきたことへの恩返しとして、「市民を代表して地震と津波の
被災者を支援したい」と述べているという。

アフガニスタンの生活水準では、国民の3分の2が、
1日あたり2ドルという生活水準だとも言われており、
いかに大きな金額かが理解できる。

コピーここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分に余裕があるときに誰かに何かをすることは難しくないが
苦しいときに他者に手を差し伸べるのはほんとうに難しい。
そんなことしてくれなくてもいいのに、と思うが
思いは規制するのではなく、ありがたく受け取ることが
相手に報いることになるのだろうと思う。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 地震が起きた日 | トップページ | 学ぶチャンス »

コメント

アフガニスタンの件は最大の外交的成功の証ですね。
さらに最貧国のひとつであるバングディシュも支援の申し込みをしたとか。
こういう所へはODAよりも海外青年協力隊とかシニア海外ボランティアの活動が感謝されたと見るべきかなと思います。
あっアフガンはヒゲの隊長か。

今日本人の秩序正しさとか忍耐強さとかが世界で称賛されていますけど、こと政治に関してはもっと声を上げた方がいいですね。
こんな危機にパフォーマンスばかり繰り返す政府を見ていると怒りがこみ上げてきます。

被災者や病人、怪我人の移送なども実は民間の病院の人たちの努力で動いています。
行政主導ではないんですよ。
もっと声を上げないといけませんね。

投稿: nucky | 2011年3月18日 (金) 16時09分

nuckyさん

福島原発の事故を見るにつけ、自分が今まで
ちゃんと政治を監視してこなかったツケが
まわってきたなと感じています。
民間人がお上を信じて一生懸命自助努力を
して切り盛りしてきたことが結果的に
政治を甘やかすことになったのかも
しれません。
この地震と津波から学ぶことは多いですね。
被災された方たちのために、被災を免れた
私たちができることは募金や救援活動だけに
留まりませんね。

投稿: pinoko | 2011年3月18日 (金) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51125192

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の思いをうけとる強さを:

» ハンド式シュレッダーを過去2回 [てっかちゃんの夢色ぶろぐ]
うぅーん、ゴロゴロ!ごろごろごろ〜! [続きを読む]

受信: 2011年3月16日 (水) 21時19分

« 地震が起きた日 | トップページ | 学ぶチャンス »