« 『家族の庭』 | トップページ | 『見知らぬ国の踊り』 »

2011年11月15日 (火)

自堕落な人生

FC東京の応援団は、別名「自堕落倶楽部」。
第二の人生に突入したからには、できるだけ自堕落に人生を謳歌しよう
という気持ちを込めて命名された。
もっとも「自堕落」とわざわざ言わないといけないところに
なかなか自堕落になれない世代の真面目な悲哀が表れているともいえるが。

昨日はシネフィル・イマジカで『ジョー・ブラックをよろしく』を観る。
断片的には観たことはあるものの、ちゃんと最初から観るのは初めてである。
ブラピの映画は何本か観ているが、若いころの映画はほとんど観たことがなく
なので熱狂的なファンというわけでもない。
でも、最近の成熟したブラピはなかなか好ましいので
この感じがどこから来ているのかを知りたくて、
チャンスがあると遡って観ているのだ。
「若くてハンサム」から「円熟した」へとうまく年を経ている俳優の双璧は
ショーン・コネリーとブラピかもしれない。

この映画では、ほんとに美しいブラピ(ジョー)が観られる。
それが「死神」というところがこの映画のミソだろう。
誰もが恋をしてしまうほど美しいのが、死神の死神たるゆえんかもしれない。
うぶで軌道を外れた妙なおかしさと、何をするか分からない怖さとが
混在した複雑な役柄はブラピならでは、か。
選んだのがアンソニー・ホプキンス(ビル)だったのは、
死神がかれの娘に恋をしたからなのか、
それとも、偶然選んだ対象の娘(スーザン)に恋をしたので
かれの目の前に現れることにしたのか、そこははっきりしないが、
ともかく死神はその日が来るまで、ビルにぴったりと同行する。
それで事態がどんどん変わっていく。
会社同士の合併の話はなくなり、誕生日パーティの趣向にもビルは上の空である。
人間は、死が視野に入ってくると思考のしかたが変わる。
ジョブスがスタンフォード大学での講演で言っていたのもそういうことである。

ジョーはスーザンに恋をして離れがたくなり、
結局ビルを連れて去ったあと、スーザンのところに戻ってくる。
クレア・フォーラニ(スーザン)は、
死神(ブラピ)が恋するだけのことはある美しさである。
これを、死んだはずの青年がよみがえったとする解釈もあるらしいが
それだと話はあまりに非現実的のような気もする。
むしろ死神だからこそ戻ってきた、と考えるのが自然じゃないだろうか。
人は誰でも死神に恋をされており、
その恋は、死という形で必ず成就するということなのではないか。
ファンタスティックな美しい映画だが、なかなか内容の濃い映画でもある。
つくづく、ちゃんと通して観ることは大事だと思う。

通して観ると言えば
『インセプション』も先日やっと通して観て良さが分かった。
ちらちらと断片だけしか観ていなかったときには
荒唐無稽さだけがクローズアップされ、
そういうのをCGを見せられてもなあ、という思いが強かったが、
無意識を共有する話だと分かると、CGなしでは
この映画が成り立たなかったということがよく分かる。
無意識は常に脈絡がなく荒唐無稽だから
これを徹底的に描こうと思ったら、CGじゃなければ不可能だろう。
それを階層化して説明しようとするところは
いかにも西洋的だが、そうじゃないと
世界的には分かりにくいかもしれない。
日本人なら、無意識の一番底へ降りてしまったとしても
それはそれで充分生きるに値する、と考えるはずである。

この2本は、どちらもCSとBSで観た。
最近はこんな調子だから、もう地上波を見ることはほとんどない。
WOWOWは3チャンネルになり、
そのうちのひとつは映画ばかりやっているし
CSではしょっちゅう昔の映画やテレビドラマをやってくれる。

昔見逃した『グレイズ・アナトミー』だって、DVDをレンタルしなくても
ちゃんとシーズン1から観ることができるのだ!
おかげで、メレディスとデレクがどんな紆余曲折を辿ったか、
クリスティーナがどんな経験をしたのか、ちゃんと過去を知ることができる。
クリスティーナがメレディスのこどもの後見人になることの重さは、
こういう経過を知らないとなかなか分からないだろう。
もちろん、カレフやイジー、ジョージやベイリーのエピソードも、だ。

人生の価値は、過去の積み重ねが分からないと理解できないが
そのためには自堕落が必須条件なのかもしれず、
だから年を取ることが必要なのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 『家族の庭』 | トップページ | 『見知らぬ国の踊り』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/53248988

この記事へのトラックバック一覧です: 自堕落な人生:

« 『家族の庭』 | トップページ | 『見知らぬ国の踊り』 »