« 宴のあと | トップページ | 以心伝心 »

2011年12月29日 (木)

暮れの行事

昨年に続いて、今年も義兄(夫の姉の夫)の家で餅つきを敢行する。

義兄は数年前に佐原の農家を買って移り住み、
定年後もIT企業勤務と日曜農家の兼業をこなしていたが
手術を機に退職し、農業一本になった。
001_convert_20111228095319
久しぶりに訪ねてみたら温室が建っている。
冬にこの中で過ごすのは、至極快適そうである。


農業といっても、身内が恩恵にあずかるだけだが
ジャガイモ、玉ねぎ、かぼちゃ、にんにく、ニンジンなど
収穫物は多彩である。
ビワや柿、キウイなんかもおこぼれにあずかれる。
来年あたりはベリー類も期待できるかもしれない。
義兄は昨年餅つきを企画しながら、
仕事で参加できなかったので今年は人一倍力が入っている。

どういうわけか昨年はもち米の蒸けが悪かった(芯が残った)ので
今年は、まずその改善に手をつけることから始まった。
義兄が振り水の回数や量を変える実験をして
これならOKという方法を確定。
今まで自分流にやってきた義姉は、そんなことで改善するだろうか
とやや不満気である。

義兄には
「昔の人がやってダメだと分かったことだからさあ、それは除外だよ」
と言われたが、蒸すのではなく、炊く方法を試したいと主張、
やってみた結果、この方法では米が柔らかくなりすぎることが分かった。
焚く方法だと水分の調節が難しいのである。
蒸す方法は、蒸け具合を時間で調節することができる。
餅を搗くには、米を蒸すのがよいということに落ち着いたのは
これが理由だと分かる。
昔の人は、ちゃんと不確実性に対応するための方法を
編み出していたのである。
何でも追試験は大事である。

当日は夫の兄弟姉妹が全員集合し、賑やかなことこの上ない。
前日から水浸しておいたもち米と蒸かし鍋も各地から集合し
義姉の台所のガスコンロを2台使って、1度に約4kgを蒸かす。
こういう伝統行事は、一番上の義姉が主導権を握っているが
昔やった行事とあって、みんな楽しそうである。

用意しておいた臼に蒸した米を移し、搗くのは男の役目である。
蒸す時間に比べれば、搗くのはあっという間。
こうして4時前には約15kgを無事搗き終わり、10数枚ののしもちができる。
結局振り水をしてもしなくても米は無事に蒸しあがることが分かり、
結構歯ごたえがある蒸け具合が搗くのに最適であることも分かった。
昨年のあれは何だったのだろうという疑問だけが残る。

コメを蒸している合間に男たちは義兄に促されて
キウイの棚の支柱を組み立てる。

002_convert_20111228095404

「このタイミングを合わせるのが大変だったのよ」と義兄。
夫は「事前に言ってくれれば道具を持ってきたのにー」
成果をいただく都合上、協力は必須である。

一番上の義兄は糖尿病で悪化した足の傷がまだ完全に治らず
歩行もままならないが、強力に参加表明し
彼の息子が病院から送迎を担当する。
お正月に夫の実家へ行くと、いつもなんとなく身内じゃないという
疎外感があったものだが、今や舅も姑も他界し、
集まっているのは義姉の家ということもあって、和気藹々である。
一番上の義姉は両親に継いで、最近配偶者も亡くしているが
娘たちと家を建て直し、近所のグループホームに介護士として
勤め始めて、生き生きしている。
1月1日の朝9時に「日本で一番早いニューイヤー・コンサート」
を聞きに行くのだそうである。
70歳をとうに過ぎているが、片道50kmを今回も車で往復した。
親と夫という枷が外れて、今が一番いい時期なんだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 宴のあと | トップページ | 以心伝心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/53595767

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れの行事:

« 宴のあと | トップページ | 以心伝心 »