2012年7月17日 (火)

新しい風は吹いたか

15、16日と小倉の北九州国際会議場で
第一回「小児診療多職種研究会」
~新しい風にのってみませんか?~のスタートアップがあり、
オープニングの日に演題を出すようにを要請されていたので出向いた。
会を立ち上げたのは、倉重弘先生という北九州で開業していらっしゃる
ひとりの小児科開業医で、#8000の研究班でご一緒していたときには
雰囲気からして、そんなにエネルギッシュな感じは受けなかったのに、
あるときから急に研究班に来られなくなったと思ったら、
作業療法協会、臨床心理士会、言語聴覚士会、薬剤師会、
そして小児科医会などの後援を取り付けて、
今回の開会までこぎつけられたのである。

研究会とはいっても、ほとんど学会のような規模の会が、
こんな風に始まるというのも私にとっては目新しかったが、
参加してみると、運営もよく行き届いていて統制されており、
その実行力にも驚いてしまった。

私の演題は
休日・夜間小児電話相談事業『最強の味方を育てるフィードバックシステム』
というもので、

診療と電話相談では担当領域が異なっており、それは
患者(保護者)にとってはアウェイとホームというほどの違いがあり
ホームのニーズはアウェイのニーズと異なること、
医療者が「一般論としての病気の専門家」だとすると
保護者は「自分についての専門家」であり、
医療は両者の協同が必要なこと、
そういう「自分についての専門家」の声を、
どう診療や育児支援に生かしたらいいのか
ということを、相談事例を例に挙げて論じた。

自分にとってはこういう内容は、ごくごく基本的なことで
新しい風でもなんでもないという気もするが、
ひょっとすると、新しいと感じてくれる人もいるかもしれないし、
人によっては新しすぎてついていけない、かもしれない。
でも、話したいことをまとめる過程で、どうやって電話相談を理解してもらうか、
と考えることができたのは成果だった。

#8000の研究班でも、
今年の4月から委員になった
小児救急の社会的サポートを考える委員会でも、
私の仕事は、まだまだ異分子扱いだが、
異分子の孤独というのも慣れてしまえば、まあ快適である。
いかにも厳しい環境で自分が鍛えられている、という感じがする。
こういうのがなければ人間伸びて行かないのだろう、きっと。

今回の会での演題を聞いていると
それぞれの専門領域からの発表は、それぞれの文化を背負っていて
それが私の分野に近い感じがするものもある。

かと思えば

昔は問題にされなかったようなことが
医学(専門知識の増加)や科学(技術)の進歩などで
問題と捉えられて、それが吟味された結果、問題ではなくなる、
というような迂回路を辿った形跡もあり、
歴史が変わるということは必ずしも効率的になるとは限らず
じゃあ、これで賢くなったのかと言われれば、
そうともいえない感じもあり、なんだか妙な感じではある。

演題の内容に虐待関連が多かったのは、
小児科領域で、今もっとも注目されている分野だからかもしれないが
医師の視点は、虐待事例を明らかにすることには長けていても
虐待を防止するということになると、「親の資質の変化」を嘆いてみせる
というところに留まっている感じがして、
因果論から抜け出して、中身のある連携へ至るまでには
まだ相当の時間がかかりそうな気もする。
そもそも連携というのは、主従関係のない横のつながりのはずだから
一番慣れるのが難しいのは医師だろうし、
病院と開業医とでは、また事情がいろいろ違うだろう。
これからどういう風に発展していくのか、楽しみではある。

飛行機の時間が迫っていたので、2日目は昼まで聞いて帰路に着いたが
昼からいきなりの豪雨で、カミナリは鳴るわ、飛行機は遅れるわと
ちょっとやきもきさせられたが、小倉のリーガロイヤルは快適だったので
旅としては、まあよかったことにしておこう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

第2回ぶらくらぶ東京

三社祭りの中日、BC東京(ぶらくらぶ東京)と名づけたウォーキングサークルの
仲間たちと浅草から門前仲町までの散策を楽しむ。
しばし浅草寺で神輿を楽しんだ後は、隅田川に沿って南下。
厩橋を渡って旧安田庭園跡、東京都慰霊堂、江戸東京博物館、
回向院、吉良邸跡を見学、芭蕉稲荷公園から一般開放されている方の
清澄庭園で一休みし、深川不動尊、富岡八幡宮で終了である。
赤坂ー麻布ルートのようにはアップダウンがなかったこともあって
距離は前回とほぼ同じだったが、比較的疲労は少ない。

歩いてみると、場所だけでなく知らないことも沢山あることが分かる。

慰霊堂のあった横網公園には、陸軍の被服廠があったが
関東大震災の際に多くの人々が家財道具を持って逃げ込んだために
火事で38000人が焼け死んだと言われる。
この数はサッカー観戦でも結構な多さに入るだろう。
つくづく逃げるときは身一つ、津波のときはてんでんこが肝心と思わされる。

隅田川は大きな川だと思っているが、荒川の方がずっと大きいとか
(実際地図には荒川という名前は見えても、
縮尺によっては隅田川という文字は出てこなかったりする)
江戸の頃はお寺も神社も混在しており、(仏教と神道は分離していなかった)
浅草寺のようにお寺の守り神として浅草神社が境内にあったりする。
三社祭りというのは、浅草寺境内でおこなわれる浅草神社のお祭りなのだ。
こういういい加減というか、無境界な感じというのは実に好み。
自分の中には近代より古代が強く息づいていることが分かる。

江戸時代は川が物流の要だったこともあって、川の流れを変える
治水工事はあちこちでおこなわれていたようで
橋を架けるか架けないか、ということにも戦略があった。
浮世絵に出てくるような太鼓橋は、歩く側からすると
非常に歩きにくい感じがするが、構造的には
この形がもっとも強度が強いそうである。
でもできるだけ渡らせないという思惑もあったのではないだろうか。

今はスマートフォン用の便利なアプリケーションがあって
歩いた跡を地図上に記録して、途中で撮った写真も貼り付けてくれる。
http://www.everytrail.com/view_trip.php?trip_id=1584876
ウォーキングの最中はミクロの次元でしか見えないが
地図上でルートを振り返ると、あのとき渡ったあの橋は、
この方向に架かっていたのか、などと改めて気づいたりする。
そういえば、江戸時代の地図は常に江戸城が上に来るように
描かれていたようだが、地図は北が上、という発想の転換には
相当の葛藤があっただろうということが想像される。

ウォーキングの後は、3時間の飲み放題ののち解散。
翌日まで疲労が残るかと思ったが、そうでもなく
でも腰にやや違和感があったので翌日のレッスンは休むことに。

昔はみんな歩いていたのだから、伊能忠敬とまではいかなくても
年に2回くらいは江戸を感じながら歩きましょうという
リーダーの提案にしたがって、私の目標は
もっといい写真スポットを見つけることにおくことにする。
このアプリ、便利なのはいいのだが、
電池の減りがめちゃ多いのだけが難点なのだ。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

視能訓練士

本を読むのに疲れを感じて集中力が続かなくなってきたので
メガネをチェックしてもらおうと駅前のデパートのTメガネへ。
目のせいで、年のせいとは考えない所に中年世代の
事実誤認の傾向も感じるが、新しいメガネ店を開拓しておきたい
という思惑もある。
メガネをかけるのは老眼になってからだったこともあり、
これまでの2回は銀座のM眼鏡店で作っていたのだけど、
年を取ってきたら近場の方が何かと便利かも、と考えたのだ。

視能訓練士らしい若い女性が、コンピュータで視力チェックし
その後実際の視力を確認してくれる。
点の塊や線の濃さの見え具合などもチェックしてもらって
乱視はそんなにないことが分かり、ちょっとホッとする。
前より2度くらい進んでいるとのこと。
利き目の確認もしてくれて、右目がそうらしいと分かる。
ということは左脳優位ということなのだろうか?

最初はレンズだけ変えればいいかなと思っていたが
いろいろなフレームを見ているうちに、
なんとなくもう1本新しいのがあってもいいかもと、
結局今度はふちありにする。
訓練士が
「古い方は、お台所仕事など、ちょっと距離のあるのに使うといいですよ」
と言って、古い方をメンテナンスしてくれる。
このあたり、サービスというよりメガネという道具を大事にする
という職人気質がビンビンと伝わってくる。
レンズをきれいにし、いつだったか踏んづけたゆがみを直し、
鼻当てを取り換えて、フレームのネジを締めなおしてくれる。
かけてみて鏡を覗きこんだら、あまりの画像の良さに卒倒しそうになった。
たしかに最近は、台所仕事をするのにメガネをかけている方が快適なのだが
メガネをかけて台所仕事をする、というのはどうも自分のイメージに合わなくて
まだ受け入れられずにいる。

ところで視能訓練士という医療資格があると知ったのは
先週末、夫の元同僚夫妻と軽井沢へ出かけた折だった。
元同僚の再婚のお相手が聖路加病院の
眼科に勤務する視能訓練士だったのである。
なるほど、先日飛蚊症のチェックに眼科を受診したときに
さまざまな検査をしてくれたのも、視能訓練士だったのか。

元同僚は10年くらい前に、私も知っていた奥さんを肺がんで亡くしており
お相手も何年か前に眼科医のご主人を肺がんで亡くしていて
同じ境遇の二人が、偶然同じテニスクラブにいたことから
昨年ようやく結ばれた、というのがなりそめとのこと。
彼女の方は、眼科医のご主人を亡くした後、学校へ通って
視能訓練士の資格をとったとの話に彼女の気持ちを感じる。

台風襲来中で天気は雨模様だったが、
三笠会館で昼食を済ませた後4人でセゾン現代美術館へ。
新婚さんのアツアツを横目で見ながら、堤清二さんのセンスを堪能する。
堤清二さんは、私たちの仕事の最初のスポンサーだった。
こういう鮮鋭なセンスがあったからこそ、電話相談という仕事の
新規性、革新性をも見抜くことができたのだろうと納得する。
天気がよかったら、お庭ももっと堪能できただろうとちょっと残念。
でも、また来る機会はあるだろう。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

連休

今年の連休は4月29日から5月2日まで
久々に蓼科のセカンドハウスへ行ってきた。
数日前にも雪が降ったという情報があり、
寒さにちょっと気が重かったが、着いてみたらそうでもなく
ストーブを焚いていれば快適だった。

別荘地の中には新しい山荘もちらほら。

004_convert_20110503154856_3

003_convert_20110503154832_4


おしゃれな車も止まっていたりする。

001_convert_20110503105504_3

なんだか今年は白樺の木肌の色がやけに美しい感じがする。
昨年の暑さが影響しているのだろうか?

今回、夫はベーコンづくりに挑戦するのだと
我が家でピックル液に漬け込んだばら肉を持参。
ほかにチーズとイカなども買い込む。
息子はちょっと前から凝り始めたウオッカベースの
カクテルのために、やれオレンジジュースだ、レモンジュースだ
(ほんとはライムジュースが欲しかったらしいが)とうるさい。

私は山で仕事をするために用意しておいた
ソフトバンクの通信モデムC01LCと、
ワンセグがどのくらい見えるかチェックするために
ソニーの風呂用テレビを持参。
ついでに文庫本を2冊。
ワンセグはNHKも含めて5局くらい映ることが分かる。
しかし、画像はきれいだが途中で突然止まったりもする。
アナログテレビは画像はメチャメチャ悪いが
止まるということはない。
どっちがいいか、ビミョーだ。

着いた翌日さっそく燻煙器を手製する。
といっても段ボールに肉を吊るす棒を2本刺すだけ。
あとは七輪の上の網にアルミホイルを敷きチップと
ザラメを混ぜておいて下から炭で加熱しているところに
かぶせるだけである。
塩漬けしたばら肉は2~3時間 塩抜きし、一晩外で乾かし
イカは現地で下処理して、やはり数時間乾かす。
チーズは肉を吊るす2本の棒の上に網を置き、その上に。

七輪に炭を入れてしばらくすると煙が上がり始める。
よしよし、と思ってしばらくすると煙が出なくなる。
チップが少ないのかと思いきや、案外火の持ちが悪い。
5時間くらい燻蒸するみたいだが、
火もチップも継ぎ足しながらやらないとダメみたいだ。
でもずっとついているいるというのもつまらないので
チップと炭をたっぷりと継ぎ足して
恒例の「ストーブハウス」を覗きに行くことに。

まずは「ストーブハウス」の向かいにある
「イル・ポルト」の遅い昼食を目指すことにする。
http://www.lcv.ne.jp/~ilporto/
いつも混んでいて、なかなか入れないのだが
今回は家族3人で運よく入れた。
それでも30分は待たされたが、なかなかおいしかった。
北欧料理、牧場料理など、お気に入りの店がだんだん増えてくる。
でも楽しみだった「ストーブハウス」の雑貨は、
あいにく原村店に移ってしまい、蓼科店はストーブ専門店になっていて、
これはちょっと誤算だった。

昼食後は新しい温泉を確認して帰路に。
帰ったらベーコンができあがっていた。
ちょっと塩辛いが、とりあえずベーコンになっている。
持参した根菜類と炒め煮にしたら、たいそう美味だった。

それにしても今回の最大の誤算は通信モデムがつながらなかったこと。
家では計画停電の時にちゃんと働いたのに
山では圏外で結局仕事にはまったく役に立たなかった。
管理事務所がインターネット接続サービスをやっていてくれたから
よかったようなものの、これではモバイルオフィスにならない。
なんでもデータ通信は携帯の電波とは
違う電波を使っているからだそうだ。
う~む。なかなか理想的なオフィス環境が実現できないなあ。

孫さ~ん
「どこでも携帯」実現してくださいな。
お願いしますよ~~~

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)