« 残酷な芝居 | トップページ | 責任と権限 »

2011年9月20日 (火)

悪魔の選択

小児科医のMLでは、福島は安全かどうかでバトル状態である。
危険を回避する方法は、除染、移住などいろいろあるかもしれないが
セシウム137の影響にしても、実際のところはよく分かっていない。
ホットスポットの測定値なども公表されるが、この値だって
風任せ、雨任せのところがあることを考えれば、
どこにいれば安全ということだって確定できないと
考えた方がいいんじゃないだろうか。

昨日の毎日新聞「核心」で大江健三郎さんも書いているように
http://jibetarian23.blog116.fc2.com/blog-entry-776.html
危機に際しては、腹を括るという態度が大事だと思う。

そんな昨日は、CSでスティーブン・キングの『悪魔の嵐』を観る。
これは以前にNHKでも放映したらしいが、観たような観なかったような
あいまいな記憶しかないから、たぶん一部しか観なかったのだろう。
原題は『世紀の大嵐』(STORM OF THE CENTURY)で
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=159762
私はこちらの方が、時間を感じさせて内容がよく分かるようにも思う。
主演の男優は『プライベート・プラクティス』に出ているティム・デイリー。
この人のお姉さんはタイン・デイリーで『ダーティーハリー3』に出ていた。
ハンサムな弟とはあんまり似てない(笑)が、印象に残る女優である。

話の筋は、孤立した島へ不気味な訪問者(人間の形をした悪魔)が
やってくるところから始まる。
前半2/3は、自殺、殺人、不審死といった
キングらしいコワ~イ場面の連続だが、後半1/3くらいから、一転して、
サンデル先生の授業みたいな密度の濃い内容になっていく。

悪魔の後継者として、こどもをひとり差し出せば
島民みんなの命を救ってやる。
差し出さなければ全員死んでいくことになる。
どうするか自分たちで決めるように。

と言われて、一番可能性のありそうなこどもの父親以外は
全員こどもを選ぶことを選択する。
(ここで、こどもの母親もそれに賛成するところが、
いかにもアメリカンミソジニーである)
この時点では、誰もが自分の子はなんとか
クジから外れる(外れてほしい、外れるはずである)と思っている。
で、当のその子が当たってしまったときになって、母親は半狂乱に。
他の島民は、誰かの犠牲の上に自分たちの命が救われたことに
若干の罪の意識を感じつつも一件落着、と安堵している。
まったく今まで助け合って生きてきた共同体の一員だって
いざとなったら自分が一番かわいい、と言うのは
自明なこととはいえ勝手なものである。
こどもは悪魔に連れ去られ、こどもの父親は妻と別れて
島を出ていき、自分の人生を再構築するが、抜け殻状態である。
妻はそれ以来、ずっと精神科にかかっているのだが、
最後までこどもは嵐に巻き込まれて海で死んだと言い続ける。
悪魔に「このことは決して口外してはならない)と言われたこともあるが
もちろん、自分がこどもを悪魔に渡す選択をした、
という過酷な事実を認めることができないからだ。
だから精神科医には「あなたは何かを隠している」と言われる。

まったく今の私たちが問われているような話である。
世紀の大嵐(地震と津波)がやってくるまで
そんなシビアな選択に迫られる事態がやってくるとは
想像もしなかった、愚かな国の愚かな私たち。
原発を選択した時点では、犠牲にするのは、
たかだかこどもひとりという程度の意識だったのかもしれず、
事故が起こるまでは、なんとかクジには外れてほしい
(外れるに違いない)と思い込んでいたのかもしれない。
くじ引きに参加するということは、当たりもあり得ると
その時点では思えないところが人間の見通しの悪さ、
というか抜きがたい愚かさというか。

大江さんも書いているように、明日は我が身だと思えば
今できることは、原発を享受してきた私たち全員が腹を括ることで、
本当は、原発を選択する時点で、全員が犠牲になること
(エネルギー消費大国を選択しない)を引き受けるべきだったのかもしれない。

せめて、こどもは海で失くしたのだ、というごまかしだけは
しないようにしたいと思う。


ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« 残酷な芝居 | トップページ | 責任と権限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/52779615

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の選択:

« 残酷な芝居 | トップページ | 責任と権限 »