« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月24日 (木)

『灼熱の魂』

見たいと思いつつ、ロードショーで見逃してしまったので
ギンレイで上映すると知ったときは嬉しかった。

ギンレイにかかるまで待っているという態度は
最近ではほぼ当たり前になっているが、
ロードショーのタイミングを逃してしまった映画、
ロードショーで見るのは、ちょっと躊躇してしまった映画を
時期をずらして見られるのは、ことのほか嬉しいものである。
タイミングを逃したのか、躊躇したのか、の違いは微妙で
躊躇したからタイミングを逸したのだろうと言うことはできるが
そこにはギンレイにかかるであろう、という予測が立つかどうか
というのもあるから、リスクを賭すことができる映画かどうか
と言い換えた方がいいかもしれない。
タイミングを逃す、というのには、単純に忘れる、ということも含まれるが
躊躇には、ギンレイにかかるまで待てるか、
かからなくても諦められるかという覚悟が含まれているのである。

『マネーボール』のように、ロードショーには食指が動かず、
まさかギンレイにかかるとは思ってもいなかったのに、
ラッキーにも見ることができた映画もあれば
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』みたいに
ふと思い立って、だいぶ遅くなってから上映館を探し出して
ロードショーで見た映画もある。
これはギンレイにかかってもいい映画だとは思えたが
なんとなく見逃すかもしれない予感があり、
それはまずい、と思ったのである。
(これからかかる可能性もないわけじゃないが)
『マネーボール』は予想以上に面白く、もちろんブラピも
よかったのだが、ギンレイで観られたからこそ
嬉しさ倍増だったという感じはある。
併映は『ソーシャル・ネットワーク』だったのも嬉しかった。
これはすでにロードショーで観ていたし、WOWOWでも
何回も放映されているが、やはり映画館で観るのは違うのだ。

『灼熱の魂』は、映画評でよさそうな映画だとは思い、
観に行きたいと思っていたが、ちょっと躊躇もあった。
躊躇した要因は、内容のシビアさ(想像でしかなかったが)と
タイトルの妙に情緒的な雰囲気で、灼熱と魂という表現が
なんとなく非現実的に感じられて二の足を踏んだのである。
原題は『Incendies(焼け焦げる魂)』で、
Incendiesには、フランス語の“火事”、“感情の爆発、動乱
、戦乱”の意味もあるらしい。
この原題が、まさにそのものであることは観終わってみると納得する。

突然死んでしまった母親の遺言が公証人によって
残された2人の双子に託される、という形で映画は始まる。
自分たちの父親と兄を探すと言うのがその内容なのだが
振り返ると、これがすべての伏線になっている。
この構成が見事である。
自分の夫(になるはずの人)を殺され、こどもを取り上げられた
母親が取った行動は、まさに魂を焼き尽くすようなものだったが、
それは、こういう形で治まらざるを得ない、ということなのである。
痛みを感じずに済む人間はひとりもいないのだが
それゆえに、復讐の連鎖は止まると言いたげでもある。
この映画に唯一の弱点があるとすれば、
誰かも書いていたが、ドラマチックすぎることかもしれない。
しかし、民族の違いや宗教の対立を越えるものがあるとすれば
これしかないだろう、という気持ちになることも、また確かである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

第2回ぶらくらぶ東京

三社祭りの中日、BC東京(ぶらくらぶ東京)と名づけたウォーキングサークルの
仲間たちと浅草から門前仲町までの散策を楽しむ。
しばし浅草寺で神輿を楽しんだ後は、隅田川に沿って南下。
厩橋を渡って旧安田庭園跡、東京都慰霊堂、江戸東京博物館、
回向院、吉良邸跡を見学、芭蕉稲荷公園から一般開放されている方の
清澄庭園で一休みし、深川不動尊、富岡八幡宮で終了である。
赤坂ー麻布ルートのようにはアップダウンがなかったこともあって
距離は前回とほぼ同じだったが、比較的疲労は少ない。

歩いてみると、場所だけでなく知らないことも沢山あることが分かる。

慰霊堂のあった横網公園には、陸軍の被服廠があったが
関東大震災の際に多くの人々が家財道具を持って逃げ込んだために
火事で38000人が焼け死んだと言われる。
この数はサッカー観戦でも結構な多さに入るだろう。
つくづく逃げるときは身一つ、津波のときはてんでんこが肝心と思わされる。

隅田川は大きな川だと思っているが、荒川の方がずっと大きいとか
(実際地図には荒川という名前は見えても、
縮尺によっては隅田川という文字は出てこなかったりする)
江戸の頃はお寺も神社も混在しており、(仏教と神道は分離していなかった)
浅草寺のようにお寺の守り神として浅草神社が境内にあったりする。
三社祭りというのは、浅草寺境内でおこなわれる浅草神社のお祭りなのだ。
こういういい加減というか、無境界な感じというのは実に好み。
自分の中には近代より古代が強く息づいていることが分かる。

江戸時代は川が物流の要だったこともあって、川の流れを変える
治水工事はあちこちでおこなわれていたようで
橋を架けるか架けないか、ということにも戦略があった。
浮世絵に出てくるような太鼓橋は、歩く側からすると
非常に歩きにくい感じがするが、構造的には
この形がもっとも強度が強いそうである。
でもできるだけ渡らせないという思惑もあったのではないだろうか。

今はスマートフォン用の便利なアプリケーションがあって
歩いた跡を地図上に記録して、途中で撮った写真も貼り付けてくれる。
http://www.everytrail.com/view_trip.php?trip_id=1584876
ウォーキングの最中はミクロの次元でしか見えないが
地図上でルートを振り返ると、あのとき渡ったあの橋は、
この方向に架かっていたのか、などと改めて気づいたりする。
そういえば、江戸時代の地図は常に江戸城が上に来るように
描かれていたようだが、地図は北が上、という発想の転換には
相当の葛藤があっただろうということが想像される。

ウォーキングの後は、3時間の飲み放題ののち解散。
翌日まで疲労が残るかと思ったが、そうでもなく
でも腰にやや違和感があったので翌日のレッスンは休むことに。

昔はみんな歩いていたのだから、伊能忠敬とまではいかなくても
年に2回くらいは江戸を感じながら歩きましょうという
リーダーの提案にしたがって、私の目標は
もっといい写真スポットを見つけることにおくことにする。
このアプリ、便利なのはいいのだが、
電池の減りがめちゃ多いのだけが難点なのだ。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

『忘れられた夢の記憶』

「抽象から形態へ」というテーマの展覧会が面白かったので
同じ川村美術館が開催する美術講座を聴講してみることにする。
第1回から3回までは本江邦夫氏の講義である。
テーマは「芸術とただのモノはどこが違うか」

彼の著書「現代美術入門」は-中・高校生のための-、という
副題がついているが、どうしてどうして、内容は高度である。
絵画の究極が○△□だというのは、絵を描いていると分かることだが
具象が分かりやすいと思うのは、そこにすでに名前がついていて
見知っているものが描かれているからである。
それに比べると抽象といわれるものは、
通常はおよそ見たことがないものばかりである。
私たちは、見ることは分かることだと思い込んでいるから
見たこともないものを見せられると、分からないと思ってしまう。
抽象絵画を見ると、見ることイコール分かることではない、
ということがつくづく分かるだろう、という下りは説得力満載である。
そして分からないことが、そんなに腹立たしいことではないことにも気づく。
だって、そもそも世の中なんて分からないことだらけだしー。

絵画はラスコーの壁画にも描かれているように、
ものの形をそのまま写すことから始まった。
人間が外界に対して強く支配的である時、人間はゆとりを持って
外界に感情移入し、目に見える世界をそのまま写し取ろうとする
写実主義になるが、外界が人間に対して支配的であると、人間は
この恐れ(空間恐怖)から逃れようとして反写実的な抽象表現に
駆り立てられる、とヴォリンガーという人は言っているらしい。
たしかに内面を表現しようとすれば、
具体的なモノでは描ききれないだろう。
写真技術がなかった頃は、外界をそっくりそのまま描くことが
絵画の役割だったが、同じものを見ても、人によって
見え方はさまざまであることが分かるようになり、
そこから次第にモノの本質、つまり私たち自身を描くようになっっていった。
デュシャンもウォーホールも、結局のところ
私たちの置かれた時代を表現しているといえる。

ラスコ―よりさらに古い時代のショーヴェ洞窟の壁画も映画になっていて
「世界最古の洞窟壁画3D.忘れられた夢の記憶」(シアターN渋谷)で
古代の芸術家たち(たぶんごく普通の人たちに違いなかったのだろうが)の
たしかな腕前を堪能することができる。
現代の専門家によるさまざまな解釈はともかくとして、
古代人たちが、日常に遭遇する動物たちを嬉々として、
あるいは祈りを込めて描きつづけたことだけは分かる。
古代の人たちは外界に対して支配的であり、
ゆとりを持って写し取ろうとしたということだろうか。
素朴だが幼児とは明らかに異なる洗練された技量を持っており
具象(外界をそのまま写した)というより
抽象(モノの本質)に近いような感じがする。

この映画の監督であるヴェルナー・ヘルツォークのすごいところは、
映画の最後にショーヴェの近くに建てられている原発を持ってきたところだろう。
そこでは原発の排熱を利用して温室を作り、ワニを飼っている。
そして何代も交配を続けるうちに、突然変異による
アルビノ種の白ワニが生まれている。
岸田秀さんは、白人はアルビノなんじゃないかという仮説を
述べていたが、はたしてヘルツォークはそれを意識していたのかどうか。
原発と突然変異を並べて見せたことだけはたしかだと思うが。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

『粗忽長屋』

BC東京と名づけた街歩きグループ内では、
再来週に予定している東京散歩のための
準備情報で賑わっている。
今回は浅草を起点として門前仲町まで歩く予定だが
世話人はすでに事前のルート確認をおこなっており
別のメンバーは打ち上げの店を確保してくれた。

前回の赤坂―麻布ルートは最初の休憩が早すぎて
終盤はヘロヘロになってしまったが、今回はめいめいで
昼食をとることになっており、行程時間も前回より短いから
そんなに歩き疲れるということはないだろう。

目下の私の課題は、当日昼メシをどこで食べるかということ。
当日は三社祭の真っ最中で、どこも大混みだろうと
想像し、ちょっとはずれたところで、いかにも
浅草らしい食べ物にありつきたいと考えているが
お目当ての場所が駅からどのくらいの距離のところなのか
地図を見ても、まるで見当がつかない。
なんだか昼食確保の予行演習が必要な気がしてきた!

情報交換の中で、落語に強いメンバーのひとりが、
落語の『粗忽長屋』を紹介していたので
You Tubeで談志の英語字幕付きを聴いてみる。
才人と言われる談志の英語向け解説は
若干うるさい感じもするが、落語の筋立てはなかなか面白い。
前にも聴いたことがあるような気がするが、
前とは、ちょっと違った感想を持った(ような気もする)。

この落語はふつうに聴くと、生きているのか死んでいるのか
熊公本人が、よく分からないというナンセンスなオチが面白い話
ということになるが、生きているのか、死んでいるのかということは、
ほんとは誰にも判然としない、という話だと解釈すると
俄然哲学的な内容になってくる。
「おまえは、本当に生きていると言えるか」という問いかけは
よく突きつけられることもある問いだが、
これに胸を張って応えられる人は、そんなに多くはないだろう。

「たしかに自分は死んでいるが、だとしたら
その自分を抱いている俺は、いったい誰なんだろう」
というオチも深遠である。
酔っぱらっていなくたって、自分が何者かなんて、
なかなか分からないものに違いない。
アイデンティティというのは実はそんなに確固としたものでもない
ということは、年を取ってくると分かってくるものでもある。

でもひょっとして、熊公はほんとに死んでいて、
その熊公を見ていたのは、熊公の霊だとしたらどうだろうか。
この物語は、八っつぁんという生者と熊公という死者が
対話をしている物語だとしたら。
落語は庶民の現実の生活を映しているものだろうが
だとしたら、具体的な生活だけでなく、そこに漂っている
死生観のようなものも反映されていると考えてもおかしくはないだろう。
そこではきっと、生者と死者は今よりずっと近い関係に
あったのではないかと想像する。

その辺のことは、この落語を紹介してくれた当人に
今度の東京散歩のときに訊いてみようと思う。
突飛すぎて却下、ということになるかもしれないけど(笑)。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »