« 医療にとっての聞き耳ずきん | トップページ | 宴のあと »

2011年12月22日 (木)

ネットワークとは言うけれど

薄型液晶テレビはずいぶん前に購入したものの、
我が家のDVD再生機には録画機能がついていなかった。
多彩な録画機能のある機器が安くなるまで待っていたからである。
でも、地上波デジタルに加えてBS、CSとテレビ電波の種類が
増えてきて、やはり録画機能が必要よ、ということになり
ようやく価格ドットコムで評価がよく、かつ安いP社の機器を購入。
ふだんP社の家電は敬遠している夫にはめずらしいことである。
これで好きな番組を見逃さずに録画できると喜んだのだが
そう簡単にはいかなかった。

配線はいつものように夫がおこなったのだけど
テレビから録画予約をしようとしてもできない。
で録画機から予約をしようとしたが、これもできない。
配線の仕方が悪いんじゃ?とここでまずひと悶着である。
たまたま録画をしようとしたのがWOWOWだったので、
WOWOWのHPの中をいろいろ調べまわってみて
ようやく、録画機のB-CASカードも契約しておかないと
録画ができないと分かった。
へえ、録画機にもB-CASカードがついているんだと
ぼんやりと思っていたのだが、こういうことだったのである。
でも追加契約がいくら1000円弱/月とはいえ、
録画のためだけに払うのはいやである。
録画の度にテレビのB-CASカードを差し替えるという人も
いるらしいが、それは面倒でしょ。

で、結局テレビのB-CASカードを録画機に差し替え、
地上波はテレビで、BSとCSは録画機を通して見ることにした。
録画機で見るときはテレビ画面を切り替えなければならない
という手間が面倒だが、しかたがない。
で、無事に録画できることも確認できた。

でもテレビからは録画予約ができないのである。
BS、CSに関しては、録画機からしか見られないから
これはまあ仕方がないことにしよう。
でも地上波についてもテレビから録画できないのは不便じゃないか?
我が家のテレビはS社製で、
息子に言わせると、これは両社のアルゴリズムが違うからだそうだ。
「なんでテレビはS社なのに、録画機はP社にしたんだ」と
息子は不満そうである。
今の時代は、そこまで考えなければダメなんだそうである。
ちなみに彼のパソコンは、BS、CSどちらのチャンネル設定も
できるようになっているが、今のところ必要性を感じていないらしい。

うむ。若いやつらはほんとにテレビを見ないのね。
その割には、映画やテレビの番組について
よく知っているみたいだが、いったいどこから情報収集しているんだろう。

インターネット接続ができてパソコン機能もついた
携帯電話があればいいのにと思っていたら、スマートフォンが出てきた。
今やテレビでもインターネットに接続できる。
それはそれで何かと便利だろう。
でも、メーカーが同じじゃないと、
テレビと録画機がつながらないなんて、
お母さんもお父さんも仕事を持って働いているのに
家へ帰ると言葉が違うので話がかみ合わない家族みたいだ。
そりゃ、家族同士で話がかみ合わないというのは
よくあることだけど、これは同じ言語を使っているから
かみ合わないと分かるのである。
国際結婚をしている者同士だって、何とか意思疎通を図ろうと
歩み寄っているご時世だと言うのに・・。

家電メーカーが時代の波に乗り遅れてどうするの。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 医療にとっての聞き耳ずきん | トップページ | 宴のあと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/53541621

この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークとは言うけれど:

« 医療にとっての聞き耳ずきん | トップページ | 宴のあと »