« はまる理由 | トップページ | 視能訓練士 »

2011年8月30日 (火)

黒子の生き方

クライアントの夏休みがやっと終わったので、まずは外苑前の髪結いへ。
途中で銀座のイトシア4階にあるヒューマントラストシネマ有楽町に寄り
『ゴーストライター』の13時のチケットを購入する。
この、テレビ番組みたいな名前の映画館は初めてである。
ロマン・ポランスキー監督の久々のサスペンスというところに
期待がかかっているのか、朝一番の回もお客は結構多い。
髪を切り終わって、交通会館の北海道どさんこプラザで海鮮松前漬けを買い、
開場10分前に戻ってみると、朝一番に続いて13時の回も満席とのこと。
先にチケットを購入しておいて正解だった。

『ゴーストライター』は政治がらみのサスペンスだが
昔のポランスキー映画に比べると怖さはずっと和らいでいる。
のっけからひと昔前のようなドタバタ調の音楽が流れ、
物語は緊張感あふれる、というより、むしろアタフタと展開する。
もちろん話自体は政治がらみのシリアスな内容なのだけれど
ポランスキーが、こういう音楽を選んだというところに
なんとなく彼の意図が感じられるような気がする。
つまり、世界は視点を引いて見れば、結局は力のある者が勝つ
という単純な構図に還元できてしまうのだけど、じゃあ、
それがどれほどの大きなことかといえば
単なるひとつの小さなエピソードに過ぎず、
見方によっては喜劇的にしか見えなくて、
結局何事もなかったかのように、世の中は淡々と流れていく
とでも言いたげなのである。
最初のゴーストライターが不審死を遂げ、首相も暗殺され、
結局2番目のゴーストライターも消されるわけだが、
なんでたかだか一度ベッドを共にしたくらいで、
最後の最後に首相の妻に彼女の正体を突き止めたことを
突きつけずにいられなかったのか。
まったく人間というのは、最初から分かっている結末へ、
自ら飛び込んで行く不思議な生き物だとでも言いたげである。
そういえば、カーナビで目的地をデスティネーション(destination)
と呼ぶというのは初めて知った。
これがdestiny(運命)から来ていると考えると、なかなか意味深である。

そして今日は『英国王のスピーチ』をギンレイに観に行く。
アカデミー賞(作品賞、主演男優賞、監督賞ほか)をとったとはいえ、
クラシックな話だし、人情ものはちょっとと思いながら躊躇していたのだが
これが見事にはずれてくれて、なかなか見ごたえがあるいい映画だった。
ジョージ6世が言語セラピストとともに吃音を克服していく
という実話が元になっているが、ジェフリー・ラッシュの言語セラピスト、
ローグはオーストラリア人であり、セラピストと言っても医師免許も持たない
在野の実践家であって、権威を有していないという意味で
イギリス社会において大きなハンディを持っている。
一方コリン・ファースのジョージ6世は、王でありながら
吃音というハンディを抱えており、その意味でこの2人は似た者同士なのである。
とはいえ階級差が現代よりさらに歴然としていたこの時代に、
この2人が人間として対等な関係を結び得たというのは、
ほとんど奇跡に近いと言っていいだろう。
この奇跡の物語が、イギリス特有のユーモアをちりばめられながら進行する。
ローグとともに困難を克服したジョージ6世が、「ともに困難を克服しよう」と
国民に向かっておこなうスピーチは、戦争突入のためとはいえ感動的である。

ゴーストライターも言語セラピストも、本来は決して表へ出ることはない黒子である。
しかしジョージ6世はローグに爵位を与えることによって、その存在を明らかにし
表舞台が裏方によって支えられていることを公にした。
一方現代は、情報開示が進み開かれた時代であるように見えて
ゴーストライターは、あくまでもゴースト(黒子)でしかない。
場合によっては、ほんとにゴーストになっちゃったりする。
ゴーストに支えられていることを明らかにできない現代は
昔に比べると懐が浅くなっているということなのか、
あるいは舞台そのものがなくなりつつあるということか。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« はまる理由 | トップページ | 視能訓練士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/52605459

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子の生き方:

« はまる理由 | トップページ | 視能訓練士 »