« トピックの要件 | トップページ | 表相と深相の間をとりとめなく »

2011年5月17日 (火)

備えがないって・・

今回の震災で何か得ることがあったとすれば、それは
今まで見えなかったことが、いろいろ見えてきたことだろう。

原子力発電所は安全確保に万全の注意を払っているものと思っていた。
でも実際には、津波であっという間に機能不全に陥るようなシロモノで、
しかもそれに対してほとんどお手上げ状態がいまだに続いている。
いくら地震の静穏期に建てられたものが多いとはいえ、
この地震国でなんで海岸沿いに建てるのかというのも不可解だが
津波で被害を受けるかもしれない、という想定はほとんどされていなかった
というのは、それ以上に驚きだった。
(被害を受けないで済む津波、というのは想定されていたみたいだが)
原発建設は国策としておこなわれており、だから
立地についても、機能についても安全性に関しても、その根拠は
多額の税金を投入してもらうための形だけのデータでしかなかったらしい。

原子力発電がもっともコストが安いという説明も、
どうやら根拠は怪しいらしく、そこには政官財が絡んだ
巨大な利権構造があって、それを維持するためには
できるだけ国民に情報を出さない、というのがお約束みたいである。
もちろんそれには何かにつけてエラそうなメディアも1枚噛んでいる。

昔ミステリから学んだことは、犯人を割り出したければ
利害関係がどうなっているかを把握しろ、ということだった。
それによって誰が得をするか、を突き詰めれば犯人をつきとめられる
というのはミステリの王道だけれど、これは人間社会の本質でもある。

「制御によって安全を確保しようとするのが間違い」
という『危険学』の畑村洋太郎氏の意見や
「あってはならない」と思いたがる日本人の完ぺき主義が
事態が起きた後の対処について考えることを妨げてきた
という浜矩子氏の意見は、いちいちもっともだけど
欲に目がくらむと、自分がどういう人間かも
分からなくなっちゃうということなのだろうか。

だから事後の対処もままならず、
市町村にはすでに400億円の義援金が配られているのに
実際に被災者の手元に渡ったのはまだ9億円強という
ニュースなどを聞くと、生活現場に接しているはずの自治体には
ほんとうに臨機応変という備えがなかったのだなあ
と思わずにいられない。
よくこれで今までが務まっていたものである。

被災地でなくても、それを象徴するようなできごとには事欠かない。

いつも行くA図書館は今回の地震の影響で
建物の危険が増し、しばらく使用中止ということになった。
なので、予約した本は、震災以後はもっぱら
ひと駅隣のB図書館に取りに行っている。
震災前に予約した本が準備できたとネットで連絡が入ったが
受け渡し場所はA図書館になっている。
でも市の図書館HPには、A図書館では受け渡しができないので
他の図書館で受け取るように、と書いてあるのだ。
このところ何回もB図書館に受け取り、返却に行っているし、
ひょっとして気を利かせて、B図書館に回しておいてくれているか、
まあ、そんなことあるはずないよな、と思いながら行ってみる。

もちろんそんな気の利いたことは起きていなかったが
職員の人がA図書館に問い合わせてくれて
A図書館で受け取れることが分かった。
そして曰く
「正面ではなく裏で受け渡ししています。
これ、あんまり公にはしていなんで」

で、A図書館に行ってみたら、正面玄関の所に
「予約本の受け渡しは裏の駐車場でやっています」という立札が。
裏へ回ってみるとテントを立てて机を置き、
男性職員が2名、ぽつねんと座っている。
ひとりが本を取りに行っている間、もうひとりと少しお喋り。
見上げると2階のガラスには結構ヒビが入っており
建物自体も相当老朽化していて、現状では再使用は無理とのこと。
復興を考えてはいるみたいだが、まだ具体的には進んでいないので
とりあえず予約本の受け渡しだけをやっている、という感じだ。

しかしそれにしても、
「建物は使えないが本の受け渡しはやってる」
ということを、どうしてHPでアナウンスしないのだろう。
余計な情報を出すと、いろいろ問い合わせが来て、
対応しきれないと考えているのだろうか。
まさか外で対応しているので、電話がかかっても応対できないから???
行政というのは不思議な職場である。


『3.11もブレなかった東京ディズニーランドの優先順位』
(日経ビジネスオンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110512/219929/?P=1

とくらべると、まったくえらい違いである。


ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« トピックの要件 | トップページ | 表相と深相の間をとりとめなく »

コメント

図書館は「サービス業」ではない、という前提に立っているからかもしれないですね(^^;
「お客」というの立場からすると、「お前ら、たるんでるぞ!」という気持ちになると思いますが、両者の間で前提が違っているような気がします。
まあ、東電社員も記者・編集者も政治家も財界も官僚も医師も教員も、みな、エビス顔+揉み手で「まいどおおきに」的な職業だという意識はないと思います。
私たちの怒りの原因は、彼・彼女らとの間に共通前提をもたないところにありそうな気がします。

投稿: ハタ | 2011年5月18日 (水) 06時40分

ハタさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

別に「お客さまは神様」と思って
もらわなくてもいいのですが、
(下心が透けて見える揉み手なんて
ゾッとします)
「利用者」という認識くらいは
あるはずだと思うのですよね。
だったら「利用者」にとって何が
必要か、くらいは考えてくれても
いいように思います。

>東電社員も記者・編集者も政治家も財界も
官僚も医師も教員も

みんな何かの利用者でもあるわけだし、
利用者がいなければ成り立たない仕事
をしているんだからー。

投稿: pinoko | 2011年5月18日 (水) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51649511

この記事へのトラックバック一覧です: 備えがないって・・:

« トピックの要件 | トップページ | 表相と深相の間をとりとめなく »