« 2つの『日本のいちばん長い日』 | トップページ | 『メディアとしての医療』 »

2015年9月 4日 (金)

オリジナリティ?

佐野研二郎さん制作の五輪エンブレムが白紙撤回された。

ツイッター上では、似ているかどうかで判断されたら
自分ではとても検索しきれないから明日は我が身
というような心配をしているようなアーティスト
(歌手、画家、文筆家etc)も多い。


今朝は茂木健一郎さんも「オリジナリティ」について
http://togetter.com/li/869249
ツイートしていた。

オリジナリティというのは「驚き」を
もたらす前代未聞に満ちたものだという意見に異論はない。

でも私はもう少し違った風にも考えている。
まとまっていないかもしれないけれど書いてみよう。
ブログはこういうときに役立つね。

私の好きな映画で『ファム・ファタール』というのがある。
監督はブライアン・デ・パルマ
音楽は坂本龍一

デ・パルマの映画に出てくる女優は官能的で怪しく
女から見ても惚れ惚れするが、ここでもそう。
アントニオ・バンデラスの柄の悪いセクシーさと
妙な一途さと絡まって、より展開を複雑にしている。

坂本龍一の音楽は明らかにラベルのボレロを
下敷きにしており、おそらく監督からそのような
指示があったのだろうと推測させる。

佐野さん風にいえば「パクリ」の指示である。

ではこの音楽にオリジナリティがないか
といえば、私は充分にオリジナリティがあると思う。
デ・パルマと坂本龍一が自分にとっての
好み(ひいき目)であることを差し引いてもだ。
ボレロの単調なリズムが展開の複雑さを
下支えしてこの映画を味わい深くしている。

映画は総合芸術だから音楽は一要素にすぎない
という意見もあるかもしれない。
しかしそれでいえば、エンブレムだって
オリンピックの一要素でしかない。
エンブレムという要素は2020年のオリンピックの
何かを表現する一要素だろう。

佐野さんが白紙撤回せざるを得なかったのは
パクリ疑惑(似ている)からというより
オリンピックの何を表現しているのか
伝える力に乏しい作品だからではないだろうか。
そのことが不明朗な選考過程もあって露呈してしまったのだ。
もちろんこれはどういうオリンピックにしたいか
という主催者の問題意識と意図が明確ではなかった
ことに原因があるけれど、アーティストなら
そこをとことん詰めるべきだっただろう。
その結果パクリであっても納得ができるものを生み出せれば
誰も異論はなかったと思われる。
パクリは敬意の一種でもあるからだ。

表現というのはどんな時代、どんな場に自分が
いるかということの発信行為であり
芸術というのはそれを見せてくれるものだ。

問題はパクリ疑惑なのではなく
アートディレクターとしての力量が
問われたということだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

|

« 2つの『日本のいちばん長い日』 | トップページ | 『メディアとしての医療』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159267/62214299

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナリティ?:

« 2つの『日本のいちばん長い日』 | トップページ | 『メディアとしての医療』 »