« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月24日 (月)

「自炊」の決心

クライアントの情報の更新、蓄積が半端じゃなく多くなってきて
紙データでは検索も保存もままならなくなってきたので
デジタルデータで活用するためにiPADの購入を検討することにした。

理想的にはモバイルオフィスの実現なのだが、
あいにくよくいく山(蓼科)ではwifi電波を拾えず
インターネットへの接続はままならないので
電話だけで仕事をすることにし(さいわいiPhoneはつながる)
iPADはデータ保管庫として使うことにする。
選択の条件になったのは、軽くて簡便で便利(そう)なこと。
情報の移転が楽そうに見えるのも、ちょっと魅力的である。
情報の更新がネット上でおこなえて、
数か所で同時に更新できれば、
更新はwifi電波が飛んでいる自宅でクラウド上でおこない、
iPADに落として、それを移動先で使おうと言う魂胆である。
ほんとはどこでもクラウドから引き出せて使えるといいのだが
3Gでは料金がかかりすぎるみたいなのでやらないことにする。

買うまで(試していない今もだけど)よく分からなかったのが
保存しておきたい情報というのは、どこに置いたらいいのかということ。
スキャンした紙データはどういう形で取り込むのだろうか。
Windowsだと、プリンタとつなげて
ディスクのDとかHとかにファイルを作成して
名前をつけて、そこに保存しておけばいいのだが
iPADではどうもそういうやり方しはないようなのだ。
ショップで聞いても「iBookに保存すればよい」などと言われるが
本じゃないのにiBook?にと思ってしまう。
階層化しない情報管理ということに慣れないとダメなのかな。
原始人にはWindowsも異文化だったが、これもまた違う文化だ。

機器を購入して手間取ったのがwifi接続。
wifi電波が飛んでいるまでは分かったが、
暗号化キーというのが分からない。
これで悩む人が結構いるらしくて、
さすがインターネット上には親切な解説が出ている。
解説の通りにいろいろやってみて、
暗号化キーを見つけるところまではできた。
でも4列もあるのは何でなんだろう。
うーん。どれを選べばいいのだろうか。
それとも4列全部を使うのか?
分からないことだらけである。
悪戦苦闘してみるが、結局つながらず
息子が帰ってくるまで待つことに。
翌朝、山へ行く前に息子を起こして、
やっと暗号化キーにも強弱があるらしいこと、
一番強いのを見つけて使えばいいのだと分かる。
暗号化を見える化する方法もあるのだ!
全く知らないことだらけである。
やっと接続が完了し、やれやれである。

これから、みんなが「自炊」と称していた作業に
とりかかることになるのだろうが、文字データだけでなく
もし音声データも保存できるということになると、
また何かが変わっていきそうだ。
文字データと音声データとの相互乗り入れ
なんていうのも可能になるのだろうか。
そうしたら逐語録の作成に苦労しなくて済むのだけど。

最近は記憶もとみに怪しくなってきて、
固有名詞がすぐに出てこないことも多くて愕然とすることばかりだ。
自分の頭じゃないところに情報が保存できて
活用ができるようになれば、頭の老化も乗り越えられたりして(笑)?

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

『夢売るふたり』

西川美和監督の新作を近所のシネコンへ観に行く。
日本映画は、どうしても日常をつきつけられる感じがして
なかなか好きになれないが、
『ゆれる』や『ディア・ドクター』の西川監督の最新作ということと、
阿部サダヲという特異なキャラの俳優に惹かれて
観に行くことにしたのである。

松たか子と阿部サダヲの夫婦は
火災で失った自分たちの店を取り戻すために、
結婚詐欺で資金を貯めようとする。
夫という鵜は鵜匠の妻に手綱を握られ、詐欺を重ねる。

およそ結婚詐欺には似あわない夫だが
不思議なことに新しい店を持てるほどに資金が貯まっていく。
阿部サダヲは女を誑し込むほどセクシーでもなく、
誠実を絵に描いた、というわけでもないのに、
ウソと誠実が綾なすキャラクターによって
結果的に女をだましてしまうのである。
騙される、というのは騙しのテクニックが優れているからではなく
騙される側が騙されたくて独り相撲をとるからだとでも言いたげである。

誠実な夫は女を騙すことに誠実(真面目)に取り組むし
資金を貯めることにまい進する一途な妻のことも真面目に受け止めている。
人間、あんまり真面目が過ぎると喜劇になってしまうから
エロチックな場面もシリアスな場面も、どこか現実離れしていておかしい。
観客としては、詐欺がどうのというより、
自転車に乗って家へ帰っていく二人が
この先無事かどうかを見届けたいという気分になる。
観客も多かれ少なかれ、欺きに満ちた現実の中で
帰り道を探す人生を送っているということかもしれない。

夫が金のためではない人生を送れそうな気になったときに
事件が起きる。

そしてここでも夫は誠実に騙しを貫徹する。
そうすることがすべてを丸く収める平和のため、とでも言いたげである。
妻はひたすら夫の夢のために騙しの策を練り、
夫はそれに乗るのだが、そこには自分の夢のためというより
2人の夢のためという大義名分があるような感じがする。
その分だけ、夫の振る舞いはどこか他人事のようでもある。

う~む。

男と女はそんな風に違うということなのかも。
タイトルが夢を「追う」ではなく
夢を「売る」なのは、ふたりが見ている夢は微妙に違う
と言いたかったからだろうか。
鵜匠と鵜は、共に鮎という決して自分のものにはならない
夢を売って生きていると考えれば分かりやすいだろうか。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »