2011年6月29日 (水)

アンフォルメル

午前中しか空き時間がないといったって、
お中元を送るのだけに銀座へ行くのはなんだかもったいない、
と思っていたら、タイミングよく日経の朝刊に記事が出て、
ブリジストン美術館で
-20世紀フランス絵画の挑戦-『アンフォルメルとは何か?』を
やっているのを思い出した。
前から観ようと思っていたのだが、すっかり忘れていたのだ。
そしてこれが久々に充実した展覧会だった。

いつもなら好きな絵だけ集中して見て、
あとはさーっと流してしまうのだけど
この展覧会では、まずどうやって抽象が生まれたかを
マネの『オペラ座の仮装舞踏会』や
モローの『化粧』から解説して見せてくれる。
これがなかなかよかった。
さらに要所要所の絵に解説がついているので、
それを読みながら進んでいくと、自然に
アンフォルメル(不定形芸術)がつかめるようになっている。

グラン・ロベール仏語大辞典によれば、アンフォルメルとは
「再現することを拒否する芸術、あるいは認識でき、
分類できる形態を描写することを拒否する芸術」だそうである。

第二次大戦後、人間の自己表現が問い直されたときに
写実的あるいは造形的な表現に頼らず、自己を画面に
そのまま定着させる表現を試みる抽象絵画が生まれた。
結果としての作品の形状が「不定形」であることから
これがアンフォルメルと呼ばれることになった、ということらしい。

興味深かったのは、アンフォルメル(Informel)は
おそらく英語のinformalと同義と思われることである。
先日読んだインフォーマルケアについての論文では、
インフォーマルケアを非専門家によるケアと説明はしても
「形式ばらない」という風な説明はなかった。
非専門家による、というだけでなく、もっと本質的な部分、
つまり非再現性、とか、形式にとらわれないという部分で
インフォーマルケアを考えた方が、フォーマルケアを
担っている人たちにとってもプラスだし
理解もしやすいんじゃないだろうか、これは今日のヒットだな
などと考えつつ先へ進む。
最近では医療をアートだと言う人もいるが、
アートの本質的なところがどの程度理解されているかは疑問だ。

などと、鑑賞に集中していたら、
「ちょっとすみません」と声をかけられる。
ぎょっとして振り向くと若い女性が立っている。
この間声をかけられたのは、国立近代美術館で
クレー展を観ているときだった。(展示係の若い女性だった)
メモを取りながら歩いていたら、ボールペンは禁じられているので
これを使えと鉛筆を渡されたのだ。
ちょっとムッとしたので、「いえ、もうメモは取りません」と
言おうかと思ったのだが、まだ取るかも、と思い直して受け取った。
なので、一瞬また何か文句が、と身構える。
「香水をつけていらっしゃいますよね」
思わず、え?ひょっとして匂いがきついとか?と引きそうになる。
「はい。(それがなにか?と言えない所が天性の気の弱さだ)」
「あんまりいい匂いだったので、なんていう香水かと思って」

香水は好きでいろいろ持っているが、匂いが気に入っていればいいので
ブランドや品名は、ほとんど気にしたことがない。
今日のはたしかブルガリだが名前はなんだったか・・・。
「たしかブルガリの、こういう四角い薄いブルーの・・です」
自分がつけている匂いは、自分じゃほとんど分からないから
褒められても実感がない。ほとんど「いわれなき」って感じだ。

これですっかり緊張の糸が緩んでしまい、
集中を取り戻すのに時間がかかってしまったが、気を取り直して
ヴォルス、マチウなどに比べるとサム・フランシスはおとなしいなあ
などと思いながらやっと最後まで辿りつく。
最後の部屋にはザオ・ウーキーが結構あって、
そういえば以前ここへ来たのは、ウーキーを観るためだったと思い出す。
ウーキーは観ていると風景が浮かんできて、相変わらず好きである。

なんだかんだで、すっかりおなかが空いてしまったので
「ジョルジェット」で1日30食限定、というサンドイッチをトライ。
中身は8種類、デザートもついてコーヒーのお替りもできるお得なランチだ。
フレスコの模造画が見渡せる中央の席に案内してもらったので
テーブルの上の説明書きを読んでいたら、フレスコ画とは
漆喰が乾かないうちに顔料で絵を描く「新鮮な」という意味の
手法のことだそうで、フレッシュと語源が同じだと書いてあった。

実にアンフォルメルな1日であった。

ERテレフォンクリニックウェブサイト: http://homepage2.nifty.com/er-telclinic

| | コメント (0) | トラックバック (0)