« コントロール | トップページ | 日本人はユートピアを目指す »

2013年5月28日 (火)

顔が見えない

経済が繁栄しても心が豊かじゃなければ幸せになれない
と大合唱していたのは、ついこの間ような気がするが、
あれはどこへ行ってしまったのだろう。
某大阪市長はひたすら墓穴を掘りつづけたいみたいだし、
ほんとうによく分からない毎日が続いている。

以前にアカウントだけ取っておいたツイッターを
遅ればせながら始めることにした。
そんなに言うことがあるとも思えないのでずっとほおっておいたのだが、
サッカーではマンCのユニフォームの色が一番好き、とか
ときどきたわいもないつぶやきシローになりたくなることは確かにある。
でも考えていることを書いて自分を表現するだけなら、
ブログのほかに小児科医のMLもあるし
Medi-waとかMJLなどのSNSもある。
こういう媒体にはない何がツイッターにあるのだろう。
それが知りたいというのが動機といえば動機だ。

何人かをフォローし始めて感じるのは
ツイッターと雑誌はどこが違うのだろうということだ。
ツイッターは基本的に「私はここにいます」的な媒体で
だから奥ゆかしい自分(笑)には向いていない気がするのだろうが
発信する側から考えればそういう媒体の特性はどれも同じともいえる。
新聞や雑誌(TVも)だって一生懸命「私はここ」を主張していて
むしろそれ以外はなさそうなところが気になるくらいだ。
S新聞とA新聞では180度(90度?)違うように見えるが
何を報道しないかという点ではあまり違わなかったりする。
だから受け取る側から見るとどれも同じような「私」に見える。

その点ツイッターはただのつぶやきなのに、
やたらにタイムリーで中身の濃い記事があったりするのだ。
これでは新聞や雑誌が売れなくなるのも無理ないなと思ったりもする。
そもそもタダだしー。
ネットのマガジンにも有料のはあるが、そこにお金を払うかどうかは
自分の無知を補ってくれる内容かどうか、
たまに興味のない記事が混ざっていたとしても、
秤にかけてみてブラスが多いと思えるかどうかにかかっている。
希少価値があるかどうかは重要だ。
タックスヘイブンはイギリスが考案したシステムだなんて
新聞は絶対書かないだろう。
そういう意味では情報もブランド品に似たところがあるが
ブランドのような幻想ではなく、もうちょっと実質的だ。

そんなときに飛び込んできたブラピの「相貌失認かも」ニュース。
相貌失認をテーマにした『フェイシズ』という映画は、
先日WOWOWで放映されたが、もっと面白くなるはずのテーマの割には
意外と凡庸なつくりで、ウィキによれば劇場にはかからなかったそうである。
主演女優(ミラ・ジョヴォヴィッチ)はよかっただけに残念だった。

「顔が見えない」というのは、いっときアイデンティティが不明確であることの
言い換えとして使われていたが、そもそもアイデンティティという概念自体が
揺らぎつつあるのが現代だろう。
ブラピは時代を先取りしているのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« コントロール | トップページ | 日本人はユートピアを目指す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/57475436

この記事へのトラックバック一覧です: 顔が見えない:

« コントロール | トップページ | 日本人はユートピアを目指す »