« 匿名と非匿名のあいだ | トップページ | 虫の目、鳥の目 »

2012年2月22日 (水)

厳罰化を進めるもの

光市の母子殺害事件の加害者の死刑が確定した。
13年にわたる本村さんの闘いに、ようやく一区切りがつき
こちらも肩の荷が下りた感じがする(別に何かをしたわけではないが)。

この一連の経過では、いろいろなことを考えさせられた。

以前にも報道があったのかもしれないが
加害者の父親は非常に厳格で、しばしば彼に体罰を加えており
そういう家庭で唯一彼のよりどころであった(と思われる)
母親は自殺をしている。
こういう環境ですくすくと育つのは難儀だっただろうと想像する。
そしてこういう生育環境と更生可能性とが、
裁判の中で充分に審議され検討されたかどうかはよく分からない。
拘置所に収監中の彼を面接した心理学者は
感情が未熟で、他人に迎合しようとする傾向がある
というようなことを言っていたが(これは以前にも報道されている)
内面的な規範が未成熟な加害者が成熟するためには
ただひたすら自分でゆっくり考える時間を持つことが
必要だったのかもしれず、そういう機会を奪うことの是非
については、もう少し議論が必要な気がする。

差し戻し審後を担当した弁護団の意図もよく分からず違和感が残った。
弁護団が展開した「胎内回帰とドラえもん」の話は、
一般の感覚では反感を覚えこそすれ、
決して同情を買うようなものではなかった。
弁護団としては単純には加害者の未熟さを
訴えられないと考えて、テクニカルな手法をとった
のかもしれないが、むしろこれはこの弁護団の
現実感覚の不在と奇怪さを印象づけることに
なったのではないだろうか。

SNSでの法律関係者の書き込みを見ると
法律関係者でさえ一様に違和感を感じているようだから、
これは別に私の特異な感じ方というわけではなさそうである。
こういう弁護団がいる、というところで、あやうく
弁護士不信に陥りそうになったが、なんとか持ちこたえた感じだ。

SNSでの議論では少年犯罪の厳罰化も話題になった。
少年犯罪は減少傾向にあるのに厳罰化が進むというのも
不思議だが、珍しくなればなるほど恐怖も増すということか。
メディアが大げさに感情的に報道するのは、それが珍しいからで
珍しいー大仰な報道ーヒステリックな厳罰化 という
負のサイクルが進行中なのかもしれない。

以下はSNSに書き込まれた厳罰化傾向についてのコピー

先進国では共通して厳罰化が進行しており、
グローバリゼーションによる規制緩和とポピュリズム傾向が、
刑罰分野では自己責任、セキュリティー強化、厳罰化を進めている。
ニュージーランド・ビクトリア大学のPratt教授は
英米を中心に広がる厳罰化傾向をPenal Populism と呼び、
法と秩序の強化を求める市民グループや犯罪被害者の
権利を主張するグループが、一般市民の代弁者として影響力を強め、
刑事司法の専門家の意見が尊重されなくなると説明しているとのこと。

フィンランド国立司法研究所所長Lappi Seppala博士によると、
犯罪と受刑者人口比は独立した現象で、犯罪との闘いより
貧困との闘いを重視する福祉的国家ほど犯罪者に寛容だそうである。
政治的形態として、寛容さは合意形成型民主主義の国で選ばれ、
厳罰化は多数決民主主義の国に生じるそうで
合意形成型民主主義の国では意見の異なる相手とも
関係を維持する力が働き、多数決民主主義の国では
競争と対決が原則であり、危機を叫んで野党は与党を攻撃し、
攻撃的なメディアが力をつとのことである。

コピーここまで。

なあなあで何かを決める国は、議論を尽くして合意を形成する
のではなく、「みんながそうだから」という理由で物事を決める。

判決確定後の大手メディアは、一斉に
「匿名報道の必要性がなくなった」として実名報道に切り替えた。
この手のひらを返すような扱いは何だろう、と非常に不快だったが
東京新聞の記事を知って、少し救われる気がした。
http://photozou.jp/photo/show/1630226/122830129

更生とは少年刑務所の中だけでおこなわれるわけではなく
少年犯罪とは、特異な家庭環境だけから生まれるわけじゃない
ということを、少なくとも東京新聞は知っているのだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 匿名と非匿名のあいだ | トップページ | 虫の目、鳥の目 »

コメント

厳罰化の背景を理解するものとして、
ジョック・ヤングの「排除型社会」(洛北出版)をお読みになるのも一助かと思います。

投稿: ママサン | 2012年2月23日 (木) 12時21分

ママサン

ありがとうございます。
図書館に予約しました^^

投稿: pinoko | 2012年2月23日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/54037554

この記事へのトラックバック一覧です: 厳罰化を進めるもの:

« 匿名と非匿名のあいだ | トップページ | 虫の目、鳥の目 »