« 日本人はユートピアを目指す | トップページ | 記録の効用 »

2013年6月25日 (火)

遅れてきた者の特権

社会復帰第一号の映画はインド映画『きっと、うまくいく』
某ブログの理系と文系の巧みな融合という評に食指が動いて
観に行ったのだが、仲間内のメールに書き込んだら結構観ている人がいた。
3時間の長丁場(途中「休憩」という文字は出たけど休憩はありませんでした)だが、
これに耐えられれば相当自信がつくはず。
渋谷のヒューマントラストシネマに予約したので、
ついでにヒカリエにもちょろっと寄ることにする。
以前いただいた「サン・クワトロ・ヴァン」という店の
フルーツケーキがおいしかったので、自前で購入したくなったのだ。

ネットによるチケット購入は並ばなくていいとか、
いろいろいいことづくめなのだが
事前に席を決めるというのは良し悪しもある。
今回はせっかく中央の通路に面したスペースに余裕のある、
ど真ん中の席が取れたのに、そういう時に限って
前の列の人の座高がやたらに高い。
映画館では後ろの人の邪魔にならないように
身体を沈めるのがエチケット、と書いていたのは
淀川さんだったか誰だったか。
あの事前のパントマイムに後ろの人も意識するように加えてほしいものだ。

『きっと、・・・』は工学部の学生が主人公ということもあって
随処に理系のエピソードが散りばめられているが、
何が人生の幸せか、という深遠な問いをインド社会のさまざまな
問題を散りばめながら見せてくれるという点では社会性充分である。
インドでも日本でも、若者はみんな同じ悩みを持っている
というのは、ちょっと新鮮な驚きだったが
それだけ経済が成長し富の平準化が進んでいるということだろう。
人類はみんな同じ道を辿っており、
これがグローバルということなのだ、と思わないでもない。
世代間の価値観の相克をどう乗り越えるかという点も同じである。

これを決して深刻にならず、むしろ軽やかに描いてしまえるのは、
彼らが遅れて来た(経済成長した)者の特権として、
問題にぶち当たらず、答えをもがき探す必要がなかったというより、
むしろ彼らがこれまでの長い歴史の中で、普遍的な答えをすでに
掴んでしまっていたからではないかという気がする。

ー鶏には卵の運命はワカラナイ、
目玉焼きになるのかヒヨコになるのかなんてー

という思わず踊り出したくなるような楽しい歌は、
突き抜けた者にしか歌えない。
あのどっちかというと脈略のない、いきなりの歌と踊りが、
ここではうまくかみ合って主人公を祝福してくれる。
これこそマーケティングの成果だろう。
インド映画はたぶん世界標準になりつつあるのだ。

ウエルメイドな映画という意味では『レ・ミゼラブル』もそうである。
筋書きがたどれる程度に枝葉はバッサリ刈込み
愛の物語を歌で見せるという手法は、なかなか斬新である。
うむ。さすが『英国王のスピーチ』の監督だ。

原作は読んでいるはずだが、細部はもうほとんど記憶にない。
ええ!ジャベールは自殺したんだっけ????という具合である。
だからこの部分がもっとも印象に残る。
法の番人を自覚していた彼の自我が盗人から聖人に変わっていく
ジャン・バルジャンによって崩壊させられ自殺した
という解釈は分かりやすいが、なんとなく腑に落ちない感じもする。
この時代にそんな理性的な思考ができたのかしらと思ってしまうのである。
ジャベールは法の番人に順応することで自我を創り上げていた。
しかしジャン・バルジャンは盗みもすれば聖人にもなるという自由を有していた。
自我とは自分を殺して何かに順応することによって創り上げられるのではなく、
その時そこに在る自分に責任を負うという在り方によって創られるものだ
と考えるとジャン・バルジャンは近代的な自我を体現しており
むしろジャベールの自殺はそういう自我のぶつかり合いの結果なのではないか。
『レ・ミゼラブル』のテーマは真実の愛だと言われるし、
まさにそれが心に深く残っているが、同時に
人間の自由についても改めて深く考えさせられる映画だった。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« 日本人はユートピアを目指す | トップページ | 記録の効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/57663447

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてきた者の特権:

« 日本人はユートピアを目指す | トップページ | 記録の効用 »