« 遅い成熟 | トップページ | オリンピック~成長の証し »

2012年7月26日 (木)

イチローという「個」

イチローのヤンキースへの電撃トレードにはびっくりした。

シアトルでのマリナーズとヤンキースとの三連戦の初日の発表で
しかも移籍発表のその日に、ヤンキースの選手として登場する
というあたりは、ドライといえばいいのか、ドラマチックといえばいいのか。
まあ、トレードの噂は以前からあったらしいし、
WBCあたりから調子が落ちてきた様子を見れば、
イチローもいろいろ考えるところがあったのだろうと思う。

そういう「事情」はあるとして、ここではJMMの
冷泉さんのレポートの感想を書いておきたい。

冷泉さんは
JMMNo.698 Extra-Edition2
https://mail.nifty.com/mailer/mailview.html
『BALLPARK OF DREAMS』 第6回
「イチロー選手はヤンキース移籍というチャンスを生かせるか?」で

イチローの会見が英語でおこなわれなかったこと、
通訳がいまいちだったこともあり、決して成功とは言えない会見だった
ことなどを述べている。
アメリカ野球における名誉の概念をイチローが理解していないのではないか
アメリカ文化における振る舞い方を(本人の責任とは言わないまでも)
心得ていないのではないか、とも述べている。

アメリカ生活の長い冷泉さんならではの、
苦言とは言わないまでも、親心だろう。

でも私はニュースでの断片的な会見の模様を見ながら
ちょっと違う感想を持った。

イチローが流暢な英語を喋らない(喋れない)という問題はあるのかもしれない。
しかし、あの涙ぐむほどあふれるような思いを
英語にするのは、なかなか難しかっただろうと思うのだ。
彼がどれほどシアトルのファンのことを考えていたか、
どんなにマリナーズのユニフォームを脱ぐことに悩んだか
ということは、日本語だからこそよく伝わってきた。
あれが英語だったら、内容としてアメリカ人には理解されたかもしれないが
日本人にはいまいち伝わらなかっただろうと思うのだ。
おそらくなによりもイチローが考えたのは、
アメリカにいる人たちに何かを伝えることではなく、
日本人としての自分が何を思ったかを、
日本にいる私たちを介して伝えることだったのではないか。
そういう意味では、「場違い」なのかもしれないが
相変わらず彼らしさを貫いたといえる。

こういうウエットな真情を述べることは、アメリカという文化や
ビジネスの場の中ではマイナスなのかもしれない。
しかしイチローは、そういう外形的なことより
自分とファンとの相互理解を選んだのだろう。
そしてファンは、禅問答と揶揄されようとも、そういう彼を理解するし、
彼にももちろん、理解されるはずという思惑があったということだ。
この辺は、アメリカでのビジネスに成功した冷泉さんにしてみると
ちょっと感覚が違うのかもしれないが、
異文化における振る舞い方という意味では、時代の変化を感じさせる。

こうやって私たちは「個」というものを学んでいるのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


    

|

« 遅い成熟 | トップページ | オリンピック~成長の証し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/55282512

この記事へのトラックバック一覧です: イチローという「個」:

« 遅い成熟 | トップページ | オリンピック~成長の証し »