« 不確実性の座標 | トップページ | 通りすぎる言葉、残る言葉 »

2012年1月27日 (金)

無料体験

友人が、エ○○○トロンの無料体験招待券というのを
くれたので、行ってみることにする。
「全身が電界に包まれて、ポカポカと暖かく体調がよくなる」らしい。
前日のレッスンで多少の筋肉痛はあるが、
特に体調が悪いわけではない。
でも面白そうなので純粋に好奇心から行ってみることにする。

場所は以前リサイクルウエアを売っていた店があったところ。
それが無料体験ショップに変わっている。
2列に椅子が並んでおり、お年寄りがちらほら。
前の方にはホワイトボードがあって、若い男性が何か講義している。
催眠販売か何かみたいな、ちょっと怪しい感じがして
ドアの所で躊躇していたら、饒舌に招き入れられた。

椅子の上には薄い湯たんぽのようなものが
置いてあるみたいで、座ると柔らかく暖かい。
若い男性営業マンは、親し気によくしゃべり
こちらの緊張をほぐそうとしている。
電位差を利用して細胞を活性化するとかで
小さな器具を使って電気が通っていることを体験させたりする。
血液ドロドロをサラサラにしてくれるという、ウソっぽい話も
電気と絡ませるといかにも信憑性がありそうに聞こえるのだろう。
厚労省の認可を取った、純然たる医療用治療器具だそうである。

すぐに効く人から効果が出るまで時間がかかる人まで
いろいろあるらしいところは、よくある誇大広告販売と似ていなくもない。
ホワイトボードを裏返すと、体験者が述べたと言う
効果効能がボード一杯に羅列されている。
曰く
便秘、飛蚊症、肩こり、花粉症・・・エトセトラ、エトセトラ

何にでも効きそうな雰囲気である。

お尻の下が暖かいのは確かに気持ちがよく
なんとなく筋肉のコリもほぐれてきたような気もしないでもない。
科学的説明はともかく、お年寄りたちが
具合がよくなった、という気になるのも無理もないかもしれない。
私の後から入ってくる人もいて、営業マンを中核に
部屋はサロン化し、体験者はお友達化している。
病院がお年寄りのサロン化するのとほぼ同じ構造だろう。
営業マンは饒舌なだけでなく、顔もいかにも
怪しい感じなのだが、なれなれしいトークは
お年寄りには案外心地よいのかもしれない。

別に器具を売りたいわけではなく
無料で体験してもらって、効果を知ってもらいたい
ということのようだが、そのあとがどうもよく見えない。
帰って調べてみたら、ド○○ートロンというのもあり
ほとんどこれと同じだった。

年を取ると誰でもさまざまな身体と心の変化に見舞われる。
それにどう対処するかは、いくつかのタイプに分かれる気がする。
変化があっても感じない鈍感タイプ
これは周りは苦労するが、本人は結構タフである。
変化を元に戻そうと、さまざまな対策を取ろうとするタイプ
こういう人が病院通いをするのかもしれない。
変化を受け入れて適応しようとするタイプ 
適応の中には誤魔化しの要素もあるが、これはこれでたくましい。 

トロンの無料体験などに来る人たちは、
3番目の適応型といえるだろう。
変化が元に戻らなくても、同年代とのお喋りとか
若い男性とか、別の次元で成果が得られれば
よしとしているようにも見える。

高齢化社会のビジネスチャンスは
案外こういうところに潜んでいるのかもしれない。

帰宅しようとバスに乗ったら若い女性がバスから降りられないほど
動けなくなっているのに遭遇した。
立っているのもおぼつかないほどふらついて、
財布からお金を出すことさえできずにいる。
運転手が心配そうに「これからどこかへ行く予定なの?」と聞いている。
救急車を呼んだ方がよさそうだし、内心、
今日の外出は取りやめた方がいいんじゃ?という感じだが
ようやくなんとか時間をかけてバスを降り、
ふらつく足取りで駅へ向かって行った。
さしずめ、こういうのは変化を感じない鈍感タイプだろう。
傍から見ると、とても遠出はできそうにないが
本人は出かけると決めた以上、初志貫徹するつもりのようである。
鈍感タイプはつまり、若いということなのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 不確実性の座標 | トップページ | 通りすぎる言葉、残る言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/53834642

この記事へのトラックバック一覧です: 無料体験:

« 不確実性の座標 | トップページ | 通りすぎる言葉、残る言葉 »