« ネットワークとは言うけれど | トップページ | 暮れの行事 »

2011年12月23日 (金)

宴のあと

今年のクリスマスは家族全員の都合が合うのが23日昼しかなく
結局全員で家でランチということに。

001_convert_20111223151610

ほんとは金)に宅配で届く材料を使って
(といっても鴨のローストとか豚タンのスモークとか
切ればいいだけのものだけど)メニューを構成
するはずだったのだけど、何を頼んだか忘れてしまったのと
宅配の時間がちょうど昼にかかって、
料理が間に合いそうもないので、
急遽以前に買っておいたローストビーフと
夫が食べたいと言い出して買い出しに行った蟹に、
シーフードスパゲティというごくふつうのランチになってしまった。

しかし番狂わせというのはあるもので、
今日食べるために注文したわけじゃなかった
殻つきのマカデミアナッツで、宴は思わぬ盛り上がりを見せた。

殻つきのアーモンドというのもなかなか美味だけど
殻つきのマカデミアナッツというのはハワイでも食べたことはない。
外見は、まさにハワイ土産のマカデミアチョコレートである。

どうやって殻を割るか、みんなで知恵をしぼる。
以前はくるみ割りがあったのだが、クルミの殻を割る機会はそうないまま、
そのうちに紛失してしまったので、まずペンチを探すが
こういうときに限って見つからない。

料理用のハサミには、何かを割るのに向いていそうな部分があるが歯が立たず。
ドライバーでつつく人もいるが、これも全くダメ。
修理好きの夫はウォータープライヤーを持ち出してきたが、
これだと粉々になりすぎる。
殻が大きく割れて、大きな実が取り出せないと味わえない。

「こんなに固いのに、ちゃんと芽が出てくるんだから不思議だよね」とは
理屈が先行しがちな息子。
見ると、ちゃんと小さな穴が開いている。
芽はたぶんここから出てくるのだろう。
トンビの才能がある娘は、もっぱら成果が上がるのを待つのみである。

サルはこういうときどうするだろうか、と考えてひらめいたのは金槌。
ベランダに転がっていた石を台にして、その上にマカデミアナッツを置き
金槌でたたくと、これがバッチリだった。
上手に力加減をすると、指で割れるくらいのひび割れで実が取れる。
苦労して割った中身の味は格別である。
結局大盛り上がりの中、この方法で全部食べつくしてしまった。

写真は
「2011年のクリスマスは殻つきマカデミアナッツで盛り上がりました」
という記録です。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« ネットワークとは言うけれど | トップページ | 暮れの行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/53550514

この記事へのトラックバック一覧です: 宴のあと:

« ネットワークとは言うけれど | トップページ | 暮れの行事 »