« レプリカントという発想 | トップページ | 相手の思いをうけとる強さを »

2011年3月14日 (月)

地震が起きた日

金曜日の地震から2日が経った。
まだ刻々と事態が変化しているので気持ちが落ち着かない。
テレビをつけっぱなしにしていることもあるかもしれないが、
かといってこういうときに情報を遮断する勇気もないし。
地震の被災地ではない所にいた者の記録を残すことにする。

たまたま外苑前にいて、今まで経験したことのないような
強い揺れを経験し、これは電車がストップすると思ったが
復旧までの時間は予想以上に長かった。
揺れの大きさから、長そうな予感がしたのでしばらく時間をつぶそうと
ドトールに入ろうとしたが、店も地震で混乱しており閉店状態。
携帯もラジコもつながらず、まずは家族の安否が確認できない。
地下鉄は
「安全確認をしている。他線は動いていない。復旧の見込みは不明」
と繰り返すばかり。
みんな同じことを考えているようで、近くのハンバーガーチェーンも満員。
外はめちゃくちゃ寒いので、駅の地下へ入ったら
運よくプロントに入ることができた。
さいわいテレビが映っていて、状況がいくらかつかめる。
長丁場になりそうな感じがしたので食事をすることに。
相変わらず携帯はつながらないが携帯メールはどうやら送れるようなので
家族に送ってみるが返事が来ない。
アメリカの妹からは安否確認のメールが来るのに。

そうこうしているうちにやっと娘から家族全員宛のメールが届く。
息子は東西線の途中の駅で止まっているらしい。
車で出かけている夫からは連絡なし。
JRは早々と本日中の復旧断念を宣言したので
頼みの綱は東京メトロだけだけど、動く気配がない。
なにしろ東西線は何本も川を渡るし、大風が吹いただけでストップする
くらいだから今日中には復旧しないかもしれない。
どこで夜を明かしたらいいかと考えてみるが思い浮かぶホテルは
ホテル西洋銀座くらい。
京橋まで行けばビジネスホテルがあるかなあ、とちょっと心細い。

そのうちに息子からメールが。
「自分は歩いて帰る。お母さんはマンガ喫茶かインターネットカフェを探しなさいと」
娘からは
「会社から帰宅するべく歩き出したので、途中でママを拾えれば
自分のアパートに泊まれるよ」とのメール。
なんだかたくましい子どもたち。
親が世話をされる側に回っていると思うと、ちょっと嬉しい。
そのうちに銀座線が動くとの情報が。急いで店を出て乗り込む。
娘に連絡を入れるが返事が来ない。
外苑前に向かっていると言っていたが、どこにいるんだろう。
あとで分かったのだが、外苑前にたどり着いていた娘も同じ電車に乗っており
でもリアルタイムにメールが届かないので、そこから別れ別れになってしまったのだ。
とりあえず日本橋で降りてみるが、どんどん人が溜まっている。
「東西線の復旧見込みはなし」とアナウンスが繰り返されるが、それでも溜まる一方。
これだけたくさんの人がいれば、メトロもプレッシャーだろうと思いつつ、
動かないときは地下で一夜を過ごすのだろうかと考える。
外は寒くて、とても歩いて帰る気にならないが
床に座るにしても下が冷たそうだ。
新聞紙か雑誌を持っていればよかった。
そのうちにようやく娘から返事が。
動き始めた半蔵門線に乗って宿にたどり着くことができた。

息子は途中で食事をしながら歩いて11時ごろ帰宅。
四街道にいた夫は7時間も渋滞の中にいたが、これも11時過ぎに帰宅とのことで
娘の部屋から2人とスカイプで話をする。
さいわい、我が家の被害はワイングラス1個と湯飲み茶わん1個だった。

翌日は半蔵門線とJRを乗り継いで帰宅。
本は全部本箱に収納していたので書籍流はなかったが、
ピアノの上の小物が落ちていたり、デスクの小引き出しも飛び出ていて、
やっぱりこちらも結構な揺れだったのだと実感。

それにしても、緊急時に携帯もインターネットも通じないのは計算外だった。
携帯メールは何とか送れても、タイムラグが1時間以上あって全然役に立たない。
出先でどうやって状況把握のための情報を得るか。
どうやって家族と連絡を取り合うか。
家へ帰れないときのために、どこに泊まるか。
少なくともこの3点だけは解決しておかなきゃ。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« レプリカントという発想 | トップページ | 相手の思いをうけとる強さを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51117256

この記事へのトラックバック一覧です: 地震が起きた日:

« レプリカントという発想 | トップページ | 相手の思いをうけとる強さを »