« 最強の味方を育てるフィードバックシステム | トップページ | 家族会食 »

2012年6月17日 (日)

ゲンスブールと掌劇場

『ゲンスブールと女たち』という映画はWOWOWでの放映を
録画してあるのだが、家だとどうしても落ち着いて観られないので
ギンレイまで行くことにする。
ほんとうは『人生はビギナーズ』が本命だったのだが、
映画の出来は『ゲンスブール・・』の方がよく、
得したような損したような妙な気分である。

『ゲンスブール・・』が、イマジネーション豊かな
フランスらしいおしゃれな映画に仕上がっているのは
ひとえにゲンスブールという人の才能によるところが大きいだろう。
絵にも音楽にも才能を発揮するような多才な人間はそうはいない。
若いころ耳にした、醜男という評価には当たり前に納得していたものだが、
今になって観ると、それは単なる錯覚だったようにも思える。
時代が味わい方を知らなかったという方が当たっているだろう。
そこはジャン・ポール・ベルモンドなんかにも通じるところがある。

彼がユダヤ人だったとは知らなかったが、
それが彼の反骨精神を養ったのは確かだろう。
こども時代に、しっかり人種差別を経験していることは
映画でも描かれているが、それにつぶされなかったのは
フランスという環境のなせるワザだったのか、彼自身の強さだったのか。
ジェーン・バーキンとの
「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」がどのくらい問題作だったかは
当時を思い返すとよく理解できるが、当時の感覚で言えば
フランス語なんて分からなかったから、正直ピンと来なかった。
では今聞いてみてどうかと言えば、多少過激という程度で、
それは単に私が年を取って経験を積んだから、というわけでもなく、
そんなことは問題にならない時代になってしまったからである。

むしろ今でも問題作だと言えるのは「祖国の子供たちへ」の方だろう。
なにしろフランス国歌のレゲエバージョンである。
改めて字幕付きでこの国歌を聞くと、この国の国歌は
まさに戦意を鼓舞する歌だったと分かる。
それがレゲエになって、明らかに揶揄されている。
「君が代」の軍歌バージョンなんて平和なものである。
この戦意高揚歌をこどもに贈るという発想は今だって相当過激だろう。
実際、この曲によって彼は右翼から狙われた。

ゲンスブールの反骨に似ている感じがするのが田中慎弥氏である。

『田中慎弥の掌劇場』は、倉橋由美子ほど幻想的で非現実的ではなく
現実のどこにでもありそうな生活を描きながら、さりげなく怖い。
たとえば「うどんにしよう」は、平和で平凡な、どこにでもあるような
長閑で明るい日であり、ああ、こういう日ってあるなあ、と思わせる。
家族を送り出してひとり野球の中継を見ている男が
昼飯はうどんにしようと思い立って開けた冷蔵庫には
密封容器に入れたハンバーグや残り物のカレーにまじって
ラップで包んだ人の手首がある。
この「人の手首」という文字が目に入ってきたときには
誤植じゃないかと何度も読み直してしまった。
なんでここに「人の手首」が?
あまりにさりげないために、これを異物と感じる自分が、
ひょっとしたら変なのかもと思わされてしまうのである。

「君が代」も、ほんとうは相当に過激なのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 最強の味方を育てるフィードバックシステム | トップページ | 家族会食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/54988471

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンスブールと掌劇場:

« 最強の味方を育てるフィードバックシステム | トップページ | 家族会食 »