« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月22日 (水)

厳罰化を進めるもの

光市の母子殺害事件の加害者の死刑が確定した。
13年にわたる本村さんの闘いに、ようやく一区切りがつき
こちらも肩の荷が下りた感じがする(別に何かをしたわけではないが)。

この一連の経過では、いろいろなことを考えさせられた。

以前にも報道があったのかもしれないが
加害者の父親は非常に厳格で、しばしば彼に体罰を加えており
そういう家庭で唯一彼のよりどころであった(と思われる)
母親は自殺をしている。
こういう環境ですくすくと育つのは難儀だっただろうと想像する。
そしてこういう生育環境と更生可能性とが、
裁判の中で充分に審議され検討されたかどうかはよく分からない。
拘置所に収監中の彼を面接した心理学者は
感情が未熟で、他人に迎合しようとする傾向がある
というようなことを言っていたが(これは以前にも報道されている)
内面的な規範が未成熟な加害者が成熟するためには
ただひたすら自分でゆっくり考える時間を持つことが
必要だったのかもしれず、そういう機会を奪うことの是非
については、もう少し議論が必要な気がする。

差し戻し審後を担当した弁護団の意図もよく分からず違和感が残った。
弁護団が展開した「胎内回帰とドラえもん」の話は、
一般の感覚では反感を覚えこそすれ、
決して同情を買うようなものではなかった。
弁護団としては単純には加害者の未熟さを
訴えられないと考えて、テクニカルな手法をとった
のかもしれないが、むしろこれはこの弁護団の
現実感覚の不在と奇怪さを印象づけることに
なったのではないだろうか。

SNSでの法律関係者の書き込みを見ると
法律関係者でさえ一様に違和感を感じているようだから、
これは別に私の特異な感じ方というわけではなさそうである。
こういう弁護団がいる、というところで、あやうく
弁護士不信に陥りそうになったが、なんとか持ちこたえた感じだ。

SNSでの議論では少年犯罪の厳罰化も話題になった。
少年犯罪は減少傾向にあるのに厳罰化が進むというのも
不思議だが、珍しくなればなるほど恐怖も増すということか。
メディアが大げさに感情的に報道するのは、それが珍しいからで
珍しいー大仰な報道ーヒステリックな厳罰化 という
負のサイクルが進行中なのかもしれない。

以下はSNSに書き込まれた厳罰化傾向についてのコピー

先進国では共通して厳罰化が進行しており、
グローバリゼーションによる規制緩和とポピュリズム傾向が、
刑罰分野では自己責任、セキュリティー強化、厳罰化を進めている。
ニュージーランド・ビクトリア大学のPratt教授は
英米を中心に広がる厳罰化傾向をPenal Populism と呼び、
法と秩序の強化を求める市民グループや犯罪被害者の
権利を主張するグループが、一般市民の代弁者として影響力を強め、
刑事司法の専門家の意見が尊重されなくなると説明しているとのこと。

フィンランド国立司法研究所所長Lappi Seppala博士によると、
犯罪と受刑者人口比は独立した現象で、犯罪との闘いより
貧困との闘いを重視する福祉的国家ほど犯罪者に寛容だそうである。
政治的形態として、寛容さは合意形成型民主主義の国で選ばれ、
厳罰化は多数決民主主義の国に生じるそうで
合意形成型民主主義の国では意見の異なる相手とも
関係を維持する力が働き、多数決民主主義の国では
競争と対決が原則であり、危機を叫んで野党は与党を攻撃し、
攻撃的なメディアが力をつとのことである。

コピーここまで。

なあなあで何かを決める国は、議論を尽くして合意を形成する
のではなく、「みんながそうだから」という理由で物事を決める。

判決確定後の大手メディアは、一斉に
「匿名報道の必要性がなくなった」として実名報道に切り替えた。
この手のひらを返すような扱いは何だろう、と非常に不快だったが
東京新聞の記事を知って、少し救われる気がした。
http://photozou.jp/photo/show/1630226/122830129

更生とは少年刑務所の中だけでおこなわれるわけではなく
少年犯罪とは、特異な家庭環境だけから生まれるわけじゃない
ということを、少なくとも東京新聞は知っているのだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

匿名と非匿名のあいだ

最近になって、グーグルクロームの画面に
「クロームにログインしていません」という
メッセージが出るようになった。
クロームを使っているのに
クロームにログインしていない、
というのがよく分からないが
よく分からないので反応しないことにする。
データ収集のための戦略なのだろうが
グーグルもいろいろ考えているようである。

データ収集で面白いと思うのはアマゾンだ。
本だけでなくDVDや食品、衣料雑貨なども
購入しているから、いろいろな案内が来る。
利用し始めの頃は、お勧めの本の提案
という斬新さに仰天したものだが、
最近はあまり最新のデータ、という感じはしなくなった。
ひとつには、一時期息子の買い物を私が
代行していたこともあり、あまりにデータが雑多で
絞り込みができなくなったからなんじゃないかと思う。
絞り込みができなくて困惑し、それでも律儀に
メッセージを出しているコンピュータを想像すると妙におかしい。
もうひとつは、私にかぎらず、人間自体が複雑系で
秩序と無秩序の境界にいるからだろうけど
買う、買わないにかかわらず、情報収集のために
アマゾンを覗く、という閲覧情報は、どういう風に
分析されているのだろうかと考えると興味深い。

アマゾンのブックレビューにしても、
当初は役に立つと思ったものだが
レビューに従って購入してもピンとこなかった例を
いくつか経験するうちに、だんだん参考程度にしか読まなくなった。
当たり前のことだが、他人と自分は違うのに
どうしても、みんなと同じはず、同じでありたい
という方向に引っ張られてしまうのである。
レビューを読むことで、そういう自分がいる
ということが自覚できたのは収穫だったけど。

「ためらいのリアル医療倫理」は、著者の岩田健太郎さんが
自分のブログでアマゾンのブックレビューへの反論を
書いていたのを読み、ブックレビューを読みに行って、
ブックカフェで試し読みした結果買いになった本である。

患者に対する医療者の距離感は
みんながみんな同じではないというような、
当たり前の、でも誰もなかなか公に口にしないことが
内田樹風の口調で書かれている。
(あまりに内田風なのもどうかと思うけど)
だから、みんな機会があれば
お医者様と仲良しになりたがるのだろう。

天皇陛下の心臓バイパス手術の報道を見ても
それが当たり前なことがよく分かる。
医師団にとって、この手術だけは、

絶対

に失敗できないものだったはずである。
情報が完全にオープンになっている、
ということもあるが、なにしろ患者が患者である。

もし失敗したら、どのように事態を収集することに
なっただろう、とシミュレーションしておくことは
医療事故対策として案外役に立つんじゃないか
なんて考えたりする。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

『J・エドガー』

イーストウッド監督の最新作を観に行く。
期待以上の出来で、見終わって少々興奮気味の自分がいる。
ディカプリオは、特に好きな俳優というわけでもないが
イーストウッドがFBI初代長官のフーバーを描くとなれば
観ないわけにはいかない。
彼がアメリカをどう見ているか、という点にも関心がある。

フーバーの最初の仕事が国会図書館の情報システムの
整備だったというのは、この映画で初めて知った。
次に彼が手がけたのが犯罪捜査を科学的に
おこなえる機関の設立で、これがFBIである。
共産主義がアメリカの敵とされた時代、
社会秩序を破壊する誘拐事件、強盗などの犯罪を防止、
解決するためには、州ごとにバラバラだった
捜査局を一元化する必要があった。
この彼の着眼点は先見的で、さすがと思わせる。
しかしその後、この捜査手法の延長で要人の個人情報を入手し、
それを武器に8代もの大統領の間、権限を維持する。
時代が交差するめまぐるしい作りの中で
次第に明らかになってくるのは、
こうした彼の権限拡大のための振る舞いが、
実はフーバー自身のコンプレックスと
深くかかわっているということである。
それまで時代を行き来する形で水平に描かれていた物語が
急に立体的に立ち上がってくるこの部分は圧巻である。
アメリカという国が共産主義の脅威を強く感じていた時代と、
フーバーが他者に対して感じていた脅威とが
重ね合わさった結果、フーバーのFBIは成果を上げていく。
時代と呼応するというのはこういうことなのだろう。
フーバーの死と入れ替わるようにニクソンが大統領になる。
フーバーはあたかもニクソンのために
前例を作ったかのようにも見える。
イーストウッド監督の手腕が冴えを見せる部分でもある。

強い男がアメリカの理想とされた時代(今でもそうなんだろうけど)に、
自分はそうではないと認めるのは苦しかっただろうと思う。
彼の強い母親は、そうした息子の本性を決して認めようとはせず、
どこまでも強い男であることを要求し、彼はそれに応えようとして
違法捜査や情報操作を駆使することによって
外に向かって強い自分を作り上げる。
自分の強さを自分自身に納得させるためにはそうすることが必要だった。

唯一彼が心を許したのは、
秘書のガンディ(ナオミ・ワッツ)と副長官のトルソンだった。
この2人に対して彼は、ほとんど直感的な無防備さで関係を結ぼうとする。
ガンディには3回目のデートで結婚を申し込んで断られ、
しかし彼女は終生フーバーの忠実な秘書として独身を貫く。
トルソンを採用したのも確たる理由があったようには見えない。
確かに優秀で、しかもフーバーと同窓という条件は
客観的には信頼に足るものだが、採用1年半で片腕として
副長官に任命した理由はそれだけだったのだろうか。
そうやって片時も離れずにいるような状況を自ら作り出しておいて、
社会的な立場を有利に保つために女性との結婚を考えたりする。
この辺りは、権力を得ているからとはいえ、いかにも自分中心である。
もともとトルソンの方には、その気があったのだが
殴り合いになるまでフーバーはそれに気づかなかった
という風に映画では描かれている。
精神科医の斉藤環氏は彼を「アスペルガー障害」と呼んでいるが
フーバー自身が自分の気持ちを理解できず、
だから他者の気持ちが理解できなかったとは考えられないか。
『ソーシャル・ネットワーク』で双子のウインクルボス兄弟を演じた
アーミー・ハマーがトルソンを演じて印象的である。

ディカプリオもハマーもナオミ・ワッツも若い時と老け役の両方を演じている。
老け役はメイクアップも巧みで、それなりになりきっているが
観客である我々には若い姿が残像として残っているから
老け役になると、どうしても我に返ってしまうところがある。
しかし、この映画はそんなことはまったく問題にならない。
映画全体から、人物の厚み、時代と個人の関わり、
そこに込めた監督のメッセージなどがビンビンと伝わってくるのである。
イーストウッド監督の代表作といってもいいんじゃないかと思う。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

通りすぎる言葉、残る言葉

WOWOWで『クレアモント・ホテル』を観る。
http://www.crest-inter.co.jp/cl-hotel/
最近は映画館で見逃しても、ほどなく
ギンレイかWOWOWで観ることができるから嬉しい。

自分の家で独り暮らしをするのと、ホテルでの一人暮らしは
どういう風に違うのだろうと考える。
ホテルでの一人暮らしは食事や洗濯など
身の回りの世話はしてもらえる反面
食事は他の人たちと一緒、バスルームの使用も共同だったりして
(たまたまこのホテルがそうなのだろうが)
独り暮らしのように気ままにはいかないだろう。
でも面倒くささは元気でいるためのコストのような気もする。

孫のような青年に偶然助けられて、作家を目指している
彼のために自分の人生経験を役立てる、というのは、
なにやら新しいおとぎ話のような感じもするが
若い世代には、祖父母世代の慈愛は不可欠なのだろう。
青年役のルパート・フレンドはちょっと美形過ぎる気もするが
高齢のササが気持ちを許すための舞台装置
として必要だったのかもしれない。

一方97歳の私の伯母はマンションで独り暮らしである。
暮れにちょっと電話で話したこともあり、
久しぶりに帰国した妹と彼女の息子と一緒に訪ねることにする。
伯母の記憶があやふやで、ダブルブッキングしてしまい
危うく流れそうになったが、近くに住む叔母が
アレンジしてくれたので、近くのデパートで
「なだ万」のお弁当を人数分買って行くことに。

伯母は元音大教授で、昔は私にとっても怖いピアノの先生だったが
知的で前向きな生き方は、いつもお手本だった。
今では骨粗鬆症で歩行もおぼつかないが、
頭ははっきりしており、短期記憶が若干怪しいことを除けば、
話はふつうに展開する。
若いときにドイツに留学していたこともあり、
語学から文学、映画の話へと、お喋りははずむ。

現在も何人か生徒を教えているとのことなので、
生徒はいくつなのかと訊いたら、月1回来る生徒は81歳だとか。
他の生徒も60代とか、その辺のようである
「80になっちゃうと、数を数えるのとかはもうできないわね。
注意しても翌月来たときにはすっかり忘れているし」と相変わらず手厳しい。
81歳の生徒を97歳の先生が教えている図は
コメディっぽくて、ちょっと覗いてみたい気もする。

アレンジしてくれた叔母は元ビジネスウーマンの82歳で
2時間以上滞在すると伯母が疲れるからと
気づかって付き添ってくれたのだが、結局時間が経つのも忘れて
一緒にお喋りに没頭してしまっていた。
82歳が97歳を世話する図は、よくある老々介護だが
両方が元気だから言えることだとしても、想像するとほほえましい。

伯母の話はなかなか含蓄があり、
われわれ世代にとっては貴重である。
一方われわれの言葉は、おそらく伯母にとっては
過ぎ去る風のように流れていき、来訪の事実は残ったとしても
話の内容はほとんど記憶には残らないだろう。
しかしこういう会話も案外捨てがたいような気もする。

孫の世代が祖父母世代と一緒にいようとすることの中には
何を言っても受け止めてもらえるということ、言い方を変えれば
何を言っても水や風のように流れて去っていく安心感
というのがあるんじゃないだろうか。経験的に言っても。
私たちの言葉は伯母の中を通りすぎ
伯母の言葉は私たちの中に残る。
そういうアンバランスは、案外心地よいのである。

でも、自分たちが発した言葉は
それぞれ自分たちの中には残る。
高齢者は、案外自分が言ったことは覚えているものだ。
そう考えると、人が話をするのは相手に伝えるためというより、
自分の中に留めるためなのかもしれないとも思う。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »