« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月12日 (日)

模擬患者という偽装

今年初めてのディペックス定例会議。

利益相反、当事者性など侃侃諤諤の議論の中で
現在語りのデータベース作成作業に入っている
「がん検診」の報告会もテーマに。
タイトルをどうしようか。
私はインタビュアーの鷹田さんが自分の報告のタイトルにつけた
『何のための検診か』を大タイトルとし、副題に
ー大腸がん検診の語りから見えてくるものーとつけたらいいのでは
という意見だが、「何のための」という表現はがん検診に反対しているように
誤解される可能性があると反論が。

確かに巷を賑わしているがん検診の話題は
そっち方向もあるのかもしれないが
一般人の多くは案外何のために検診(健診もだけど)を受けるのか
ちゃんと考えていないものである。
たいていは越えるべき一種のハードルと捉えており、安心のために受ける。
だからそこで異状がなければ無事ハードルをクリヤーできたとホッとし、
異状があったときに慌てふためくというのが実状である。
まあ決まりだから、というのが実感だろう。

つまり検診の問題とは、何のために実施するのかを受ける側も実施する側も
意識しないまま習慣化してしまっているところにあるので、
それこそが芦田宏直先生が『努力する人間になってはいけない』で
指摘しているところの機能主義なのだけれど、
そのことはおそらく今回の語りの中にも出てきているはずなのだ。
だから運営委員の中村さんも指摘していたように、
「検診」というテーマは私たちの死生観を確認し、
捉えなおすところへつながっていく可能性があるのだ。
それをタイトルで表現できれば訴求力も増すということなのだけど
ただし、受け手はこのこと、つまり自分はどう生きるのか、とか
どう死ぬのかなんてことはふだんは意識していないから
これが不発で終わる可能性は大いにある。

そんなことを熱く議論していたら休憩時間に理科大薬学部教授の後藤さんから
OSCE(http://ja.wikipedia.org/wiki/OSCE)の会議に
参加できないかという打診が来た。
あいにくその日は小児救急のサポート委員会があり
だからチャリティボーリングも不参加なのだけど
面白そうな会議なので、次回はぜひお誘いくださるようお願いする。
薬剤師さんも模擬患者を使ったりして対応訓練をしているのだとか。
じゃないとネット販売に負けて職場を失いかねないということらしい。

うーむ、模擬患者かあ。

患者(相談者)を装って各相談機関に電話をかけた評価結果を
「小児保健研究」に投稿したのは1995年だった。
その後模擬患者を使ったコミュニケーション訓練プログラムが
医療者の対応訓練に導入され、
今では薬剤師もそれを使って研修をしているらしい。
実は#8000の研修にも模擬患者を使ったプログラムが導入されているが
これで電話相談ができるようになると考えているとしたら大きな誤解である。
このことは委員会でもいずれ指摘しようと思っているが、
臨床対話訓練というのは相手の切実さをどのくらい確実に捉えるかという訓練である。
だからどんな疑似プログラムも実際の臨床現場に勝るものはない。
切実さは100%は言語化できないし1回性の固有のものだからである。
だから電話相談であれば声のニュアンスや
やりとりの中でかもし出される雰囲気を感じとれるか、
対面なら、表情や態度と言語表現を総合してどう捉えられるか、という話になる。
ここで問われているのは相手を感じとる自分の感性なのだ。

模擬患者の最大の問題は、患者の側にこの切実さが希薄なことである。
もちろん過去の自分のリアルな経験をネタに切実さを再演することはできる。
しかし、ほとんどの場合は架空の想定を、もっともらしく辻褄が合うように構成しなおし
それをシナリオにして患者を演じているはずである。
それでも演じるのがプロの役者であれば、シナリオが架空でも
それなりの演技で相手の感性を喚起することは可能かもしれない。
しかし同業者である医療者が、一度も体験したこともない
患者という立場を装って演じる模擬患者というのは、ほとんど遊びに近い。

機能主義者がどこか物事をなめているように見えるのは
こういうことなんだろうと思う。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »