« 「オーラル・ヒストリー」 | トップページ | キャパを超えてる »

2012年10月30日 (火)

『アルゴ』

Movemberという11月の1ヵ月間、口髭を生やし続けるという、
オーストラリア生まれのユニークな市民運動がある。
男性の健康についての意識啓発と研究推進を目的としたイベントだそうで
1ヶ月間頑張って口髭(MoはMoustacheのMo、vemberは
11月のNovemberからとっているとのこと)を伸ばすというものである。
髭の伸び放題というのは通常病いか無精によるものだから
これを健康の意識啓発の題材にするという発想は
ちょっとアクロバティックでよく分からないが、
1ヶ月経ったら少しは理解が進んでいるかもしれない。

口髭といえば『アルゴ』のベン・アフレックの髭はなかなかセクシーである。
ベン・アフレックの映画はマット・デイモンとの
『グッド・ウイル・ハンティング』しかちゃんと観たことはなく、
いまひとつ興味をそそられなかった。
マット・デイモンはボーンシリーズやオーシャンシリーズを経て
アクションから家庭的な父親に上手に着地してしまったのに、
ベン・アフレックは、いつまでもその辺をうろついている
不良みたいな印象が強く食指が動かなかったのである。

『アルゴ』の彼はCIAのスタッフで最終的には
奇想天外なストーリー(これが実話!)で人質救出を成功させる
ような骨のある人物だが、私生活では妻と別居しており
息子ともなかなか会えないでいる。
髭面がなんとなく寂しい感じを与えるのは、そのせいなのだ。
観に行こうと思った直接の動機はイランからの人質救出という
話の内容に惹かれたからだったがベンの髭面から受ける印象が
なんとなく話の奥行きを感じさせたことも大きい。

しかもこの映画は日経夕刊でも週刊文春でも軒並み
☆4つないし5つを獲得しており、おすぎさんなんか絶賛に近かった。
こうなるとどうしても見てみたいと思ってしまう。
実際劇場には朝の初回でもけっこうな観客が来ており
映画評の力を改めて感じることになった。

なんでもそうだが、評価というのも最近は一筋縄ではいかなくなっていて
評価をどう評価するかが肝心と思わされることが多い。
☆4つがどの程度か、というのは評者によって異なっていて
自分と嗜好が近ければ妥当と思えるが、必ずしもそううまくはいかない。
同じ評者によるものを数多く見ることによって
評価の癖みたいなものは掴めるようになるが
無頓着に星の数だけで観に行ってはずれだったときは、たいそう悔しい。
特に☆5つなんていう満点は期待値が高いだけはずれると失望も大きいのだ。

『アルゴ』は最後までハラハラドキドキで、最後にはホロリとするような
エピソードも用意してあり、それなりによくできているが
まあ☆4つが妥当なところじゃないかな。
でも脚本とベンの髭が思いのほかよかったので
☆1/2おまけといったところか。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« 「オーラル・ヒストリー」 | トップページ | キャパを超えてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/55997583

この記事へのトラックバック一覧です: 『アルゴ』:

« 「オーラル・ヒストリー」 | トップページ | キャパを超えてる »