2013年5月28日 (火)

顔が見えない

経済が繁栄しても心が豊かじゃなければ幸せになれない
と大合唱していたのは、ついこの間ような気がするが、
あれはどこへ行ってしまったのだろう。
某大阪市長はひたすら墓穴を掘りつづけたいみたいだし、
ほんとうによく分からない毎日が続いている。

以前にアカウントだけ取っておいたツイッターを
遅ればせながら始めることにした。
そんなに言うことがあるとも思えないのでずっとほおっておいたのだが、
サッカーではマンCのユニフォームの色が一番好き、とか
ときどきたわいもないつぶやきシローになりたくなることは確かにある。
でも考えていることを書いて自分を表現するだけなら、
ブログのほかに小児科医のMLもあるし
Medi-waとかMJLなどのSNSもある。
こういう媒体にはない何がツイッターにあるのだろう。
それが知りたいというのが動機といえば動機だ。

何人かをフォローし始めて感じるのは
ツイッターと雑誌はどこが違うのだろうということだ。
ツイッターは基本的に「私はここにいます」的な媒体で
だから奥ゆかしい自分(笑)には向いていない気がするのだろうが
発信する側から考えればそういう媒体の特性はどれも同じともいえる。
新聞や雑誌(TVも)だって一生懸命「私はここ」を主張していて
むしろそれ以外はなさそうなところが気になるくらいだ。
S新聞とA新聞では180度(90度?)違うように見えるが
何を報道しないかという点ではあまり違わなかったりする。
だから受け取る側から見るとどれも同じような「私」に見える。

その点ツイッターはただのつぶやきなのに、
やたらにタイムリーで中身の濃い記事があったりするのだ。
これでは新聞や雑誌が売れなくなるのも無理ないなと思ったりもする。
そもそもタダだしー。
ネットのマガジンにも有料のはあるが、そこにお金を払うかどうかは
自分の無知を補ってくれる内容かどうか、
たまに興味のない記事が混ざっていたとしても、
秤にかけてみてブラスが多いと思えるかどうかにかかっている。
希少価値があるかどうかは重要だ。
タックスヘイブンはイギリスが考案したシステムだなんて
新聞は絶対書かないだろう。
そういう意味では情報もブランド品に似たところがあるが
ブランドのような幻想ではなく、もうちょっと実質的だ。

そんなときに飛び込んできたブラピの「相貌失認かも」ニュース。
相貌失認をテーマにした『フェイシズ』という映画は、
先日WOWOWで放映されたが、もっと面白くなるはずのテーマの割には
意外と凡庸なつくりで、ウィキによれば劇場にはかからなかったそうである。
主演女優(ミラ・ジョヴォヴィッチ)はよかっただけに残念だった。

「顔が見えない」というのは、いっときアイデンティティが不明確であることの
言い換えとして使われていたが、そもそもアイデンティティという概念自体が
揺らぎつつあるのが現代だろう。
ブラピは時代を先取りしているのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

「自炊」の決心

クライアントの情報の更新、蓄積が半端じゃなく多くなってきて
紙データでは検索も保存もままならなくなってきたので
デジタルデータで活用するためにiPADの購入を検討することにした。

理想的にはモバイルオフィスの実現なのだが、
あいにくよくいく山(蓼科)ではwifi電波を拾えず
インターネットへの接続はままならないので
電話だけで仕事をすることにし(さいわいiPhoneはつながる)
iPADはデータ保管庫として使うことにする。
選択の条件になったのは、軽くて簡便で便利(そう)なこと。
情報の移転が楽そうに見えるのも、ちょっと魅力的である。
情報の更新がネット上でおこなえて、
数か所で同時に更新できれば、
更新はwifi電波が飛んでいる自宅でクラウド上でおこない、
iPADに落として、それを移動先で使おうと言う魂胆である。
ほんとはどこでもクラウドから引き出せて使えるといいのだが
3Gでは料金がかかりすぎるみたいなのでやらないことにする。

買うまで(試していない今もだけど)よく分からなかったのが
保存しておきたい情報というのは、どこに置いたらいいのかということ。
スキャンした紙データはどういう形で取り込むのだろうか。
Windowsだと、プリンタとつなげて
ディスクのDとかHとかにファイルを作成して
名前をつけて、そこに保存しておけばいいのだが
iPADではどうもそういうやり方しはないようなのだ。
ショップで聞いても「iBookに保存すればよい」などと言われるが
本じゃないのにiBook?にと思ってしまう。
階層化しない情報管理ということに慣れないとダメなのかな。
原始人にはWindowsも異文化だったが、これもまた違う文化だ。

機器を購入して手間取ったのがwifi接続。
wifi電波が飛んでいるまでは分かったが、
暗号化キーというのが分からない。
これで悩む人が結構いるらしくて、
さすがインターネット上には親切な解説が出ている。
解説の通りにいろいろやってみて、
暗号化キーを見つけるところまではできた。
でも4列もあるのは何でなんだろう。
うーん。どれを選べばいいのだろうか。
それとも4列全部を使うのか?
分からないことだらけである。
悪戦苦闘してみるが、結局つながらず
息子が帰ってくるまで待つことに。
翌朝、山へ行く前に息子を起こして、
やっと暗号化キーにも強弱があるらしいこと、
一番強いのを見つけて使えばいいのだと分かる。
暗号化を見える化する方法もあるのだ!
全く知らないことだらけである。
やっと接続が完了し、やれやれである。

これから、みんなが「自炊」と称していた作業に
とりかかることになるのだろうが、文字データだけでなく
もし音声データも保存できるということになると、
また何かが変わっていきそうだ。
文字データと音声データとの相互乗り入れ
なんていうのも可能になるのだろうか。
そうしたら逐語録の作成に苦労しなくて済むのだけど。

最近は記憶もとみに怪しくなってきて、
固有名詞がすぐに出てこないことも多くて愕然とすることばかりだ。
自分の頭じゃないところに情報が保存できて
活用ができるようになれば、頭の老化も乗り越えられたりして(笑)?

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

匿名と非匿名のあいだ

最近になって、グーグルクロームの画面に
「クロームにログインしていません」という
メッセージが出るようになった。
クロームを使っているのに
クロームにログインしていない、
というのがよく分からないが
よく分からないので反応しないことにする。
データ収集のための戦略なのだろうが
グーグルもいろいろ考えているようである。

データ収集で面白いと思うのはアマゾンだ。
本だけでなくDVDや食品、衣料雑貨なども
購入しているから、いろいろな案内が来る。
利用し始めの頃は、お勧めの本の提案
という斬新さに仰天したものだが、
最近はあまり最新のデータ、という感じはしなくなった。
ひとつには、一時期息子の買い物を私が
代行していたこともあり、あまりにデータが雑多で
絞り込みができなくなったからなんじゃないかと思う。
絞り込みができなくて困惑し、それでも律儀に
メッセージを出しているコンピュータを想像すると妙におかしい。
もうひとつは、私にかぎらず、人間自体が複雑系で
秩序と無秩序の境界にいるからだろうけど
買う、買わないにかかわらず、情報収集のために
アマゾンを覗く、という閲覧情報は、どういう風に
分析されているのだろうかと考えると興味深い。

アマゾンのブックレビューにしても、
当初は役に立つと思ったものだが
レビューに従って購入してもピンとこなかった例を
いくつか経験するうちに、だんだん参考程度にしか読まなくなった。
当たり前のことだが、他人と自分は違うのに
どうしても、みんなと同じはず、同じでありたい
という方向に引っ張られてしまうのである。
レビューを読むことで、そういう自分がいる
ということが自覚できたのは収穫だったけど。

「ためらいのリアル医療倫理」は、著者の岩田健太郎さんが
自分のブログでアマゾンのブックレビューへの反論を
書いていたのを読み、ブックレビューを読みに行って、
ブックカフェで試し読みした結果買いになった本である。

患者に対する医療者の距離感は
みんながみんな同じではないというような、
当たり前の、でも誰もなかなか公に口にしないことが
内田樹風の口調で書かれている。
(あまりに内田風なのもどうかと思うけど)
だから、みんな機会があれば
お医者様と仲良しになりたがるのだろう。

天皇陛下の心臓バイパス手術の報道を見ても
それが当たり前なことがよく分かる。
医師団にとって、この手術だけは、

絶対

に失敗できないものだったはずである。
情報が完全にオープンになっている、
ということもあるが、なにしろ患者が患者である。

もし失敗したら、どのように事態を収集することに
なっただろう、とシミュレーションしておくことは
医療事故対策として案外役に立つんじゃないか
なんて考えたりする。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

オープン・アーカイブ

SNSの日記に、#8000の報告書が届いた、と書いたら
そういうのはネットで公開すればいいのにね、という書き込みがあった。
そうだよね。こっちは手弁当でやっている活動なのだから、
その成果はだれにでも見られるようにしてほしいものだ。

小児科医のMLで、
電子書籍の普及で本屋さんはどうなるのか、
という記事が話題になっていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/feature/post_2001

街の本屋さんが生き残り策として絶版本の印刷を請け負う
という話には、ちょっとした感動を覚える。
誰もやらないことをやってこそ価値があるというものだろう。
しかし、そのためには絶版本がデータとして電子化されている
必要があるわけで、問題はこっちの方かもしれない。
古本屋さんたちは、どの程度電子化に積極的なのだろう。
モノとしての形をなしているからこそ、
希少価値が生まれるということもあるわけだし、
データだけあれば済むってことになってくると、
価値意識もずいぶん変化を求められそうだ。

一方こんなのもある。
「電子書籍が紙に負ける5つのポイント」
http://wired.jp/wv/2011/06/06/

・読了へのプレッシャーがない

というのはたしかに説得力がある。
形になった本だと、読了未満というのは一目瞭然で
そこが、かなりのプレッシャーではある。
中断している本が、あたりに散乱している様子は、
なんだか自分の根気のなさを証明しているみたいで
自己嫌悪に陥ることこの上ない。
もっとも、最近では「本なんて最後まで読もうと思わなくていい」
という風にプレッシャーを軽減してくれる意見もあり
「そうだ。自分にとって意味があると思えるところだけ読めばいいんだ」
という風にも思えるようになってきたから
これは電子書籍の勝ちポイントでもあるかもしれない。
ただ、

・余白への書き込みができない

というのは、案外大きいかもしれない。
付箋を貼れない、というのも大きいだろう。
どこに貼ったか一目瞭然、というのが本のいいところでもある。

本が並んだ本棚を眺めて楽しむ、ということができないのも
電子書籍のウイークポイントかもしれない。
自分の出来上がり具合を証明する手がかりというのは、
自分で確認できてこそ意味があるってことだろうか。
そうやって強化していないと確信が持てないとしたら
「自分」ってなんて儚いものだろう。

でも、公共図書館の本を電子書籍で借りられるようになったら
これはいいかも!という気もする。
もちろん端末は自前だが。
そうなると、予約本の順番を待たなくて済むようになるのだろうか。
今は電子書籍もお金を出して購入するようになっているが
簡単にコピーできるデジタルデータに高いお金を払わせる
というのは、なんとなく違うんじゃないかという感じはしている。
どんなに重い本でも、どんなに多数の本でも持ち歩けるし、
老眼でも暗いところでも気にせずに読める、というのが
電子書籍のメリットとされているけど、案外本当のメリットは
レンタル性というか頒布性とか公開性ってところにあるんじゃないだろうか。

目下のところ電子書籍については
どうやってお金を払わせるか、ってところでせめぎあいになって「いる
みたいだが、誰でもどこからでもアクセスできるという特性を考えれば
たぶん従来の取引概念とは全く違うものが生まれてこないと
変なんじゃないかという感じはする。
そういう意味では電子化はパンドラの箱なのかもしれない。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

漏洩

日曜日は同年代の仲間11人で
「ブラウォーククラブ東京(略してBC東京)」と称した街歩きに挑戦。
FC東京のサポーターになった記念に、次の企画のために命名したのだが
本家のチームの方は来期J2に降格することになってしまって
ちょっと残念ではある。

正午に赤坂の日枝神社を待ち合わせスタート地点とし、
まずは主要メンバーの卒業高である日比谷高校に侵入。
裏門から入り、エイリアンでも見るような在校生の目を尻目に
構内を横切って、ちこく坂と呼ばれる坂の上の正門から出る。
その後は赤坂の裏通りの坂の多さを実体験し、
乃木神社へ立ち寄ったあとは、乃木坂を上って六本木のミッドタウンへ。
その外周を回るようにして新国立美術館からヒルズへたどり着く。
そこから麻布十番へというルートで、さすがに少し足が疲れてくる。
でも、最終地として予約した西麻布のポルトガル料理店
『ヴィラ・マダレナ』が開くまで、まだ1時間くらいあるのだ。
見慣れた麻布高校(人間学アカデミーは、以前はここでおこなわれていた)の
前を通り抜け、中国大使館の前を通る頃は、辺りはすでに暗い。
ようやく西麻布の交差点に着いたので、
せっかくだから海老蔵事件で騒がれた例のビルも見に行く。
6階も11階も看板が出ていない、というところに
何やら胡散臭い事件の背景を感じる。
お忍び、とはこういうことを言うのだと実感。

開店10分前くらいだったが、店に入れてもらいやっと一息ついた。
休憩を1回含むとはいえ、8キロというのは結構な距離である。
大島駅伝での10キロウォーキングより疲れた感じがするのは
歩くことだけに専念しているわけではなく、
あちこちを見ながらペースを合わせてゆっくり歩いているからだろう。
でも、足で見る街は、なかなか面白かった。
ドッグホテルでは初めて見る犬種に出会い、
トラックが突っ込んだので、しばらく休業というレストランの
ベニヤの塀に、事故の大きさを感じ、
「紫芳庵」という料亭風の門構えの家に驚嘆し
楷書の元はカイという樹だと知ったりと、
ふだんは目に留めないような物にたくさん出合った。
こんな歩き方は決して一人ではできないし、
いろいろなメンバーがいてこそ、さまざまな感性が働いて
それが刺激し合って、また新しい感性が生まれる。

ウイキリークスが機密情報を漏洩する背景には
もちろん民主主義の高まりがあるのだろうが
こういう新しい感性への渇望というのも、
きっとあるに違いないし、表も裏も無化してしまいたい、
という透明化への志向というのもあるのだろう。

たとえばひところ騒がれた電車の中での化粧。
あれが物議をかもしたのは、本来隠れてするべきことが
人前でなされることへの抵抗だったのだろうと思う。
しかし化粧は今やこっそりするものではなく、
本を読んだりメールを打ったりするのと変わらなくなっている。
先日電車に乗り込んできたカップルの女性は、
相手の男の子に支えてもらいながらアイシャドウを塗り、
睫毛のカールに余念がなかった。
どうやら相手の男の子は、可愛くなった化粧の結果より
可愛くなる化粧のプロセスも含めて楽しんでいるようなのである。

化粧は表をつくる裏ワザなのではなく、
今や表と裏をつなぐ裏道みたいなもので
それをわれわれは街歩きと称して体験したと思えば
世代間格差も何もないということである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

縁は異なもの

バレエのレッスン中に痛めた足の筋肉が、ようやく少しずつ回復してきた。
専属のトレーナー(かかりつけの鍼灸院の先生)によると
「筋肉は修復に時間がかかる」ということで、
私の足も野球選手かサッカー選手並みである。

来月に芸術祭を控えた今回のバレエの演目は、
私以外の人たちは前に舞台で踊った経験がある。
私だけが初めてということになり、プレッシャーが大きい。
振り付けを覚えようと、以前の舞台のビデオを見て練習するが
左右を転換しなくてはならず、これはなかなか難しいと分かる。
群舞なので、他の人と振りや音を合わせなくてはならない。
ビデオカメラに撮った映像を見せてくれた仲間がいて
そうだ、i-phoneのビデオアプリを活用すればいいのだと気づいた。
さっそくテレビ画面でビデオを再生し、i-phoneを画面の前に掲げて録画する。
甚だアナログなやり方だが、音と映像さえ撮れれば、これで充分である。
なかなか優れものの携帯である。

i-phoneに買い換えたのは、以前のnokiaが古くなって
電池の持ちも悪くなってきたからだが、一番の動機は
録音機能がついた携帯電話が欲しかったからだ。
私以外の我が家のメンバーは、みんな早い時期にi-podを買ったのだが
その時点では、あんまり買おうという気にならなかった。
ウオークマンの時ほど音楽を聞かなくなったということもあるが、
映像を携帯する、ということにさほど食指が動かなかったこともある。
でも最大の理由は、それらの機能は通信通話機能も含めて、
いずれ統合される(そうなって欲しい)と考えていたからでもある。
そうして予想通りの展開になった。
理想的には電話とパソコン機能が一体化してくれれば、
それがベストだが、それには画面がちょっと小さすぎるのが難だ。

と思っていたらi-padが出た。
当初は5000冊も本を持って歩く必要なんか!と考えていたが、
自分で字を大きくできる、とかマルチメディア化(音や映像と活字を一体化)
した本が読めると考えると、これもなかなか先行きが楽しみである。
すでに通信機能はついているから、
あとはPCのオフィス用アプリケーションが使えるようになれば、
これは文句なしに買いである。持ちやすそうだし。

そのi-padで面白いと思ったのは
ソーシャル・リーディングという可能性だ。
同じ本を読んでいる人同士で、通信機能を使い
同じ文章などを選んで本の感想を言い合うことができるらしい。
遠隔読書会である。

なるほどねー。

インターネットで見知らぬ人同士が結びつくようになったおかげで
ますます会ったこともない人同士が交流する機会が多くなる。
地縁や血縁とは異なる縁が、どんどん増えて行くのだろう。
これが人をどんな風に変えていくのか、これも楽しみである。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)