« 賑わいでつながる世界 | トップページ | 『粗忽長屋』 »

2012年4月20日 (金)

医療者が変える医療

2002年に時間外の電話相談を事業化したときは
まあ、これが大事なことが理解されるまで
10年はかかるだろうから、急がずぼちぼちやっていこうと考えていた。
そもそも電話相談のなんたるかなんて、
医療者の間ではまったく理解されておらず
「素人に何ができる」という冷たい視線が突き刺さる日々が続いた。
だから10年を待たずに、地域貢献加算が設定されたときは、
ほんとに驚いてしまった。
時間外の電話相談が診療制度に組み入れられたのである。
たしかに自分なりにデータを集め、学会で発表し論文を投稿して
できることはやってきたつもりではあったが、
どこで誰が、どういう風に動いているかなんて
世間知に疎い私にはまったくわからず、
厚労科研班に加えてもらったのは
世の中が私の考えといくらか同じ方向に歩調を合わせた?
という風には直感的に理解できたから、
まあ自分は、このままこの仕事を続けていけばいいのだろう
というくらいに考えることはできた。

だからポリオの不活化ワクチン導入が決まったというニュースには
http://i.jiji.jp/jc/i?k=2012041900954
驚きというより、決まって当然という思いもないわけではない。
でも、その推進役が患者だけでなく
お医者様自身でもあったというところには感慨深いものがある。

NPO法人ディペックス・ジャパンの語りデータベースで
語りを公開しているがん患者の人たちは
自分の経験がほかの人の役に立つならという思いで
カメラの前で自分のつらい経験を語っている。
それと同じ気持ちが、ポリオの生ワクでわが子にマヒを
起こさせてしまった親にもあるのだ。

「仕事が忙しい」という理由で息子の麻疹の予防接種の
タイミングを逃し、親しい先生から
「麻疹だけはやっておいた方がいいぞ」と言われて
やっと(自費で)打ちに行ったような、予防接種消極派の私でも
ポリオと三種混合だけは「絶対必要」と考えて逃さなかったのは
ポリオのマヒが怖かったからである。

それなのに、マヒを予防するための予防接種で
自分のこどもにマヒを起こさせてしまったら・・・
自分の不勉強を責めても責めきれない。
わが子にマヒが起きなかったのは、
ほとんど奇跡的に運が良かっただけなのだ。
そう考えるとポリオの会の親たちの活動には
ほんとうに頭が下がるのである。

だから政治的なからくりはともかく、
不活化ワクチンを入手する手立てがあるのに
それを怠ってずるずるとここまで来てしまった国には
ほんとに腹立たしい思いがある。
しかし、国が決めたことだからと、患者の思いを知っても
何も行動を起こさなかった医療関係者は、
国以下と言ってもいいのではないかとも思う。
決められた以上のことをやろうとしない人には
権威も権限もないも同然である。
そういう人たちに「啓発」なんて言葉を
軽々しく使ってほしくない。

たまたま昨日
「明日ポリオの生ワクチンを飲みに行くのだが、
咳が出るので受診してから行ったほうがいいか」
という相談があった。
まだ承認可否について審議中のニュースしか入っておらず、
とりあえず不活化ワクチンについては言及しなかったが
言うべきか言わざるべきか複雑な気持ちだった。

少数の勇気あるお医者さまの行動がきっかけになって
地方自治体だけでなく国をも動かしたポリオの不活化ワクチン。
今では相当数の医療機関が不活化ワクチンを打ってくれている。
https://docs.google.com/document/edit?id=1zPeeQTeNXJgX1SfKYqJ-_w1iuT7I3dFlTk1VN3aGPa0&hl=ja&authkey=CPDmvtgJ&pli=1#

患者の思いを受け取る奇特で勇気あるお医者様たちのデータでもある。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 賑わいでつながる世界 | トップページ | 『粗忽長屋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/54516031

この記事へのトラックバック一覧です: 医療者が変える医療:

« 賑わいでつながる世界 | トップページ | 『粗忽長屋』 »