« ごまかしの行方 | トップページ | オリンピックがもたらしてくれるもの »

2013年8月30日 (金)

私の中の『テッド』

ギンレイへ2本立てを観に行ったりするくらいの体力は
回復してきたが、活字を読むと頭の疲労が甚だしい。
どうも目から入る情報だと負担が大きいようなので、もっぱら耳を使うことに。
目は片方しか見えないと遠近感に慣れるまでいろいろ不都合があるようだが
耳は片耳しか使えなくても指向性に気をつければさほど不自由ではない。

ラジオには結構面白い番組があるのだけど、
テレビと同様、時間帯が遅いと聴いていられないので
ポッドキャストになったのを、好きな時間に聴くことにする。
これはPCでなくてもスマホがあれば時間も場所も気にしなくてよく、
ほぼオンデマンドだからとてもありがたい。
惜しむらくは、どの番組も全部ポッドキャストになるわけではないこと、
自分で録音ができるようには、まだなっていないことである。

目下のお気に入りは、町山智浩さんのアメリカ映画特電。
WOWOWの町山さんの映画塾もすばらしいが、
町山さんがバークレーの自宅から放送している(た?)というこの番組は
放送禁止用語満載で爆笑ものというだけでなく
目配りの利いた解説が、映画に対する関心をかき立ててくれる。
彼が創刊した「映画秘宝」という雑誌は読んだことはないが、
wikiでこの人の来歴などを読むと、この人の感性がどういう風に
形作られてきたのかを知ることができる。
つくづく鋭い感性はぬるい環境では育たないものだと痛感する。

ところで『テッド』は町山さんとはまったく関係なく関心を持った。
きっかけは今年のアカデミー賞授賞式の司会をした
セス・マクファーレンがすばらしく多才だったからだ。
おそろしくバカバカしい映画みたいに見えたが、
これがギンレイにかかったのは快挙だろう。

テッドは男の子にとって、いわばアホな分身みたいなもので、
男はこどものころからこういう分身と親友のようにして
生きているのだなあと思うとちょっとうらやましい気もする。
自分の中に悪友を抱えて、それとつかず離れず(一体化している方が多いが)
にいるというのは、そう簡単なことじゃない。
なにしろ悪友だから、常にどこか後ろめたい部分がある。
でも誘惑には抗えないという無力さも感じさせられる。
男が多かれ少なかれみんなホモみたいに見えるのは、
こういう悪友を抱えているからだと言わんばかりである。
そのホモから卒業するのが(アメリカでは)大人になるということで、
そのひとつの節目として結婚があるわけだ。
結婚が男にとってなんとなくもの悲しい
雰囲気を漂わせているのは、大人になりたくないという
少年の悲鳴が内に秘められているからなのだろう。
もっとも日本の例を見れば分かるように、
結婚したからって男のホモっ気が抜けるわけじゃない。
だから、結婚式にテッドがついて行かなかった結末は、
私にはちょっと意外だった。
ほぼ予想通りの展開だったのに、そこだけが予想外だった。
うーむ、こういうのを文化差というのだろうか。
セス・マクファーレンが才人なのは、これを男自身の話に留めず
アメリカ社会にまで敷衍させているからだろう。
テッドが勤めているスーパーで昇進していくさまなんて
ほんとに爆笑ものだが、妙にリアリティがある。

分身は女にとってもないわけじゃないが、アンネにとっての日記と
ジョンにとってのテッドではちょっと違うような気もする。
女は基本的にバカをやらないんじゃないか。
女がバカをやるときは、どうしてもまじめにバカをやってしまう。
バカを抱えながらもがいている女の人には あいにく出会ったことがない。
そういう人がいたら、親友になりたいものである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


|

« ごまかしの行方 | トップページ | オリンピックがもたらしてくれるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/58092020

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中の『テッド』:

« ごまかしの行方 | トップページ | オリンピックがもたらしてくれるもの »