« SFというもうひとりの自分 | トップページ | オープン・アーカイブ »

2011年6月 8日 (水)

「The door in the wall」

FC東京はJ2に降格したが、応援団はJ1から継続している。
今回は場所が駒沢競技場ということもあり、近くで開業している
仲間のドクターが二次会をセッティングしてくれて、
いつものイレブンで観戦ということになった。

爽やかな風が吹く応援日和だったが、試合は先制したにもかかわらず
後半愛媛FCに追いつかれ、結局引き分けで終了した。
選手が若返ったせいか、以前より積極性は増したように見えるが
愛媛FCのようながむしゃらさが感じられない。
これを都会っ子のせいにするのは当たらないだろう。
だって選手の出身が東京とは限らないわけだし。

試合後、うなだれてサポーターにあいさつ回りしている選手に
「それでいいと思ってんのか」という怒号が浴びせられるのは
見ていてあまり気持ちのいいものではない。
孫のような世代の選手たちが、のびのびと試合ができるようになるためには、
どういう鼓舞の仕方がいいのか、同年代からの叱咤激励というのも
ありだろうとは思うが、なんかいい方法はないものか。

二次会は「TSUNAMI」というハワイ料理のお店。
駒沢という場所柄か、なかなかおしゃれである。
30年前の新婚旅行で食べたような魚料理があるかと思ったが
今回はなく、でもデザートのフルーツを盛ったパイナップルは
酔っ払いついでにみんなで破壊しつくして、しゃぶってしまった。
ただ11人ともなると、必然的に話ができる人は限られてくるし
話がどうしても懐古的になるのも、年代的にしかたがないのかもしれない。
サッカーの話から足のしびれの話、写楽から映画へと、
話題はひとところに留まらず、あちこちに飛び、行方が分からない。

ひとりが、高校の英語の授業で読んだH・G・ウエルズの
「The door in the wall」が印象的だったという話になったので
どんな話なのかと聞くと、壁にドアがあって、
それを開けるとどうのこうの、という内容だという。
へえー、『アジャストメント』という映画もそういう映画だったよ、
と口をはさむが、ほとんど気にも留められず話題はうつる。
この日は風邪の引き始めだったこともあって、
やっと家に帰りついたあとは、頭痛に悩まされながら眠りについた。
翌日は声も枯れて、これはもうほんものの風邪である。

気力がわかないので、ぐうたらついでにふと思い立って
「The door in the wall」の邦題を調べてみた。
すでにいろいろな訳が出ており、題名も「塀についたドア」
(なんとも野暮ったい題名だが)とか「くぐり戸」とかいろいろである。
ウエルズの「タイム・マシン」という短編集に収載されていると
分かったので、図書館で借りて読んでみることにした。
ところがこれが『アジャストメント』にビンゴ!だったのである。
筋立ては、ディックの「調整班」よりむしろこっちの方が近い。
ドアの向こう側の描写も、本の中に人の動きが見える
というアイデアも、ちゃんとこの本の中に出てくる。
映画『アジャストメント』は、ウエルズとディックを
ミックスしたものだったのである。
「アジャストメント」の原作で解説者が
「あまりに原作と違うので、映画を観た人は呆然とするだろう」
と書いているのは、ウエルズまで手が回らなかったということか。

ウエルズのドアが意味するところは、
後年ディックもエッセイで書いているように
現実の線形時間に直交する時間である。
ただウエルズの作品では、最終的に主人公はドアの中に入って死んだと
暗示されており、直交する時間を経験することは手放しで評価されていない。
これが書かれたのは1906年で、ディックの「調整班」は1954年、
ディックのエッセイ「人間とアンドロイドと機械」は
1976年の作であることを考えると、
ウエルズの時代には、現実の時間から一瞬でも降りること、
つまり、現実とは別の自分の存在を認めるというのは
思いもよらないことだったのだろう。
にもかかわらずウエルズは、そのことの意味をすでに指摘しており
そして2011年の現代、『アジャストメント』の主人公は
直交する時間に助けられてハッピーエンドを手に入れる。

作家の創造性とはかくも偉大なものなのである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« SFというもうひとりの自分 | トップページ | オープン・アーカイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/51888912

この記事へのトラックバック一覧です: 「The door in the wall」:

» 頭痛を根本から消し去る方法 [頭痛よサヨウナラ]
もしも薬・医者に頼らず短時間で頭痛を解消し頭痛が再発しない体質を作ることが本当に可能だとしたら・・・あなたは知りたくありませんか? [続きを読む]

受信: 2011年6月 8日 (水) 21時10分

« SFというもうひとりの自分 | トップページ | オープン・アーカイブ »