« そうだったのか! | トップページ | 連休 »

2011年4月22日 (金)

『Never Let Me Go』

その日は出だしからちぐはぐだった。

家を出たら駅に行くバスが見えてラッキー!と思ったのもつかの間
財布を忘れたことに気がついて取りに戻る羽目に。
駅に着いたら竜巻警報が出たとかで電車は変則運転。
2つあるホームのどっちから先に出るのか
アナウンスを聞いていてもよく分からず、
結局各駅停車を2本やり過ごして快速に乗ることに。
時間的に迫られたけど、お見舞いは予定通りに済ませる。
ところが病院のある新宿から日比谷まで、
西武新宿線で行くか丸ノ内線で行くか迷ったのがいけなかった。
結局丸ノ内線を選んだのだが、何を間違ったか反対方向に乗車。
2駅過ぎたところで気がつき、反対車線に乗り換えたが
霞が関に着いたときにはすでに上映時間を過ぎている。
それでも日比谷シャンテを目指して、
なんとか予告編が終わる前に滑り込むことができた。

でも、映画はよかった。
原作はカズオ・イシグロの『Never Let Me Go』で
これは作中に出てくる曲名だが、私を逝かせないで、
という意味も含んでいると思われる。
イギリスの田園風景があまりに美しいので
臓器移植というテーマがよけいに重く感じられる。
これまでにも臓器移植をテーマにした映画はあり
そこに共通しているのは、誰かを生かすために誰かが犠牲になる
ということをどう考えるか、という問いかけである。
もちろん、臓器という「部分」を取り換えることが
生命という「全体」を全うさせることになるのか、という問いもある。
NHKのETV特集で原作者のカズオ・イシグロ氏に
福岡伸一氏がインタビューをしていたのは、
そういう意図もあってのことだっただろう。

この映画では、ドナーとしてクローン人間が設定されているので
問いは直接的で生々しく、誰かを犠牲にした生の延長など
即座にNOだ、という答えが出せそうに見える。
でも、じゃあES細胞から作られた臓器ならいいのだろうか。
自分の細胞を利用するだけだし、だれも傷つけるわけじゃないし
それなら問題ないと言えるのだろうか。
自己血輸血と自分の細胞で作った臓器の移植とどこが違うか、
となるとサンデル先生の授業のように簡単ではない。

行きつくところは、死が受容できるかどうかということなのだろう。
つまり、どこで断念するかということだ。
映画の中でドナーになるこどもたちが生活している寄宿学校の校長が
「一般社会は科学の進歩を理解しようとしない」
というようなセリフを喋る場面が出てくるが、
科学は生については考えることはできても、
死についてとなると、まるで思考停止状態である。
だから原発事故が起きたら、立ち入り禁止区域の
動物を平気で見殺しにしたりするということが起きる。
で、これがいつまでも人間に拡大されない保障はない。

それにしても、映画に出てくるドナーはみんな従順である。
特にトミーのナイーブさは痛々しいほどである。
誰もがなんとか抵抗はするものの、最終的には
絶望しつつ自分たちの運命を受け容れていく。
これがクローンという特殊性のせいなのか、
隔離されて育てられたことによる結果なのか、
それとも何かの暗喩なのか。
生を求める飽くなき欲求も、
生を諦める従順さも、どちらもヒトの中に潜む特性だと思うと、
どっちに転んでもちょっと怖い。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« そうだったのか! | トップページ | 連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51458941

この記事へのトラックバック一覧です: 『Never Let Me Go』:

« そうだったのか! | トップページ | 連休 »