« 「自炊」の決心 | トップページ | 『アルゴ』 »

2012年10月 6日 (土)

「オーラル・ヒストリー」

2日続けて「オーラル・ヒストリーのためのインタビュー入門編」
のセミナーに出席。
主催したのはイスラエイド(IsraAID http://israaid.co.il/)という
イスラエルのNGO(国際人道支援フォーラム)で、
この団体はこれまでも世界各国でさまざまな支援活動をおこなってきている。
今回はその一環として、東北大震災の被災者の心のケアプロジェクトとして
昨年の震災後4日目に日本に入り続けてきた活動の延長線上にある
オーラル・ヒストリーのためのインタビュー手法を学ぼうというものである。

講師はアミア・リーブリッヒというイスラエルの心理学の大学教授。
セミナーはヒルトン東京の一室を使って行われた。
ヒルトンは今回の震災についても社会貢献として、
被災者や被災の援助者にさまざまなサポートをおこなっているとのこと。
教授やスタッフの宿泊費や部屋の使用も
すべて寄付(donation)によるとのことだった。

場所がすばらしくよいのと通訳付きで参加費無料、
しかも2日間にわたって17時から21時まで
というところに興味をそそられて参加を決めた。

リーブリッヒ教授は1993年に『キブツ その素顔』
という本を出しており、この本もオーラル・ヒストリ([口述記録)で
で構成されている。
どのように口述を取るかという技術や留意点についてが
講義と演習のの中心になった。

内容自体は私がこれまで学んできた電話相談における
コミュニケーションの方法とほとんど同じで、違和感はまったくない。
むしろよくあるインタビュー技術より電話相談に近いとさえ言える。
人の話を聴く手法や語りをとらえるという目的達成には
方法としての違いはさほどないことが分かって面白かった。

初日の演習でおこなった2人一組のインタビューのテーマは、
「子供時代の意味深い経験について」。
日本語で意味深い(meaningful)と言われると
ちょっと構える感じがあるが、これはむしろ「心に残った」
と訳してもらった方がよかったんじゃないかと思う。
こういうときに難しいのは、パートナーとして組んだ相手が
この種のワークにどの程度の経験や感性を持っているか
ということがやってみるまでは分からないことだ。
当たり障りのない話でお茶を濁すのか、本音を語るのか
ちょっと迷ったが、せっかくなので受け止めてもらえるかどうか
という不安を断ち切って少し突っ込んだ話をする。
こちらとしては、覚悟して話したつもりなのだが
その覚悟の部分は伝わらず、相手は自分の引き出し方がよかったので
深い話をしてもらえた、と受け取ったようだった。

うーむ。

どこの世界にも自己中心的な誤解をする人はいるものだ。
彼もがん患者のインタビューをやっているのだけど、
案外相手を感じることなく表面的なインタビューをやっているのかも。
「インタビューされてどうだったか」と先生に聞かれたので
「信頼するのが大変だったが、演習だと思ってやった」と
ちょっとムッとした感情をこめて答える。
これで少しは彼に通じただろうか。
インタビューされる側は相手が聞きたがっていると思う話を
するものだ、という教授の鋭いコメントに少しこころが癒される。

2日目の演習のテーマは「仕事でよかった日、悪かった日」というもの。
結局こちらでも話す側に回ってしまい、自分としては不本意だったが
この日は聞き手がよく、気分よく話すことができた。
相手は看護学の大学教授で、こういうとき看護技術は
なかなか優れていると思える。

大震災のあと、世界中から援助の手が差し伸べられた
という話は聞いていたが、イスラエルのNGOが震災直後から
被災地でさまざまな活動をしているとは知らなかった。
日本国内の団体はどうなのだろうか。

オーラルヒストリーの実際的な活動は
①話してもらうこと
②それらを聴くこと
③共通のテーマの語り(story)を集める
④集めたそれらを何らかの形で世に出す
 (インターネット、書物、アーカイブなど)
で成り立っている。

電話相談という自分の仕事も次の課題は
③と④だと確認できて勇気をもらうことができたのは何よりだった。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 「自炊」の決心 | トップページ | 『アルゴ』 »

コメント

I wanted to thank you for this excellent read!! I definitely loved every little bit of it.Cheers for the info!!!! & This is the perfect blog for anyone who wants to know about this topic. You know so much its almost hard to argue with you .........

投稿: hermes birkin bags onsale | 2012年10月20日 (土) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/55823100

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーラル・ヒストリー」:

« 「自炊」の決心 | トップページ | 『アルゴ』 »