2015年3月24日 (火)

『アメリカン・スナイパー』のサイコパス・インサイド

「サイコパス・インサイド」は2つの点で
衝撃的、かつ興奮を掻き立てられる面白さ満載の本だ。

ひとつは「サイコパス」とは何かが理解できるという意味で。

もうひとつは、そのことが量的、統計的な分析からではなく
個別の、いわば質的な深層分析によって明らかになる点で。

著者のジェームズ・ファロンは成功した神経科学者で
幸せな家族にも恵まれている。
その彼が、「サイコパス」という反社会的なヒトの脳を分析していく中で
彼自身の脳画像が「サイコパス」そのものであることを知っていく。
その過程はまるで推理小説のようにミステリアスである。

「サイコパス」は精神医学的には診断名として確立しているわけではなく、
「精神疾患の診断・統計マニュアル」(DMS)の中の
反社会性パーソナリティ障害、すなわち

「15歳以降に起こる他人の諸権利の無視ないし侵害の広範なパターンで
以下の7つの基準

①社会的規範への不適合
②無責任さ
③人をだます
④他人の幸福への無関心
⑤無鉄砲・無頓着
⑥計画がたてられない
⑦易怒性、攻撃性

のうち3基準(以上)を満たしている」

の一種とされ、医師や研究者はそれぞれ異なった定義を持っていて
いまだ決着がついていないのが問題なのだと著者は言う。

私たちは「サイコパス」という呼び名に、何か自分たちにはない異質で
極悪なものを感じて自分には関係ないと敬遠しがちだが、
彼らの脳が脳画像的にはいくらか特徴的だったとしても、
それらの持ち主が反社会的になるかどうかは、
彼らがどんな環境を生きてきたかによる、という、
ある意味当たり前の事実が、著者の分析、自己省察を通じて明らかにされていく。
「サイコパス」的要素は、人類が生き延びるために役立ってさえきたのだ!

イーストウッド監督の『アメリカン・スナイパー』は
好戦、厭戦両方の評価を受けて大評判でとか。
たしかにどちらにも取られそうな作りではある。
私は自分が厭戦的だと自覚しているから、この映画もその観点から解釈したが
それにしては主人公のクリスの壊れ方はいかにも中途半端だと感じた。
確かに戦場から戻った彼は何か制御できない力と闘ってはいるのだが
戦闘自体をある意味プラスに評価しているようでもあり、
戦闘が原因で彼が壊れた(ほとんどの若者がそうだったにも関わらず)
と結論づけるには、やや無理があるように思われた。
イーストウッド監督にしては矛先が鈍くない?というのが
鑑賞後の率直な感想だったが、84歳の彼が失敗した、とは思えなかった。
彼が伝えたかったことを、こちらはまだちゃんと受け取れていないのだと思った。

巷の映画評はどうだろうかと、あるブログを覗いてみたら、
主人公のクリスが自著(原作)の中で

「イラク人は野蛮であり、標的になった者は悪であり、
罪悪感や自責の念を感じず、反乱分子を殺すのは面白くて射殺を楽しんだ。
唯一残念に思うのは、もっと殺せなかったことだ」(要約)
というようなことを書いていると分かった。

イーストウッド監督は戦争という人殺し行動によって、
ヒトが壊れること(実際クリスはそうした人物に殺される)と同時に
ちゃんとは壊れないヒトもいること、
そしてそういうヒトも我々の一員であることを
描きたかったのではないか、と考えたときに、
あの中途半端な居心地の悪さは一挙に氷解した。
クリスは壊れたのではなく、自分を支えてきたものとの葛藤
に決着をつけようとして、果たせなかったということだろう。

クリスは父親の教えを忠実に守って優秀な狙撃手になった。
しかし教えを守るには、それなりの素質も必要だ。
アメリカという国はきっとこれまで、サイコパス的要素を
プラスに評価してきたのだろう。
だからこそクリスのような人物も出現したのだ。

イーストウッド監督は、そのことを淡々と描いたのだ。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

キャパを超えてる

夏頃から妙に体力も知力も衰えてきた感じがしている。

もともと知力はそんなに強靭な方ではなかったが
体力もそんなに強靭ではないと感じ始めたのは
夏が暑すぎたからかもしれない。
そこに芸術祭の練習も加わって、妙に疲れやすく
夏の後半から秋にかけては微熱も続いたりして
いよいよ自分も終わりに向かっているという感じが強くなった。
女性は7の倍数の年に体が変化する、というCMが妙にリアルだ。

知力の衰えは集中力の衰えに顕著に出る。
#8000の研究班での仕事を論文にまとめようと決心したのが
8月ごろだったが、これがなかなかまとまらない。
骨子はできているので、あとは考察をまとめるだけなのだが
自分でも何が言いたいのかだんだん分からなくなってくる。
熱が出たのはそのせいかもしれない。

集中力がないとメールを読むのもおっくうだし
読んでいても内容を取り違えたり、正確に理解できなかったりする。
年のせいでせっかちになっていることもありそうだが
まとまった文章を読むのが面倒なのだ。
年を取っるとテレビが好きになるのはそのせいかもしれない。
目からより耳から入る情報の方が処理しやすいってことなのだろう。
人間に最後まで残る感覚は聴力だと言う説には納得がいく。

こういう状況をなんとか打破したいと
サプリメントに走る心境も分かるような気がする。
改善意欲だけは旺盛ということなのだろう。

こういうときは自分から打開策を講じるしかないかも、と
小児保健協会の委員会の先生と厚労省での
ミーティングに参加することにする。
めまい症があるから外へ出るのもこわごわなのだが
久しぶりのハイヒールに足元がおぼつかないことを除けば
まあまあ無事に終了。
厚労省の担当者はお医者様だそうだが優秀で打てば響く感じだ。

これで少し元気が出て論文にも取りかかる
エネルギーが湧き、なんとか完成。
あとはこれを共著者の先生方に送って
チェックしていただき学会誌に投稿すれば終わりである。
2年越しの論文は無事掲載に至るだろうか。
こんなことは、そうそう続かないというのが本音ではあるが。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)