« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

SFというもうひとりの自分

『アジャストメント』を観ようと思ったのは
もちろんマット・デイモンが主演だからだけど、
原案がフィリップ・K・ディックだと知ったからでもある。

もともとSFというジャンルにはたいして興味がなく、彼の作品も
たまたま『ブレード・ランナー』のDVDを観たのがきっかけで
原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」をやっと最近読み始めたのだ。
これだって周囲の熱烈なディックファンに引きずられたからである。
もっとも子どもの頃は「透明人間」や「海底二万哩」などは大好きだった。
でもこれが、シャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンより
面白かったかというと、何ともいえない。

『アジャストメント』は、予告編を観る限り政治がテーマの映画で、
現実とフィクションが交錯する、どちらかというとダークな映画と
予想していたが、映画館には思いのほかカップルーそれも熟年の
が多かったのが意外だった。これはどういうこと?と考えてながら観ているうちに
期待は見事に裏切られていき、途中から「あらあ、これっておとぎ話だったのね」
と分かって、あとはただひたすら、マット・デイモンのなんとも純朴な、
およそ狡猾さには欠ける顔だちとストーリーを楽しむことになった。

うーむ、ハリウッドのマーケティングがこのような映画を作らせたのだろうか。
マット・デイモンが、こんなシンプルな映画に出るだろうか、
ディックがこんな苦みのない原作を書くだろうかと
あらかじめ買っておいた新刊「アジャストメント」を読んでみることにした。
この新しく出た短編集には「人間とアンドロイドと機械」という
ディックのエッセイも収載されていて、『ブレード・ランナー』を
理解する助けにもなりそうに思えた。

映画は大筋ではおおむね原作をなぞっているが、
設定はまったく異なっていて、原作はすこぶる地味である。
この原作をこういう風にを映画的に面白いものに作り替えたのは評価できる。
しかしなにより収穫だったのは、「アジャストメント(調整)」という言葉は
私が考えていたような、なんとなく現代社会に潜む陰謀といった
うさんくささを表すものではなかったということである。

私たちが現実だと思っていることは、ヴェールを通して見たものであって、
それはイメージに過ぎないというのがディックの言いたいことである。
彼はそれを線形時間と表現していて
それに直交する時間があるのだということをエッセイに書いている。
今ではなかなかお目にかかれなくなったLPレコードに
糸を通してみると、その糸が線形時間、レコードの溝にあたるものが
直交する時間、というわけだ。
いわゆる現実の時間には、そうしたさまざまな直交する時間が
含まれているということは、私たちが何かに夢中になって
我を忘れたとき、まったく違った時間感覚を経験することから分かる。
そのとき私たちは、直交する時間に入り込んでいるのだ。
それが『アジャストメント』に出てくるどこでもドアである。
映画に出てくるエージェントを、いわゆる現実(線形時間)に引き戻そうとする力
と考えると、この映画はただのラブストーリーではなく
ディック(原作)に忠実に、直交する時間の存在を表現しようとした
実に興味深い映画だといえる。

こういう風にSFを、ただ外の世界を荒唐無稽に描いたものではなく
(全部がそうなのか、ディックのがそうなのかは分からないけど)
むしろ人間の内面を描こうとしたものだと捉えると、
私にとってSFは俄然近しいものになってくる。

たとえばマザコンのバレリーナが、そこから脱するプロセスを描いた
『ブラックスワン』での主人公の精神の混乱過程は、
いささか現実離れしていて、映画的にもやりすぎじゃないか
って感じがしたものだが、これもSFだと思えば納得しやすい。
彼女が最後につぶやく「パーフェクト」という言葉は、
現実の自分に押しつぶされそうになっていた、
もうひとりの自分(ユング的に言えば真の自己)、
つまり線形時間に直交する時間を経験できたからこそ言えたのである。
タイムスリップとは、機械の中に入ってどこかへ飛び出していくことではなく
自分の中にいる、もうひとりの自分に出会うということなのだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

表相と深相の間をとりとめなく

近所の大きなマンションが面した舗道に長さ約100mに渡って
3列に植えられていた20数本の桜並木の両脇2列が、
突然伐採されて真ん中1列だけが残った。
3列も植わっているのに、お花見ができるようなしつらえもなく、
5年前にできたときから、妙な景観だなあと思っていたが
ようやく、少しすっきりしてまともな景色になった感じがする。
何でもたくさんあればいいっていうわけじゃないってことを
並木をデザインした人が知らなかったわけではないと思うけど
どういうつもりで3列も桜を植えたのだろう。
今になってみると、聞いてみたい気がする。

昨日40度で熱性けいれんを起こしている最中に電話をしてきた母親。
何分くらい続いているかと聞くと、3分くらい経っていると。
「救急車呼んだ方がよいか」とあせって聞くので
「5分以内に収まれば、明日の受診でもよい」と話してみるが
こちらの話はほとんど聞かずに、相変わらず
「救急車呼んだ方がよいか」を繰り返している。
そんなに心配で救急車呼びたければ呼べば、
という言葉はぐっと飲み込んで、
「5分以上続くようなら呼んでよい」と話す。
自分の意見が決まっているなら、なんで電話してくるのだろう。
別にお伺いを立ててもらう必要なんてないし。
でも意見を聞きたいというなら、ちゃんと聞かないと
電話した意味がなくない?

東日本大震災の地震と原発の情報も錯そうして
今頃メルトダウンが起きたとかなんとか言っているが、
こんなのは、おそらく最初から分かっていたことだろう、
ということは以前にも書いた。
だから菅さんが、東北は今後20年くらい住めないかもしれない
と言ったとか言わないとかっていう話が出てきたのだろう。
メディアは、「最悪のことを想定しろ」と言っておきながら
最悪を想定した発言をすると、
「希望のないことを言うなんてけしからん」とわめく。
まるでけいれんを起こしている傍で
救急車を呼んだ方がいいかと電話してくる親みたいだ。
いったいどうしてほしいの?

田中宇さんの
田中宇の国際ニュース解説 会員版(田中宇プラス)2011年5月18日
http://tanakanews.com/
━━━━━━━━━━━━━━━
★ひどくなる世界観の二重構造
━━━━━━━━━━━━━━━

は面白かった。
表相と深相で異なる世界観が並行して存在しており
表相の処理で物事は進んでいく一方で深相は隠されたまま
終わるのだろうと書いている。
以下ごく一部抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・

「アルカイダの最高指導者」だったオサマ・ビンラディンが「殺害」されたの
で、テロ戦争は終息に向かうだろう。ビンラディン殺害も、表相的には「事実」
だが、深相的には、殺されたのが本人かどうか疑問だ。テロ戦争は、911の
本当の真相が暴露されて終わるのでなく、ビンラディン殺害という表相的な
事件によって、深相が隠されたまま終わりそうだ。

http://tanakanews.com/110506binladen.php
ビンラディン殺害の意味

 私はかつて、いずれ表相の歪曲性の暴露と深相の事実化が進むことによって、
表相と深相の乖離が解消されていくだろうと楽観的に予想していた。しかし
実際には、表相と深相の乖離がほとんど縮まらないまま、テーマごと忘れ去ら
れていくことによって終わるものが多い感じだ。テロ戦争がその一つだし、地
球温暖化問題もそうだ。

コピーここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電も政府もほんとは真相を知っていたけど、
知らなかった、という振りで事は片づいていくのかもしれない。
まあ、表相と深相があるわけではなくて、
本音と建前があるだけかもしれないけど。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

備えがないって・・

今回の震災で何か得ることがあったとすれば、それは
今まで見えなかったことが、いろいろ見えてきたことだろう。

原子力発電所は安全確保に万全の注意を払っているものと思っていた。
でも実際には、津波であっという間に機能不全に陥るようなシロモノで、
しかもそれに対してほとんどお手上げ状態がいまだに続いている。
いくら地震の静穏期に建てられたものが多いとはいえ、
この地震国でなんで海岸沿いに建てるのかというのも不可解だが
津波で被害を受けるかもしれない、という想定はほとんどされていなかった
というのは、それ以上に驚きだった。
(被害を受けないで済む津波、というのは想定されていたみたいだが)
原発建設は国策としておこなわれており、だから
立地についても、機能についても安全性に関しても、その根拠は
多額の税金を投入してもらうための形だけのデータでしかなかったらしい。

原子力発電がもっともコストが安いという説明も、
どうやら根拠は怪しいらしく、そこには政官財が絡んだ
巨大な利権構造があって、それを維持するためには
できるだけ国民に情報を出さない、というのがお約束みたいである。
もちろんそれには何かにつけてエラそうなメディアも1枚噛んでいる。

昔ミステリから学んだことは、犯人を割り出したければ
利害関係がどうなっているかを把握しろ、ということだった。
それによって誰が得をするか、を突き詰めれば犯人をつきとめられる
というのはミステリの王道だけれど、これは人間社会の本質でもある。

「制御によって安全を確保しようとするのが間違い」
という『危険学』の畑村洋太郎氏の意見や
「あってはならない」と思いたがる日本人の完ぺき主義が
事態が起きた後の対処について考えることを妨げてきた
という浜矩子氏の意見は、いちいちもっともだけど
欲に目がくらむと、自分がどういう人間かも
分からなくなっちゃうということなのだろうか。

だから事後の対処もままならず、
市町村にはすでに400億円の義援金が配られているのに
実際に被災者の手元に渡ったのはまだ9億円強という
ニュースなどを聞くと、生活現場に接しているはずの自治体には
ほんとうに臨機応変という備えがなかったのだなあ
と思わずにいられない。
よくこれで今までが務まっていたものである。

被災地でなくても、それを象徴するようなできごとには事欠かない。

いつも行くA図書館は今回の地震の影響で
建物の危険が増し、しばらく使用中止ということになった。
なので、予約した本は、震災以後はもっぱら
ひと駅隣のB図書館に取りに行っている。
震災前に予約した本が準備できたとネットで連絡が入ったが
受け渡し場所はA図書館になっている。
でも市の図書館HPには、A図書館では受け渡しができないので
他の図書館で受け取るように、と書いてあるのだ。
このところ何回もB図書館に受け取り、返却に行っているし、
ひょっとして気を利かせて、B図書館に回しておいてくれているか、
まあ、そんなことあるはずないよな、と思いながら行ってみる。

もちろんそんな気の利いたことは起きていなかったが
職員の人がA図書館に問い合わせてくれて
A図書館で受け取れることが分かった。
そして曰く
「正面ではなく裏で受け渡ししています。
これ、あんまり公にはしていなんで」

で、A図書館に行ってみたら、正面玄関の所に
「予約本の受け渡しは裏の駐車場でやっています」という立札が。
裏へ回ってみるとテントを立てて机を置き、
男性職員が2名、ぽつねんと座っている。
ひとりが本を取りに行っている間、もうひとりと少しお喋り。
見上げると2階のガラスには結構ヒビが入っており
建物自体も相当老朽化していて、現状では再使用は無理とのこと。
復興を考えてはいるみたいだが、まだ具体的には進んでいないので
とりあえず予約本の受け渡しだけをやっている、という感じだ。

しかしそれにしても、
「建物は使えないが本の受け渡しはやってる」
ということを、どうしてHPでアナウンスしないのだろう。
余計な情報を出すと、いろいろ問い合わせが来て、
対応しきれないと考えているのだろうか。
まさか外で対応しているので、電話がかかっても応対できないから???
行政というのは不思議な職場である。


『3.11もブレなかった東京ディズニーランドの優先順位』
(日経ビジネスオンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110512/219929/?P=1

とくらべると、まったくえらい違いである。


ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

トピックの要件

ディペックスの報告書を作成し終わった後で、
トピックの抽出ということが議論になった。

「語り」の中からトピックを取り出すためには
ただインタビューを蓄積すればいいわけではなく、
ひとつひとつの事例の中でのインタビュアーの気づきを
早い段階で顕在化させながら、次のインタビューへ生かしていく
必要があることが改めて確認された。

ここでいうトピックとは、
「がん治療に関わる人たちが知りたがっていること、知らせたいこと」
というくらいのことだけれど、
その事例にしか見られない珍しい内容もトピックになり得るし
多くの事例に共通に見られる内容も、そうだと言える。
かといってどの事例にも共通することが
トピックと言えるかというと、そうでもないような気もする。
明らかにみんながすでに知っていることは、トピックにならない。

たとえば電話相談では、今まで聞いたこともないような事例が入ってくると、
まず受け止めて背景を考えるということを習慣的にやってきた。
典型的な例は、30年以上も前にティーンの母親からの
育児相談があったときだった。
そういうとき、相談を受けた相談員はすかさず
みんな(ほかの相談員)に向かってつぶやく。
「ねえねえ、今のお母さん19歳。お父さんは20歳なんだって」
まだ新聞にもそういう動き(出産の低年齢化)は報じられていない
時代だったから、これは衝撃的だった。
う~ん、そこまできたか。
もっとも江戸時代なら、こんなのは別にめずらしくなかっただろう。
これをただの特異なケースと捉えるか、兆しと捉えるかは、
ほんとうはもう少し時間が経ってみないと分からないのだが、
たいていの場合、そういうのは氷山の一角で、
水面下ですでには同様の事態が進行している。
社会は常に変化しており、それを示す指標がトピックなのである。

一方でやたらに入る同じ話、というのもトピックになり得る。
たとえば30年前には「ミルクを飲まない」というのがそれだった。
これは生まれて2ヶ月目くらいの赤ちゃんによく見られる現象で
急にそれまで飲んでいた量を飲まなくなる。
母乳だとなかなか気づかないのだが、ミルクは量が一目瞭然なので
親は何か異変が起きているのではないか、と
心配になって相談をしてくるのだ。
当時は小児科医でも、こういう事実はつかんでいなかったから、
学会発表まですることになった。

今私がしている仕事で言えば、「熱が出たので受診したい」
という相談も、これと同様のケースだろう。
発熱→受診というパターンは、小児科医にとってはめずらしくなく
医師にとっての「なぜ」は、発熱の原因を探すことだから、
これまではそれ以外のことはほとんど注目されずに、
そこで話が終わってしまっていた。

でも、相談という相手仕様のワンクッションを置いてみると、
別の「なぜ」、つまり相談者にとっての問題が見えてくる。
相談者は、一見発熱→受診というワンパターンの行動を
とっているように見えるが、必ずしもそれを唯一の解決法と
考えているいうわけではない、ということである。
「顧客が欲しいのはドリルじゃない。穴なんだ」
と言ったレビット教授にならっていえば、
「相談者が欲しいのは診療じゃない。病気への対処法だ」ということである。
つまりそこでは受診以外にできることという、
相談者にとって解決されるべき問題は、
いまだ未解決のままだということであり、
トピックとは未解決問題でもあるということだ。

トピックをとり出す上で、インタビュー(コミュニケーション)能力が
問われることは間違いないが、それだけではダメで、
ひとつひとつの事例を反省的に分析する作業が不可欠である。
戻っては進み、進んでは戻るということを繰り返しているうちに
見えてくることこそが重要なトピックなのである。
高速道路を一気に行くより、一般道をジグザグに進む方が
多彩な景色を楽しめて、旅の醍醐味を味わえるというのと
似ているかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

母の日に

母の日の前日の土曜日。

私(特に期待するわけでもなく)「明日は母の日だあ」
息子「今年はなんにもありませんから」

もっともこの数年、ずっと何もなかったのだから
今年に限って別に珍しいわけじゃないのである。

そして当日。

レッスンの後、カフェで岡田斗司夫著「評価経済社会」を読み終え
デパートで好物のメカジキの刺身を見つけたので夕食に、
ついでに物産展をうろうろして「堂島ロール」を買う。
ロールケーキが騒がれている風潮は知っていたものの、
特別好物でもないので、今まで手を出したことはなかった。
でも、今日はお母さんの日だしね、
たまには我が家の定番のトップスのチョコレートケーキ
じゃなくてもいいだろうと、新顔に手を出す。
帰宅したら出かけたはずの息子はすでに家に帰っており、
まもなく夫も帰ってきて
「ケーキ買おうかと思ったんだけどさあ」とか言っている。
「いいよ、自分で買ってきたから」と話していたら
息子曰く

「おかあさんにヘッドセットを買ってきました。

最近左耳の聴力が少し落ちているみたいなので
いつもスピーカーフォンにして話をしているのを見て
前から「ヘッドセット使えば?」と言っていたのだ。
そんな大枚はたいちゃって、小遣いが減っちゃうだろ?
という言葉はぐっと飲み込む。

さて、岡田斗司夫さんの「評価経済社会」は
貨幣経済社会の後には評価経済社会が来る、という主張を、
歴史の視点なども絡めて読みやすくまとめている。
「食い扶持は他人からの評価」と聞くと、
なんだか人気商売の推奨みたいで、いかがわしい感じもするが
古代、中世、近代という時代の変化がもたらした
パラダイム(価値観)変化を、農業革命や産業革命などの
生活変化を根拠に解説しているのはなかなか説得力がある。

「モノ不足、時間余り」から「モノ余り、時間不足」の時代を経て
現代は「モノ不足、情報余り」というのが岡田さんの解釈である。
ここでいう現代のモノとは「資源・土地・環境に対する有限感」を指しており、
だから現代の若者はいかに(モノ)資源を使わないか、
いかにモノを作らないか(環境を損なわないか)と考えるので、
これまでの時代に当たり前だった、あくせく働いて金を稼ぐ
というような生活の仕方を嫌うのである。

現代人が「気分」で動いており、
一人十色と言われた、多重人格にも見えるような多面的なありようは
すでに20年以上前から兆しとして捉えられていたが、
情報余り、つまり情報の解釈の多さという補助線を引いて考えると
なんでアイデンティティという言葉が使えなくなってきたのか
ということも含めて腑に落ちる。
で、そこから貨幣経済社会から他者から評価される評価経済社会への移行
という結論が導かれるのだけど、その実践編としての
岡田さんの「オタキングex」は、ユニークだとは思うものの、
なんだか檀家に支えられたお寺さんか、
信者からの献金で成り立っている教会のように見えなくもなく
正直、これのどこが新しいんだ?という感じもする。

まあ、パラダイムが激変しようとしていることだけは確かなのだけど。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

連休

今年の連休は4月29日から5月2日まで
久々に蓼科のセカンドハウスへ行ってきた。
数日前にも雪が降ったという情報があり、
寒さにちょっと気が重かったが、着いてみたらそうでもなく
ストーブを焚いていれば快適だった。

別荘地の中には新しい山荘もちらほら。

004_convert_20110503154856_3

003_convert_20110503154832_4


おしゃれな車も止まっていたりする。

001_convert_20110503105504_3

なんだか今年は白樺の木肌の色がやけに美しい感じがする。
昨年の暑さが影響しているのだろうか?

今回、夫はベーコンづくりに挑戦するのだと
我が家でピックル液に漬け込んだばら肉を持参。
ほかにチーズとイカなども買い込む。
息子はちょっと前から凝り始めたウオッカベースの
カクテルのために、やれオレンジジュースだ、レモンジュースだ
(ほんとはライムジュースが欲しかったらしいが)とうるさい。

私は山で仕事をするために用意しておいた
ソフトバンクの通信モデムC01LCと、
ワンセグがどのくらい見えるかチェックするために
ソニーの風呂用テレビを持参。
ついでに文庫本を2冊。
ワンセグはNHKも含めて5局くらい映ることが分かる。
しかし、画像はきれいだが途中で突然止まったりもする。
アナログテレビは画像はメチャメチャ悪いが
止まるということはない。
どっちがいいか、ビミョーだ。

着いた翌日さっそく燻煙器を手製する。
といっても段ボールに肉を吊るす棒を2本刺すだけ。
あとは七輪の上の網にアルミホイルを敷きチップと
ザラメを混ぜておいて下から炭で加熱しているところに
かぶせるだけである。
塩漬けしたばら肉は2~3時間 塩抜きし、一晩外で乾かし
イカは現地で下処理して、やはり数時間乾かす。
チーズは肉を吊るす2本の棒の上に網を置き、その上に。

七輪に炭を入れてしばらくすると煙が上がり始める。
よしよし、と思ってしばらくすると煙が出なくなる。
チップが少ないのかと思いきや、案外火の持ちが悪い。
5時間くらい燻蒸するみたいだが、
火もチップも継ぎ足しながらやらないとダメみたいだ。
でもずっとついているいるというのもつまらないので
チップと炭をたっぷりと継ぎ足して
恒例の「ストーブハウス」を覗きに行くことに。

まずは「ストーブハウス」の向かいにある
「イル・ポルト」の遅い昼食を目指すことにする。
http://www.lcv.ne.jp/~ilporto/
いつも混んでいて、なかなか入れないのだが
今回は家族3人で運よく入れた。
それでも30分は待たされたが、なかなかおいしかった。
北欧料理、牧場料理など、お気に入りの店がだんだん増えてくる。
でも楽しみだった「ストーブハウス」の雑貨は、
あいにく原村店に移ってしまい、蓼科店はストーブ専門店になっていて、
これはちょっと誤算だった。

昼食後は新しい温泉を確認して帰路に。
帰ったらベーコンができあがっていた。
ちょっと塩辛いが、とりあえずベーコンになっている。
持参した根菜類と炒め煮にしたら、たいそう美味だった。

それにしても今回の最大の誤算は通信モデムがつながらなかったこと。
家では計画停電の時にちゃんと働いたのに
山では圏外で結局仕事にはまったく役に立たなかった。
管理事務所がインターネット接続サービスをやっていてくれたから
よかったようなものの、これではモバイルオフィスにならない。
なんでもデータ通信は携帯の電波とは
違う電波を使っているからだそうだ。
う~む。なかなか理想的なオフィス環境が実現できないなあ。

孫さ~ん
「どこでも携帯」実現してくださいな。
お願いしますよ~~~

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »