« オリンピック~成長の証し | トップページ | 『夢売るふたり』 »

2012年8月27日 (月)

変異する医師たち

久しぶりに外来小児科学会の年次集会(第22回)に参加。
東日本での開催だったこともあるが、ワークショップのサブリーダーを
依頼されていたので、今回は半ば強制参加である。

初めて参加した頃(10年くらい前)は、タイトルに惹かれて
面白そうな発表と思って聴きに行っても、どこかピントがずれた感じが否めず、
そのうち、こういうずれは仕方ないのかもと思うようになり、
だんだん真剣に向き合わなくなっていった。
私を引き入れてくださった先生は、新しい風を吹き込みたいと
思っておられたのだと思うが、周りはその新しい風を
まだ異物だとしか認識しておらず、ムラ社会に紛れ込んだよそ者
という雰囲気が強かったように思う。
よそ者とムラの住人との距離は、それほど大きかったのである。

今回参加してみて、ムラの住人が次第に異物に近づきつつある
のかもしれない、という感じを持った。

自分がどちらかというと異物に近い発表ばかり選んで聞いていたからかもしれないが

「進化医学から見直すかぜ症候群の診療と子どものケア」
「「ここまで出来る」ワクチンを題材に外来小児科における研究を考える」
「新しい創傷治療」
「志を救われた泣き虫小児科医の話 -地域医療再生のヒントー」

などから伝わってくるのは、医療者(医師)自身が従来の診療のあり方や
周囲との関係を捉えなおし、新たな知見を獲得しようと(しながら)
格闘している姿である。

一般演題などの発表は予防接種関連が多く、それはポリオの不活化ワクチン
の導入といったこのご時世からも、当然だと思うが
「同時接種はまったく問題ありません」という結論を連呼する前に
予防接種のリスクというのは患者側の立場に立った場合、どう考えればよいか、とか
子育て支援というのは何をもって支援というのか、とか
「コメディカル」としての結束の前に、クリニックのスタッフ同士はどう協働するのか
というようなことを議論する場があったらいいのに、と思った。

医療者側から「安全」を連呼しても、万が一のリスクをこうむるのは患者なわけで
補償さえすれば問題ないだろうと考えるのは医療側の独りよがり、というだけでなく
患者に対する配慮が欠けている姿を伝えてしまうことになりかねない。
どうすれば患者に納得してもらえるのか、と苦闘している姿、
患者のことを思いやった具体的な方法(それが最新の医学だったりする!)
を編み出し伝えてこそ、医療といえるのではないだろうか。

学会で、いろいろな患者会のアピールが見られるようになってきたのは、
嬉しいことだし、ずいぶんな進歩だと思うが、
残念ながらそういう光景はまだ背景に留まったままである。
患者と医療者がもっと膝を突き合わせてディスカッションしてもよいのではないか。
患者のことを考えるのを一部の奇特な医療者に任せてしまうのではなく
全体が変身していくためのしかけがあってもいいのではと思いつつ、
進化は一部の医療者(それも医師)の突然変異によってしかを
起きないのかもしれない、と思わされた学会だった。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« オリンピック~成長の証し | トップページ | 『夢売るふたり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/55518070

この記事へのトラックバック一覧です: 変異する医師たち:

« オリンピック~成長の証し | トップページ | 『夢売るふたり』 »